法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

与信管理ツールを徹底比較!おすすめのシステムの選び方やポイントをご紹介!

投稿日:2023年3月19日 /

更新日:2023年10月20日

与信管理ツールを徹底比較!おすすめのシステムの選び方やポイントをご紹介!
● AI● 与信管理● 会計・財務・経理

与信管理ツールを利用することで、与信情報の収集や分析、評価が効率化でき、より簡単かつ確実に与信管理をできるようになります。本記事では、与信管理ツールの種類や機能、おすすめのツールと選び方を解説します。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

与信管理ツール関連の資料請求はこちら

与信管理ツール関連の資料請求はこちら与信管理ツール関連の資料請求はこちら

目次

閉じる

アラームボックス_ロゴ

 
 
 

【最短数秒!】新規取引先の与信調査に役立つ情報収集サービス

与信調査サービス「アラームボックス」を活用すれば、500万社のデータから取引先の与信情報を最短数秒でわかりやすく取得できます。
担当者からのコメントで与信判断に関するアドバイスを受けることもできるため、新規取引先の調査において有効活用できます。

 

関連資料のご請求はこちら

与信管理ツールとは?

与信管理ツールとは?

与信管理ツールとは、企業が顧客に商品やサービスを提供する際に、その顧客に対する信用度を評価・管理するためのツールのことです。

具体的には、顧客が過去に支払い遅延や不払いをした履歴がある場合、その情報を踏まえて信用度を下げることができます。また、与信管理ツールは、企業が新たな取引先を開拓する際にも、その取引先の信用度を事前にチェックするために利用されます。

与信管理ツールには、信用情報機関が提供するクレジット情報や、企業が自社で蓄積したデータを基に、顧客の信用度を算出するものや、顧客の業界動向や財務状況などの情報をリアルタイムで収集し、分析・評価するものなどがあります。

与信管理ツールの導入によって、企業は与信リスクによる損失を最小限に抑えることができます。また、適切な顧客にはより良いサービスを提供することができるため、顧客満足度の向上にもつながります。

【kyozon編集部おすすめ】500万社の企業データから与信調査「アラームボックスパワーサーチ」

アラームボックス_ロゴ

決算書を読まずに与信情報がわかる

導入をおすすめする企業の例
・新規取引先の与信調査を効率化したい
・与信判断についてアドバイスが欲しい
・低コストでスピーディーに反社チェックを行いたい


アラームボックス株式会社は、与信管理業務をトータルサポートするサービスを提供しています。サービスの中でも、取引企業のリスクを自動で知らせるモニタリングは、定期的な与信調査をする必要がなくなり、与信調査にかかる時間とコストを大幅に削減できると好評です。

また、調査の速さ、情報の新鮮さ、専任スタッフのアドバイスに定評があり、顧客満足度調査でも高い評価を得ています※。

サービス導入時と同じ環境で利用できる30日間の無料トライアルがあります。実際の企業のアラーム情報を見たり使い勝手を試したりして、気になる企業の与信情報を1社調べてみましょう。

※ITreview 反社チェックツール、企業データ部門 顧客満足度4.2/5.0(2023年1月時点)

契約する企業の健全性がすぐに確認できる
契約する企業の健全性がすぐに確認できる
アラームボックスパワーサーチを使用すれば簡単に反社チェック、コンプライアンスチェックが可能となります。対象企業情報を入力すれば、上記のような問題があるかどうかのフィルタリングをすぐに行ってくれます。その精度もかなり信頼できます。
もっと見る
  • 業種:エネルギー / 環境 / リサイクル系
  • 会社名:株式会社サニックス
  • 従業員規模:101〜300人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職:一般社員・職員

効率的に使える
効率的に使える
多くの企業情報を管理するにはとても効率的で使いやすくておすすめです。信用情報は視覚的にわかりやすいですが、調査が必要と思える企業は、5段階でなく細かな評価があればと思います。取り組みは進めたい企業はもうちょっと細かい評価がみられるようになればいいです。
もっと見る
  • 業種:エネルギー / 環境 / リサイクル系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:31〜100人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職:事業部長・工場長クラス

与信管理ツールの特徴

与信管理ツールの特徴

与信管理ツールは、信用度の可視化やリアルタイムな情報収集や信用度の分析など様々な業界に対応可能な特徴を持っています。

これらの特徴によって、企業は与信リスクを最小限に抑え、より効率的かつ正確な取引を行うことができます。与信管理ツールの主な特徴は以下の通りです。

信用度の可視化

与信管理ツールは、企業が顧客に提供した商品やサービスの代金が支払われるかどうかを判断するために、顧客の信用度を可視化することができます。これによって、企業は信用度の高い顧客に対してより良い取引条件を提示したり、信用度の低い顧客には厳しい取引条件を提示することができます。

リアルタイムな情報収集

与信管理ツールは、リアルタイムで顧客の情報を収集することができます。例えば、与信管理ツールは、顧客が支払い遅延を起こしているかどうかをリアルタイムで把握することができ、企業がその情報を元に取引条件を変更することができます。

顧客の信用度の分析

与信管理ツールは、膨大なデータを分析し、顧客の信用度を算出することができます。これによって、企業は顧客の与信リスクを正確に把握することができ、与信リスクによる損失を最小限に抑えることが可能です。

自動的な顧客のクレジットチェック

与信管理ツールは、顧客の信用情報を自動的にチェックすることができます。これによって、手作業によるクレジットチェックに比べて効率的に信用度を判断することができます。

様々な業界に対応可能

与信管理ツールは、様々な業界に対応することができます。例えば、小売業や製造業、サービス業など、あらゆる業界で利用されています。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

与信管理ツール関連の資料請求はこちら

与信管理ツール関連の資料請求はこちら与信管理ツール関連の資料請求はこちら

与信管理ツールおすすめ5選

おすすめの与信管理ツールを6選紹介!


依頼型の与信管理ツールから開発型の与信管理サービスまで幅広くピックアップしました。各システムのコストや機能等については、以下の表の通りです。

サービス名料金プラン連携可否無料トライアル
与信管理ソリューション要問合せCSV / API連携可要問合せ
e-与信ナビ・入会金:33,000円(税込) / 納品月のみ
・システム利用料:22,000円(税込) / 月
要問合せ
SMART要問合せCSV
Neuro Watcher無料
※サービスによって料金が異なる
CSV要問合せ
SCORE LINK要問合せ紙 / PDF / EDINET / TDnet / TKC 会計要問合せ

※価格はそれぞれ一番安いプランを参照

与信管理ソリューション

 内容
提供会社株式会社オービック
料金プラン要問合せ
無料トライアル要問合せ
主な機能

・取引先の財務情報の登録 / 管理
・取引先の財務情報の分析
・外部格付モデルの参照
・与信ランク判定
・精度検証
・与信申請業務
・アラート管理 / 期日管理
・増額 / 臨時枠申請

※詳細は公式URLよりご確認ください

導入実績鉄鋼商社
公式URLhttps://www.obic.co.jp/erp_solution/finance_info/credit_management.html


株式会社オービックは経営に関わるさまざまなシステムを提供していますが、中でも財務・審査部門向けに特化したものが「与信管理ソリューション」です。取引先の財務情報を一元管理し、高度な信用格付モデルを構築することで、企業およびグループ企業全体の与信リスク管理を精緻化します。また、申請書類の電子化により与信申請業務を高速化し、収益性向上や企業価値を最大化してくれるでしょう。

e-与信ナビ

 内容
提供会社リスクモンスター株式会社
料金プラン

【入会金】
33,000円(税込) / 納品月のみ

【システム利用料】
22,000円(税込) / 月

【e-与信ナビ利用料金】
・e-与信ナビ格付情報閲覧料金:1,100円(税込) / 1件当たり
・e-与信ナビ格付情報+企業データ詳細 閲覧料金:1,760円(税込) / 1件当たり

無料トライアル
主な機能

・RM格付
・RM短期傾向
・RM与信限度額
・反社チェックヒートマップ
・法人番号
・企業データ詳細
・注目度
・RM格付変遷
・RM与信コメント
・貴社取引先ポジション
・PDF作成
・RMワンポイントアドバイス

導入実績伊藤忠食品株式会社、インフォコム株式会社、江崎グリコ株式会社、株式会社サイバーエージェントなど多数
公式URLhttps://www.riskmonster.co.jp/


e-与信ナビは、国内最大級約500万社超のデータベースから取引先の検索が可能です。法人会員のうち上場企業およびその関連企業が占める割合は約40%。毎日30社以上の情報機関と連携し、専門家が与信判断に必要な「RM与信限度額」や「目標利益率」などのデータをわかりやすくスピーディーに提供します。自社に専門部署や専任者を配置しなくても、リスクに応じた対応策が素早く取れるでしょう。

SMART

 内容
提供会社三井物産クレジットコンサルティング株式会社
料金プラン要問合せ
無料トライアル
主な機能・与信判断
・企業調査レポート、財務情報
・取引情報管理
・与信 / 債権管理体制構築
・取引先分析、など
※詳細は公式URLからご確認ください
導入実績株式会社イチケン、エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社、JSR株式会社、住友化学株式会社など多数
公式URLhttps://www.mitsui-credit.com/service/smart


SMARTは、三井物産クレジットコンサルティング株式会社が提供する与信管理サービスです。三井物産が開発した信用格付(MCC格付)を用いてリスクを見える化し、取引先の現状を正確に把握できます。また、オンライン上で国内企業の定性・定量情報の変化を素早く入手できるといったスピーディーさや、専任コンサルタントによるサポートの質にも定評があります。

Neuro Watcher

 内容
提供会社AGS株式会社
料金プラン

【入会金】
0円

【基本料金】
0円

・企業サーチ:0円
・与信管理ファイル:サービスによって異なる
・企業ウォッチャー:1,320円(税込) / 件
・財務ウォッチャー:2,200円(税込) / 件
・企業属性エントリー:0円
・決算書エントリー:0円
・ターゲットウォッチャー:880円(税込) / 回
・簡易取材調査:調査結果により異なる
・コンプライアンスチェック:275円(税込) / 件

無料トライアル要問合せ
主な機能

・与信管理ファイル
・企業情報照合
・財務情報照合
・簡易取材調査
・ターゲットウォッチャー条件検索
・コンプライアンスチェック
・ランク別集計
・総合判定表

導入実績三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社、三菱重工エンジンシステム株式会社、竹本容器株式会社、日本光電工業株式会社など多数
公式URLhttps://www.ags.co.jp/nw/


Neuro Watcherは東京商工リサーチの企業情報や財務情報に基づき、金融機関の融資審査ノウハウを使って信用格付けや予測年間倒産率を出します。入会金、月額基本料金が無料で、利用件数や登録取引数に応じて変動する完全従量料金制のため、低コストで導入しやすいでしょう。

 

SCORE LINK

 内容
提供会社TIS西日本株式会社
料金プラン要問合せ
無料トライアル要問合せ
主な機能

・決算書 / 各種帳票取り込み
・法人税申告書 / 事業計画書 / WSG報告書の出力
・財務データ分析
・格付自己査定
・内部審査向け資料作成
・外国語の帳票対応

導入実績株式会社みずほ銀行、株式会社八十二銀行 ほか
公式URLhttps://www.tis-w.co.jp/service/scorelink


SCORE LINKは、国内金融機関の導入数No.1、40%のシェアを占めています。決算書や勘定科目内訳明細書等の帳票類をスキャンし、AIにより自動で帳票振り分けや登録を行います※1。蓄積された財務データから取引先の財務状況を格付し、与信管理に活用できるのが特徴です。紙の決算書であっても読み取りできるので、業務効率化と与信管理が1つのツールで実現できます。

※1 自動振り分け後は、手動で一部補正が必要となる場合があります。

与信管理ツールを選ぶコツやポイントとは?

与信管理ツールを選ぶコツやポイントとは?

与信管理ツールは、取引先企業の信用力を評価し、与信リスクを最小限に抑えるための重要なツールです。しかし、数多くの与信管理ツールが存在するため、どのツールを選ぶか迷うこともあります。

以下では、与信管理ツールを選ぶときのポイントについて解説します。

信頼性の高さ

与信管理ツールは、企業が取引先企業の信用力を正確に評価するためのツールです。そのため、与信情報の信頼性が高いことが重要です。ツールを提供している企業の実績や信頼性を確認し、信用できる与信情報を提供しているツールを選びましょう。

機能の充実度

与信管理ツールには、信用力評価や与信限度額の設定など、様々な機能があります。企業が必要とする機能を選び、自社の業務に最適なツールを選びましょう。また、機能の充実度については、他のツールと比較することも大切です。

利用料金

与信管理ツールには、様々な種類の料金体系があります。一定期間の利用料金や、与信情報を取得した回数に応じた従量課金制などが一般的です。自社の予算に合わせた料金体系を選び、長期的に使えるツールを選びましょう。

使いやすさ

与信管理ツールは、膨大な量の情報を扱うため、使いにくいという問題があります。そのため、使いやすいインターフェースを持つツールを選び、効率的な業務運用を実現することが重要です。

サポート体制

与信管理ツールは、導入後に問題が生じた場合、迅速な対応が必要です。そのため、ツールを提供する企業が適切なサポート体制を持っているかどうかを確認し、万が一のトラブルに備えることが大切です。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

与信管理ツール関連の資料請求はこちら

与信管理ツール関連の資料請求はこちら与信管理ツール関連の資料請求はこちら

【kyozon編集部おすすめ】与信管理とあわせて検討したい業務効率化サービス

与信管理ツールに加え、さらに業務効率化を促進するためにバックオフィス業務をアウトソースすることも検討してみましょう。

ここでは、kyozon編集部がおすすめするバックオフィス業務の支援サービス「SUPPORT+iA」を紹介します。

【専門性の高い仕事を外部委託】SUPPORT+iA

SUPPORT+iAロゴ

経理業務をアウトソーシング

導入をおすすめする企業の例
・バックオフィス業務の人出が足りていない
・社長がコア業務に専念できていない
・オンライン上だけで業務委託が完結できる


SUPPORT+iAは、専門性の高いオンラインアシスタント・秘書による、バックオフィスの業務代行をおこなうサービスです。顧客数は1,500社超え、満足度90%、継続率は98%を誇ります。

経理や財務会計に必要な知識を研修で行い、専門性を磨いたアシスタントを数名派遣するのが特徴です。専門的な研修を行えるのは税理士法人が母体だからといえるでしょう。

公認会計士や税理士といった有資格者も多数在籍しているため、自社のリソースだけでは難しい「新規契約企業の情報収集」や「反社チェック」「契約書製本」といった業務を安心して委託することができます。

バックオフィスのシステム構築化が可能
バックオフィスのシステム構築化が可能
このシステムを導入されることで総務や労務といったことにオンラインでフォローをして頂ける体制が構築でき、また弊社のバックオフィスの問題点や改善点などの提案を頂けております。サポートをして頂ける方が専門知識や資格を保有している方々ばかりなので弊社のバックオフィス業務を担当する人間の教育といったこともして頂けるので、とても安心して働ける環境づくりに一役買っていただいております。
もっと見る
  • 業種:エネルギー / 環境 / リサイクル系
  • 会社名:株式会社サニックス
  • 従業員規模:101〜300人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職:係長・主任クラス
\ 資料請求もこちらから /「SUPPORT+iA」の
詳細はこちら

 

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

与信管理ツール関連の資料請求はこちら

与信管理ツール関連の資料請求はこちら与信管理ツール関連の資料請求はこちら

与信管理ツールのよくある質問

与信管理ツールのよくある質問と回答をご紹介します。

  • 与信管理ツールはどんな種類に分かれていますか?
  • 与信管理ツール利用時の注意点を知りたい
  • 与信管理ツールによってどんな効果が期待できますか?

1つずつ解説していきます。

与信管理ツールはどんな種類に分かれていますか?

与信管理ツールは、「新規取引先の選択時に適している」「取引先の管理に特化している」「スコアリングに特化している」の3つの種類に大別されます。具体的な特徴は以下のとおりです。

 特徴
新規取引先の選択時に適している
  • 新規取引先の情報提供が受けられる
  • 企業調査の時間を短縮できる
  • 与信判断の精度を上げられる
取引先の管理に特化している
  • 取引先の情報をシステム上で一括管理できる
  • 与信管理プロセスを効率化できる
  • 高精度の格付けができる
スコアリングに特化している
  • 取引先をスコアリングできる
  • 膨大なデータを元にした企業評価が取得できる


与信管理ツールは以上3つのタイプに種類できますが、スコアリング精度の高さや海外企業への対応有無など、ツールによって搭載機能が異なるのであらかじめ理解しておきましょう。

与信管理ツール利用時の注意点を知りたい

与信管理ツールを利用する際は、事前に料金体系をチェックしておき、運用費用を無駄にしないよう注意しなくてはなりません。

たとえば、本記事でご紹介している与信管理ツール「アラームボックスパワーサーチ」の場合、料金は「基本料金」と「従量料金」に分かれています。基本料金は月額制なので各プラン定額で利用できますが、従量料金は登記や信用チェックをおこなう件数によって費用が変動する仕組みです。

しかし、実際に利用してみないと搭載機能の利便性や必要性が理解できないので、まずは無料トライアル期間等で確認してみることをおすすめします。

与信管理ツールによってどんな効果が期待できますか?

与信管理ツールを利用することで、与信業務を効率化できるだけでなく、有料会員の増加や収入機会の増加が期待できます。

Webサービスを通じて会員企業と取引をおこなっている場合、1社ごとに与信管理をする必要がありますが、ツールを利用すれば業務を効率化して会員数の向上に注力できます。また、ツールによって適切な与信管理ができれば取引先からの後払いにも対応できるので、結果的に収入機会も増やすことも可能です。

まとめ

与信管理ツールは、取引先からの与信を効率的に管理するために欠かせないツールです。多くの種類があり、それぞれの機能や特徴も異なります。

そのため、自社に適した与信管理ツールを選択することが重要です。ツール選びにあたっては、自社の業務フローに合わせた機能や操作性、料金プランなどを比較することが大切です。

与信管理に関連するサービス

経理に関わる複雑なバックオフィス業務アウトソーシングサービス SUPPORT+iA

経理に関わる複雑なバックオフィス業務アウトソーシングサービス SUPPORT+iA

全体評価
4.6
レビュー
1件
社長がコア業務に専念できるオンライン秘書サービス

サービスの特長

  • 税理士法人母体グループ会社が運営する経理代行サービス
  • 「会計士(=プロフェッショナル)が監修」の専門性の高さ
  • 社内研修制度をクリアした担当者・専門チームが対応

電子請求書発行システム「楽楽明細」

電子請求書発行システム「楽楽明細」

全体評価
4.2
レビュー
43件
請求書発行の印刷・封入をゼロに

サービスの特長

  • 請求書をはじめ、支払明細・納品書など、あらゆる帳票発行業務を効率化
  • 請求データ(CSV/PDF)を取り込むだけで簡単連携
  • 「WEB」「メール」「郵送」「FAX」から選べる発行方法

FUNDOOR

FUNDOOR

〜株主総会・取締役会をまるっとDX〜 株主管理・経営管理プラットフォーム「FUNDOOR」

サービスの特長

  • 【取締役会機能】取締役会の準備・運営・管理までを一貫してDX、工数とミスを削減
  • 【株主総会機能】株主総会の準備・運営・管理まで、ワンストップで適法にDX
  • 【各種連携機能】株主名簿・新株予約権原簿・資本政策などの自動連動で、株主管理・経営管理をよりスマートに
与信管理ツール関連のサービスを
まとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む