販売促進のサービス

販売促進とは

販売促進とは、売り手が消費者の購買意欲をかき立てて、買い手に今すぐ「ほしい!」「買いたい!」と思わせ、商品を購入させるために行う活動のことです。
セールスプロモーションと言われたり、販促と略して言われることもあります。

価格による訴求では差別化が難しくなりました。製品もコモディティ化が進んだ領域においては、競合会社と機能や性能による差はほぼなく、利用者のニーズを満たす仕様になっていることが多いです。

差別化の方法として、販売促進によって付加価値を高めて買い手に訴求を行います
一般的には消費者に対するキャンペーンや広告だけを指すことがありますが、ビジネスの上では店頭の販売員育成なども含まれます。

⑴営業・販売を直接支援する業務
 狭義の販売促進では、この領域だけを扱う場合もあります。購買の直接的な動機付けをする活動として、実店舗の場合であれば、販売員が売りやすくするためにキャンペーンやPOP広告、その他の販促媒体を通じて、営業・販売を直接支援します。

⑵広告による市場開拓業務
 商品や店舗自体について、マス媒体を中心に、消費者に認知してもらうとともに、消費者に認知促進・イメージ形成をしてもらい、市場を開拓します。

⑶マーケティング全般を補う業務
 商品開発、価格、流通、プロモーション全般を判断しやすいように、あらゆる調査や分析をもとに、企業側から「売る」という営業・販売の領域以外で、「売れる仕組み」をつくることを補完します。

⑷製品開発、商品企画への提案業務
「どのような製品を開発すると売上に貢献するのか?」「どのような商品企画を立案すると購買につながるのか?」を、⑶の業務を通じて、製品開発、商品企画部門に提案します

販売促進に関する記事