法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

生産管理システムのおすすめ12選を徹底比較!実現できることや選定ポイントも紹介

投稿日:2023年6月5日 /

更新日:2023年7月26日

生産管理システムのおすすめ12選を徹底比較!実現できることや選定ポイントも紹介
● 在庫管理● 工数管理● 業務効率化● 生産・販売管理

製造業の現場において、生産工程・コスト・在庫・納期などの管理を一括して行うには、生産管理システムの導入が便利です。システムの導入により、業務効率化や品質の向上などが見込めるほか、生産コストの削減にもつながります。

生産管理システムにはさまざまなタイプがありますが、自社に合ったシステムを選ぶには各システムの特徴を把握することが重要です。そこで本記事では、生産管理システムの中でも特におすすめしたいシステム12選の概要を紹介します。併せて、システムを導入するメリットや選び方なども紹介します。ぜひ参考にしてください。

受発注システム関連のサービスを
無料で資料請求!

受発注システム関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

生産管理システムのおすすめ12選を紹介

生産管理システムのおすすめ12選を紹介

 

特徴

イニシャルコスト

ランニングコスト

生産革新 Wun-jin SMILE V Air

販売管理をベースとする、簡単かつシンプルなオールインワンパッケージのクラウド型システム

要問い合わせ

月額43,750円から

FutureStageシリーズ

生産・販売・在庫の各管理を、シームレスに連携できる

要問い合わせ

(最多価格帯はおおよそ10,000,000円から30,000,000円)

要問い合わせ

TPiCS

需要変動に素早く対応し、安定した生産を実現する

1,650,000円(税込。システム購入・f-MRP製番システムの場合)

67,500円(税込。f-MRP製番システム・サブスクリプションの場合)

EXPLANNER/J

機械製造業の生産管理における課題を解決するため、短期間かつ低コストでオリジナル機能を構築可能

要問い合わせ

要問い合わせ

SMART生産管理システム

企業が個々に抱える課題の解決に向けて、豊富なカスタマイズを低価格で実現している

要問い合わせ

要問い合わせ

R-PiCS V4

受注生産・見込生産の両方に対応でき、多彩な標準機能を搭載している

要問い合わせ

要問い合わせ

スマートF

バーコードの活用により、ペーパーレスなIoTを実現し、リアルタイムで見える化やデータ集計が可能

300,000円から

25,000円から

ADAP

ホワイトボード型の生産管理システムで、情報共有により計画全体のサプライチェーンを見える化する

要問い合わせ

要問い合わせ

生産管理 SPENCER

物流ノウハウと在庫管理を基に、サプライチェーン全体を可視化する

要問い合わせ

要問い合わせ

GLOVIA iZ 生産 PRONES GX

製造系の基幹系業務を変革し、成長を加速・継続させる

要問い合わせ

要問い合わせ

TECHS-BK

多品種少量型を扱う部品加工業向けの生産システムであり、複雑なデータを一元化できる

要問い合わせ

要問い合わせ

Factory-ONE 電脳工場シリーズ

販売管理機能を標準装備した生産管理システムであり、直感的で分かりやすい操作性と画面設計を追及している

要問い合わせ

要問い合わせ

 

生産革新 Wun-jin SMILE V Air

 

内容

特徴

販売管理をベースとする、簡単かつシンプルなオールインワンパッケージのクラウド型システム

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

月額43,750円から

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

サポートセンターによるサポート体制あり

参考URL

https://www.otsuka-shokai.co.jp/erpnavi/product/wun-jin/


販売管理をベースとした、シンプルで使いやすい生産管理システムです。クラウド型のシステムの性質上、初期費用を抑えて契約後すぐに始められ、マスター登録の必要もありません。

多品種小ロットの生産や個別受注生産を中心に扱っている会社にとって、「所要量計算・MRP」は不要な機能であるため、このシステムには搭載されていません。一般的な生産管理システムには必須であっても、シンプルなシステム設計のために、あえて機能を省いています。

導入や稼働時に分からない点があれば、サポートセンターによる手厚いサポートが受けられます。生産管理システムを初めて導入する企業におすすめです。

 

FutureStageシリーズ

 

内容

特徴

生産・販売・在庫の各管理を、シームレスに連携できる

イニシャルコスト

要問い合わせ
(最多価格帯はおおよそ10,000,000円から30,000,000円)

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

要問い合わせ

公式サイト

https://www.hitachi-systems.com/ind/fs/


FutureStageは、生産管理と販売管理を軸とし、企業の業務効率・経営効率アップに向けて業務系システムを統合管理した基幹業務パッケージです。在庫情報・進捗状況・損益情報などのデータを全て一元化し、見える化により経営をサポートします。

柔軟性と拡張性を備えており、会計などの既存外部システムとの連携も可能です。累計導入数は約4,000システム以上と、多くの顧客から支持を得ているシステムです。

 

TPiCS

 

内容

特徴

需要変動に素早く対応し、安定した生産を実現する

イニシャルコスト

1,650,000円(税込。システム購入・f-MRP製番システムの場合)

ランニングコスト

67,500円(税込。f-MRP製番システム・サブスクリプションの場合)

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

リモートアクセス・サポートサービスあり

公式サイト

https://www.tpics.co.jp/


TPiCSは、多彩な生産形態への対応が1パッケージシステムでできる生産管理システムです。顧客本位のものづくりを目指す、「攻撃型生産管理」を実施する企業をサポートしています。

日本語以外にも、英語・中国語(簡体字・繁体字)・ベトナム語に対応可能であり、海外の工場やシステムインテグレータにも数多く導入されています。導入企業数は2,000社を超え、豊富なカスタム設定が可能であることから多彩な製造業で導入されているのです。

 

EXPLANNER/J

 

内容

特徴

機械製造業の生産管理における課題を解決するため、短期間かつ低コストでオリジナル機能を構築可能

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

要問い合わせ

公式サイト

https://jpn.nec.com/soft/explanner/explanner-j/index.html


EXPLANNER/Jは、製造業に欠かせない販売・生産・原価・進捗の各管理および負荷検証を対象業務としています。顧客のさまざまな要望に対応可能な、独自開発フレームワークを組み込めるシステムです。

受注ごとに異なる製品仕様・納期短縮・コスト低減など、機械製造業の生産管理が抱える課題を解決できる機能を備えています。パッケージ型とクラウド型から選択可能です。

 

SMART生産管理システム

 

内容

特徴

企業が個々に抱える課題の解決に向けて、豊富なカスタマイズを低価格で実現している

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

デモ環境の試用が1か月間可能

サポート体制

エンジニアによる操作指導あり

公式サイト

https://evort.jp/store/skysystem/product/smart


手作業の省力化・データ・属人化した業務の削減など、企業ごとの課題に寄り添い豊富なカスタマイズによってサポートしているシステムです。ブラウザを利用したWebシステムであるため、通信可能であれば場所を選ばず利用できます。

シンプルな設計で使いやすく、相場よりも費用を大きく抑えられます。社外でも利用できることで、顧客に対してスムーズな対応が可能です。

 

R-PiCS V4

 

内容

特徴

受注生産・見込生産の両方に対応でき、多彩な標準機能を搭載している

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

ヘルプデスクの開設・プログラムおよびデータベース不具合の修復など

公式サイト

https://www.r-pics.com/


組立加工の生産現場に精通した生産管理システムです。受注生産と見込生産の両方に対応できるハイブリッド型であり、需要に合った新しい機能の搭載が進んでいます。

発売後25年経過し、これまでに660以上の工場で採用された実績があります。システム引き渡し後には保守フェーズへ移行し、長期にわたってSEによる手厚いサポートを受けられます。

 

スマートF

 

内容

特徴

バーコードの活用により、ペーパーレスなIoTを実現し、リアルタイムで見える化やデータ集計が可能

イニシャルコスト

300,000円から

ランニングコスト

25,000円から

無料プランの有無

トライアル期間あり(金額は要問合せ)

サポート体制

専任担当によるサポート体制あり

公式サイト

https://smartf-nexta.com/


スマートFは、脱手書き・エクセル管理によって工数やミスを大幅削減し、現場の見える化を目指します。スモールスタートが可能なため、必要最小限の機能でスタートしたのち機能を追加することができます。

導入コンサルが付きトライアル導入も可能であり、システムについてしっかりと理解してから導入できる点が安心です。ハンディ端末やタブレットとバーコードの活用に、現場で直接入力できます。

 

ADAP

 

内容

特徴

ホワイトボード型の生産管理システムで、情報共有により計画全体のサプライチェーンを見える化する

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

要問い合わせ

公式サイト

https://solution.kke.co.jp/adap/lp/


ADAPは、ホワイトボード型の導入により生産現場の見える化と整流化を実現しました。直感的に生産計画を管理でき、入力内容が即座に反映され全体に共有できます。

属人化を防げるうえに、他部門の工程もすぐに確認可能です。エクセルからの移行もスムーズにでき、抵抗なくシステムになじめるでしょう。

 

生産管理 SPENCER

 

内容

特徴

物流ノウハウと在庫管理を基に、サプライチェーン全体を可視化する

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

要問い合わせ

公式サイト

https://www.siscloud.jp/logistics-it-cloud/solution/spencer/


セイノーグループがこれまで積み重ねてきた、物流改善コンサルティングの経験やノウハウから生まれた機能が詰まった管理システムです。入庫から出庫までの物流在庫を一気通貫で管理できます。

必要な機能だけ利用できるため、スモールスタートが可能です。他の生産管理システムを利用していても、コンポーネント単位で機能が利用できます。

 

GLOVIA iZ 生産 PRONES GX

 

内容

特徴

製造系の基幹系業務を変革し、成長を加速・継続させる

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

トライアル環境あり(金額は要問い合わせ)

サポート体制

チーム富士通によるグローバルサポート体制あり

公式サイト

https://www.fujitsu.com/jp/services/application-services/enter


富士通グループが提供する生産管理システムとして、複雑・多様な運用が実現可能です。製造特性に合わせた運用設定ができ、製造業に最適化された業務機能を備えています。

複数の管理方式を組み合わせ、多彩な生産形態へ対応可能なシステムです。

 

TECHS-BK 

 

内容

特徴

多品種少量型を扱う部品加工業向けの生産システムであり、複雑なデータを一元化できる

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

TECHSシリーズサポート保守サービスあり

公式サイト

https://www.techs-s.com/product/techs-bk


多品種少量型の中小企業に向けた生産管理システムであり、品番マスタ登録なしでの運用が可能です。OA効果により、入力工数や原価集計時間が大幅に削減でき、利益体質を持つ企業へと改善できます。

さらに、改善効果の見える化・見せる化により、公平な数字評価にも役立ちます。

 

Factory-ONE 電脳工場シリーズ

 

内容

特徴

販売管理機能を標準装備した生産管理システムであり、直感的で分かりやすい操作性と画面設計を追及している

イニシャルコスト

要問い合わせ

ランニングコスト

要問い合わせ

無料プランの有無

要問い合わせ

サポート体制

要問い合わせ

公式サイト

https://www.xeex.co.jp/products_services/factory-one/mf


顧客の分かりやすさ・使いやすさを追及した生産管理システムです。幅広い業種や業態に対応できるよう、4つの製品ラインナップがあります。

販売開始からおよそ25年が経過し、これまでに1,800本を超える導入実績を誇っています。BIツールが標準装備されており、顧客自身でのデータ統計・集計が可能です。

[cta text=”資料を今すぐ無料ダウンロード!]

 

生産管理システムとは

生産管理システムとは


生産管理システムとは、製造業におけるものづくりの情報を一元管理するためのシステムです。システムの活用により、手作業による管理の手間を省き、スピーディーな生産管理が実現できます。

従来は、エクセルや表計算ソフトなどと紙を併用して生産管理を行っていました。この方法は、作業が複雑になるうえに属人的な作業も増えることから、重大なミスにつながる場合も多かったのです。これらの作業を効率的に進め、情報の一元化により複雑な生産体型に対応できるよう、生産管理システムの活用が広まっています。

 

生産管理システムで実現できること

生産管理システムで実現可能な作業は多岐にわたっていますが、そのなかでも特に重視されている作業について解説します。

製造業において、工程の進捗状況や在庫管理などを把握することは最も重要な作業のひとつです。システムの導入により、進捗状況を瞬時に把握でき、適切な在庫数を維持できるようになります。

また、生産計画や調達計画の一括管理も、システムによって実現可能となった作業です。特に、製造から配送まで内製化している企業であれば、システムを使ってこれらの管理を確実に行うことが重要です。

製品の原価情報については、原価管理によって製造原価を管理しなくてはなりません。製造原価は、材料費・経費・労務費の総称であり、これらのルールの的確な設定と基準に基づいた原価設定によって企業の利益が確保できるようになります。

出荷された製品がきちんと配送されているかについても、システムを使った管理が可能です。納期を厳守し、配送ドライバーのコンプライアンスを保つためにも、システムによるチェックを怠らないようにしなくてはなりません。

 

生産管理システムを導入するメリット

生産管理システムを導入するメリット


生産管理システムの導入により得られる主なメリットは、次の3つです。

それぞれのメリットについて、さらに詳しく解説します。

 

スムーズな情報共有によって業務効率化が実現する

部門ごとの情報を企業全体に共有できていないと、製造工程がスムーズに進められません。さらに、トラブルが発生した時に他の部門が把握できていないと、企業全体のイメージダウンにもなりかねないのです。

生産管理システムにより、情報を一元化してスムーズに共有できると、各部門の状況が瞬時に把握でき、業務効率化につながるのです。

 

システムによる自動化で作業の人的ミスが減る

これまでの生産管理は、エクセルや表計算ソフトなどを使った、社員の手入力による作業が中心でした。需要予測や資材調達計画なども手作業で行われていたため、人的ミスや属人化が防げないうえに、人員不足の場合の対処が大きな課題とされていたのです。

システムにより情報共有を自動化すると、手入力の作業を軽減できて、人的ミスも減らせるようになります。

 

在庫の可視化によって余剰在庫や売り切れを防止できる

生産管理システムを導入していないと、部門ごとで市場需要の把握状況にズレが起こり、製品の余剰在庫もしくは不足が発生してしまうおそれがあります。システムの活用により在庫状況が可視化できて、必要な数だけ生産できるようになります。その結果、余剰在庫や売り切れを防ぎ、需要に合った出荷が可能です。

[cta text=”資料を今すぐ無料ダウンロード!]

 

自社に合う生産管理システムを選ぶポイント

自社に合う生産管理システムを選ぶポイント


自社に合う生産管理システムを選ぶ主なポイントは3つあります。

それぞれのポイントについて、さらに詳しく見てみましょう。

 

自社の生産方式に対応しているかどうかを確認する

生産管理システムは、システムごとで対応可能な生産方式が異なります。生産方式には、ロット式生産・セル生産・ライン生産・個別受注生産・見込み生産などがあるため、生産方式に対応したシステムを選ぶことが重要です。

対応したシステムの利用により、期待したい効果が発揮されるようになります。

 

クラウドタイプとオンプレミスタイプのいずれかを選択する

初期費用を抑えられるクラウドタイプは、自社での管理がほぼ不要であり、アップデートなどのメンテナンスも提供会社が実施します。一方で、システムのカスタマイズが難しく、自社のサーバーにデータを保管できないデメリットがあります。

オンプレミスタイプは、導入時の初期費用がかかり、メンテナンスも自社で行わなくてはなりません。一方で自社のサーバーにデータが保管できて、強固なセキュリティが確保できます。ある程度カスタマイズもできるため、自社のシステムに合わせた機能を搭載できます。

費用を抑えたいのであればクラウドタイプ、情報漏洩を確実に防ぎたいのであればオンプレミスタイプが適しています。

 

24時間対応や電話でのリアルタイムサポートの可否

導入直後のタイミングや、操作面で分からないことがあった場合、複雑な操作のシステムではシステム担当者が対応しきれない可能性があります。また、システムに不具合が生じた時に生産がストップする事態は極力避けたいものです。

サポート対応が24時間可能である、もしくは電話ですぐに質問できるなどサポート体制が整ったシステムを選ぶと安心です。

 

生産管理システムを導入して業務効率を高めよう!

この記事で紹介してきたように、生産管理システムは部門ごとの情報を一元化し、効率的な製造管理のために重要な役割を果たします。システムごとで、特徴および適している生産タイプが異なるため、自社の生産方法に合ったシステムの選択が重要です。

生産管理システムを最大限活用し、効率的な業務が進められるよう検討してみてください。

 

 

 

受発注システム関連のサービスを
無料で資料請求!

受発注システム関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

受発注システムに関連するサービス

クラウドERP ZAC

クラウドERP ZAC

IT・広告・コンサルティング業向けのクラウドERP

サービスの特長

  • プロジェクト別損益の可視化
  • 数ヶ月先の正確な売上・利益予測
  • 基幹業務の一元管理で、「業務のムダ」を排除
IT・広告・コンサルティング業向けのクラウドERP
詳細を見る

BtoB受発注システムCO-NECT

BtoB受発注システムCO-NECT

全体評価
4.4
レビュー
1件
バラバラな注文をコネクトに統一!スマホやPCからかんたん受注

サービスの特長

  • 発注側が無料、わかりやすい見た目で導入のハードルが低い
  • 直感的に使える画面、便利な機能で受注側にもやさしい
  • 導入前の運用設計からしっかりサポート!

楽楽B2B

楽楽B2B

受発注業務のWEB化で業務量を最大80%削減

サービスの特長

  • 買い手企業数150,000社突破の実績
  • 最大80%の業務を削減して利益向上も可能
  • 基幹や販売管理システムなど外部ソリューションとの連携が充実
受発注業務のWEB化で業務量を最大80%削減
詳細を見る
受発注システム関連のサービスを
まとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む