DMP(データマネジメントプラットフォーム)

DMP(データマネジメントプラットフォーム)のサービス

DMP(データマネジメントプラットフォーム)とは

DMP(Data Management Platform(データ マネジメント プラットフォーム))とは、社内外で蓄積された様々な情報データを管理するためのプラットフォームのことです。

DMPを利用するうえで一番大きなメリットはデータを集約・分析・利用できる点にあると言えます。

例えば自社サイト内の顧客の行動情報や顧客の属性データ、実店舗のデータなどを一元管理し、それぞれのデータを紐づけます。

顧客データに顧客の行動情報や、購入履歴のデータを紐づけることで「各ユーザーの購入頻度と最終購入日」のリストが作成できます。
このリストから「そろそろ追加購入しそうなリピーター」を探し出して効果の高い広告を表示させる、といった施策につなげることも可能です。

DMPはプライベートDMPとオープンDMPに分けられます。
自社で保有しているデータ(購買行動やマーケティングデータなど)に社外のデータをつなぎ合わせてデータ管理するプラットフォームをプライベートDMPといいます。

社外の様々なデータ提供企業が保有しているデータ(Webサイト行動履歴やユーザーの属性情報)を管理するプラットフォームをオープンDMPといいます。

上記の例だとプライベートDMPに該当します。
オープンDMPは自社が持っていない顧客の情報を利用するため、新規顧客開拓に活用できます。

また、自社の顧客の他社サイトでの行動履歴を活用することができるので、既存顧客の分析にも利用できます。
汎用的なDMPを目指すとしても、初期の目的を明確にして、目的に応じたDMPの構築をすることが効果の出る活用の近道です。

DMP(データマネジメントプラットフォーム)に関する記事