採用サイトはなぜ必要か?目的、企業サイトとの違い、メリット、必要性

2020年5月27日

「採用サイトを持つとどんなメリットがあるの?」という疑問をお持ちでしょうか?自社専用の採用サイトの持っていれば「採用コスト低減」「求職者の応募率と内定承諾率の向上」「ミスマッチ低下」といったメリットがあります。本稿では、そもそも『採用サイト』とは何か、その必要性や当該メリットの理由について解説していきます。自社の採用の強化とコストダウンをしていきたいという事業者の一助となれば幸いです。

採用サイトはなぜ必要か

 

今回は「採用サイトはなぜ必要か?」をテーマに解説していきます。

 

ここでは

  • 採用サイトとは?
  • 採用サイトはなぜ必要か
  • 採用サイトのメリット

という流れで解説していきます。

 

「採用サイトがなぜ必要なのか知りたい」

「コーポレートサイトと分ける意味を知りたい」

「採用サイトにすることにどんなメリットがあるか知りたい」

という疑問を持つ中小規模の事業者の方に役立つ内容となっておりますのでぜひ最後までご覧いただければ幸いです。

 

(PR)以下でご紹介するツールを利用すれば、月額1万円から自社の採用サイトを構築することができるようになります。まずは下記の「資料請求」から詳細のプランをご確認ください。

自社専用の採用サイトを月額1万円から構築・運用できるツールはこちら
トルー

「採用コストを下げたい」「人材会社依存から脱却したい」と思っていませんか?『トルー』を活用すれば「採用コスト」と「作業工数」を大幅に下げることができます。採用活動のデジタル化で非効率で非生産的な採用活動は終わりにできます。

 
採用活動をアップデート!
まずは資料請求

 

※採用サイト関連でこちらもあわせて読まれています。

トルーアイキャッチ画像

「採用コストを下げたい」「でも自社のホームページで求人は取れない」と悩んでませんか?今は人材紹介に頼らずとも低コストで自社の採用ホームページに求人を集められる時代です。本稿では、そんな採用のデジタル化を支援する『トルー』というツールについてご紹介します。本記事が、採用の業務効率化の一助となれば幸いです。

 

採用サイトとは?

採用サイトとは、自社を志望している求職者に向けて自社の情報を発信するサイトです。

企業側は求人を募集するために運営します。

 

企業(コーポレート)サイトとの違い

企業サイトは、取引先や見込み客、株主などあらゆるステークホルダーに向けた情報がメインで構成されています。

 

それに対して採用サイトは、企業が採用活動に力を入れるために構築された独立したサイトで、サイト内のページすべてが求職者に向けたコンテンツで構成されます。

 

採用サイトでは、企業サイトとは異なり、具体的な仕事内容や親しみやすさなど、求職者が実際に働いているイメージを持てるようなコンセプトの内容が望ましいと考えられています。

 

採用サイトはなぜ必要か

ほとんどの会社は採用サイトを作っていない

現状では、ほとんどの会社は採用に特化した採用サイトを作らずに、企業サイト内の採用情報ページのみで求職活動を行っております。

 

採用サイトの必要性

ほとんどの会社が採用だけに特化した採用サイトを作っていない状況で、なぜ採用サイトをわざわざ作る必要があるのでしょうか?

 

答え:成果が出るから

今や、仕事探しの主流の媒体はインターネットです。

求職者は、興味がある企業を見つけるとほぼ確実にネットで検索して企業の詳細な情報を調べようとします。

 

一部、ネット検索で調べない方もいるかもしれませんが、ネットで検索することなく昔ながらの求人媒体だけで求職活動をしている方を採用したいと思われますでしょうか?

 

採用サイトはアピール力につながる

企業を志望する優秀は求職者は、ほぼ確実にインターネットで企業サイトや採用サイトを訪れます。

採用サイトがある会社であれば、求職者目線の情報がたくさん得られ、漠然としたイメージが固まりやすく、印象が良くなって選ばれやすくなります。

 

採用サイトの目的はここにあります。

 

質の高い人材を獲得するためには、自社のホームページのコンテンツを充実させるだけでなく、求める求職者のニーズに合った情報を掲載した採用サイトを制作して、求職者へのアピール力を高める必要があります。

 

採用サイトを制作するメリット

採用サイトを制作するメリットは端的に表すと、次の3つに帰着します。

  • 求職者からの応募率、内定承諾率が上がる
  • ミスマッチの数を減らせる
  • 採用コストを下げることができる

 

メリットが得られる理由

これらのメリットが得られる理由を次で解説していきます。

 

理由①:自社所有の採用サイトであるため、差別化が容易であるから

求人媒体には、フォーマットやデザインが決まっていたり、決められた枠の中でしか情報を掲載ができません。

一般的な求人媒体では差別化が難しいです。

 

自社所有の採用サイトであることで次が可能になります。

 

①-1:自由度が高いデザインで企業を魅力的に見せることができる!

採用サイトの場合は、自社専用ですから、自由なデザイン、自由なメッセージ、自由な伝え方・見せ方ができ、求職者が欲しい情報も好きなだけ掲載することができます。

 

①-2:好きなだけ自社の魅力を伝えることができ、ミスマッチを事前に防げる!

企業は求職者に正しい判断材料を提供でき、求職者は応募すべきかの明確な判断ができるようになります。

 

求職者としても、よりイメージしやすく、よりリアルで濃い情報を受け取ることができるため、「イメージと違った」などというミスマッチを事前に防ぐことができます。

 

理由②:ライバル企業を押し退けて、優秀な求職者に選ばれやすくなるから

そもそも詳しい情報がなかったり、サイト自体が古いデザインだったりすると、求職者は「この会社でいいのだろうか」と不安になります。

 

そのため、優秀な人材を獲得できる可能性を少しでも上げるためには、採用サイトを制作しておいた方がよいと考えます。

なぜなら、優秀な求職者は複数の企業からオファーが出ます。そして、求職者にとってどの企業を選ぶかは僅差であることも多く、その差をクリアし、ほかより良く見せるためにも採用に特化した採用サイトの制作には意義があると考えます。

 

理由③:求人向けの検索エンジンから自動で採用サイトにアクセスを集められるから

採用サイトを構築したら、あらゆる求人向け検索エンジンから自動でアクセスを集めることができます。

 

最近は「Indeed」などの求人向け検索エンジンへのアクセス数が急増しており、採用媒体からの流入よりも大きな流入を見込めるようになりました。

Indeed

採用サイトはこうした求人の検索需要の最終的な受け皿になることができます。

 

理由④:直接応募により採用コストを下げられるから

一般的な求人媒体の手数料は安くはありません。

自社の採用サイトを利用すれば、求人媒体に頼った求人活動から離れることができ、独自に求職者からのアクセスを見込むことができます。

 

一般的な求人媒体から求人を獲得するよりも、自社の採用サイトを立ち上げ、こちらに求人広告を打ってでも求人を獲得する方がはるかに採用コストが安く済みます。

※求人広告はリスティング広告やインディード広告などの検索エンジン内で上位表示させる広告や、バナー広告などです。

 

理由⑤:求人広告での成果を出しやすいから

求人広告といっても、採用サイトだけでなく企業サイト内の採用情報ページにも広告を打つことができます。

 

ですが、企業サイト内の採用情報ページに広告を打ち出すよりも、採用に特化した採用サイトの方に広告を打ち出した方が広告の成果を出しやすいです。

 

なぜなら、求職者は企業サイトや採用サイトを隅々までチェックします。そして、企業サイトの場合は、求職者に必要のない情報もサイト内に含まれており、求職者からの反応率が落ちて広告の効率が悪くなってしまうからです。

 

採用サイトを制作するデメリット

デメリットは、制作・運用に時間とコストがかかることです。

しかしながら、求人媒体に頼るよりはるかに安く済んでしまうためこれをデメリットといえるかは疑問の余地はあります。

 

ほかには、時間とコストをかけてもすぐには効果が得られない場合もあり、軌道に乗るまではPDCAを回しながら中長期的な目線で施策に取り組む必要があります。

 

デメリットまとめ
  • 軌道に乗り、成果が出るまで時間とコストがかかる
  • サイト運営やマーケティングの知識が必要になる

 

成果が出るまでのサポート体制万全!月額1万円~でかんたんに自社サイトでの採用を強化するツールをご検討の方はこちら
トルー

「採用コストを下げたい」「人材会社依存から脱却したい」と思っていませんか?『トルー』を活用すれば「採用コスト」と「作業工数」を大幅に下げることができます。採用活動のデジタル化で非効率で非生産的な採用活動は終わりにできます。

 
 採用活動をアップデート!

まずは資料請求

 

まとめ

今回は「採用サイトはなぜ必要か?」をテーマに解説してきました。

 

現在は、インターネットが普及し、求職者が業界や企業の研究を行う際は、志望する企業のホームページを見るのはあたりまえの時代になりました。

 

採用サイトを制作するメリットは次の3つに帰着します。

  • 求職者からの応募率、内定承諾率が上がる
  • ミスマッチの数を減らせる
  • 採用コストを下げることができる

 

また、優秀な求職者には複数の企業からオファーが出ます。

求職者にとって、どの企業を選ぶかは僅差であることも多く、その差をクリアし、少しでも有利に立つためにも採用に特化した採用サイトの制作には意義があると考えます。

 

採用サイトを作り上げるまでは手間やコストがかかる作業ですが、一度作り上げてしまえば、後はコンテンツを更新していくだけで半永久的に求人を獲得し続けることができます。

 

そして、質の高い採用サイトに育て上げるまでは、時間、労力、コストがかかるものですが、中長期的にみれば他の求人媒体に頼った活動に比べればはるかに費用対効果の高い成果を出すことができるようになります。

 

(PR)以下でご紹介するツールを利用すれば、月額1万円から自社の採用サイトを構築することができるようになります。まずは下記の「資料請求」から詳細のプランをご確認ください。

 

自社専用の採用サイトを月額1万円から構築・運用できるツールはこちら
トルー

「採用コストを下げたい」「人材会社依存から脱却したい」と思っていませんか?『トルー』を活用すれば「採用コスト」と「作業工数」を大幅に下げることができます。採用活動のデジタル化で非効率で非生産的な採用活動は終わりにできます。

 

 

【SNSフォローのお願い】

kyozon.は日常のビジネスをスマートにする情報を平日は毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方はtwitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:
https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:
https://www.facebook.com/kyozon.comix

 

 

記事執筆・編集:中條 優

 

採用サイト関連でこちらもあわせて読まれています。

トルーアイキャッチ画像

「採用コストを下げたい」「でも自社のホームページで求人は取れない」と悩んでませんか?今は人材紹介に頼らずとも低コストで自社の採用ホームページに求人を集められる時代です。本稿では、そんな採用のデジタル化を支援する『トルー』というツールについてご紹介します。本記事が、採用の業務効率化の一助となれば幸いです。

 

関連するサービス

関連する記事

コメント

コメントはこちらから

※投稿したコメントにはニックネームが表示されます。メールアドレスは表示されません
※内容によっては編集部で修正・削除することがあります

*