法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

無料で使える!プロジェクト管理ツールおすすめを7選紹介!

投稿日:2023年2月1日 /

更新日:2023年7月21日

無料で使える!プロジェクト管理ツールおすすめを7選紹介!
● プロジェクト管理● 働き方改革● 業務効率化

現在登場しているプロジェクト管理ツールは多数あり、無駄なく計画的に進行できる便利な機能が搭載されています。
プロジェクトを効果的に進めていくにはプロジェクト管理ツールは欠かせません。
特に複数人の関係者が絡むプロジェクトでは進捗管理が煩雑になる場合があります。
そこで本記事では、プロジェクト管理ツールの導入を検討している企業や、まだ導入していない企業に対し、ツールの種類や選び方など注意点も含めてわかりやすく紹介していきます。
またプロジェクト管理ツールは無料で利用できるプランや有料プランでも無料トライアルを実施しているサービスも多くあるため、ぜひ最後まで読み進めてください。

プロジェクト管理関連のサービスを
無料で資料請求!

プロジェクト管理関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

【kyozon編集部おすすめ】人気のプロジェクト管理サービス

 

プロジェクト管理サービスを選ぶときは、業種や業務フローにマッチしたサービスを選択すると、さらなる生産性アップが見込めます。業務フローなどを見返して、最適なサービスを選択してみてください。

 

brick@建設業の業務改善をスムーズにするツール

brick@建設業の業務改善をスムーズにするツール  ロゴ
 内容

料金プラン

Free:0円/月

Starter:9,900円/月

Business:39,900円/月

Enterprise:95,000円/月

※初期費用無料

無料トライアル

特徴

  • 情報の正確で確実な共有が手軽に可能
  • 入出金管理がリアルタイムで可能
  • 日々の入出金管理がそのまま支払処理につながる

「brick」は設計図など、ドキュメントの変更を更新通知で現場に知らせたり、工事情報と一緒にシェアして担当者に支払確認を取ったりなど、建設業界に特化した機能が豊富な業務改善ツールです。さまざまな業務アプリと連携しており、「brick」を介してすべての業務フローの見える化・効率化を実現します。

登録した受注案件、発注・支払情報は、会計ソフトに取り込んでファイル出力ができるため、受発注管理・収支管理から会計処理まで、ワンストップで行うことができます。

 

Brushup

Brushupロゴ
 内容

料金プラン

エントリープラン:0円

ライトプラン:1,298円(税込)

スタンダードプラン:1,694円(税込)

エンタープライズプラン:要問い合わせ

※年間契約料金

※初期費用無料

無料トライアル

特徴

  • 様々な種類のファイルをブラウザ、アプリ上でチェック可能
  • 豊富なプロジェクト管理機能
  • 他サービスとの連携可能
 
初めてでも操作しやすい
初めてでも操作しやすい
レビュー内容外部のデザイナーさんとこのツールでやり取りしたことがあります。印象としては凄い使いやすいし伝えやすいツールだと思いました。おススメできるツールです。
もっと見る
  • 業種:マスコミ / 広告 / デザイン / ゲーム / エンターテイメント系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:11〜30人
  • 部署:マーケティング部
  • 役職:部長・課長クラス
サービスの詳細もこちらから Brushupの詳細・資料請求はこちら

Brushup はデザイン、ドキュメント、動画など、さまざまな制作物に対して、ウェブブラウザやアプリ上でフィードバックができるレビューツールです。すべての工程をブラウザ上で行うため、ファイルをダウンロードしたり、専用ソフトを用意する必要がありません。

また、手書きやコメントによる制作物へのフィードバックは、各制作物ごとに1つのタイムラインで行うことができるため、チャットやメールのようにやりとりが埋もれる心配がないのもメリットの一つです。

 

プロジェクト管理は必要?プロジェクト管理とは?

プロジェクト管理は必要?プロジェクト管理とは?

そもそもプロジェクトとは「目的を達成するための計画や目標と、その遂行」を意味します。

そしてプロジェクト管理ツールとは、プロジェクトに携わる業務の始まりから終わりまでの計画や情報共有、スタッフとの進捗の確認やスケジュール管理などを一つのツールで管理できるオールインワン機能のことです。

このツールを利用することで、誰が何をしているのか業務全体が見える化し、作業の行方も見渡すことができるため、目的に沿ったゴールを目指せます。

 

プロジェクト管理方法の種類

プロジェクト管理方法の種類

プロジェクト管理ツールを細分化すると、さまざまな機能が備わっています。

開発されているツールによって特徴は異なりますが、主な機能は4つ。この機能は企業のマネージャーレベルの方や個人事業主で活躍されている方にとっても役立つツールで、さまざまなフィールドで業務を進める人に適しているのです。

 

タスク管理

プロジェクトを安定的に進めるには、そのプロジェクトに関与するスタッフの進捗にかかっています。

タスク管理機能を利用することで日頃からお互いの進捗状況を把握でき、業務推進力向上に貢献します。

 

共有機能

プロジェクト管理においてリアルタイムで情報を閲覧できる機能は必須です。

共有システムでは本当に必要な情報が各担当にすぐ共有できるため、迅速な対応が可能となります。

 

スケジュール管理

スタッフのスケジュール管理は最も重要なポイントといっても過言ではありません。

プロジェクトを成功に導くためには各々で担当しているタスクを可視化し順調にゴールを目指すために必要な機能だからです。

またこの機能を使うことで柔軟な対応を組むことができ、効率の良い業務展開が実現します。

 

レポーティング機能

プロジェクトを進める中で行われるミーティングや会議などで作成する資料や進捗状況のわかる資料もレポーティング機能で作成可能です。

顧客や取引先にも進捗状況の情報提供が行え、方向性の再確認を都度行えます。

資料を今すぐ無料ダウンロード!

プロジェクト管理関連のサービスを
無料で資料請求!

プロジェクト管理関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

 

個人でもプロジェクト管理を徹底すべき?

個人でもプロジェクト管理を徹底すべき?

個人でも仕事を進めるうえでプロジェクト管理は必要です。なぜなら個人の場合、ひとつのプロジェクトに限らず複数の案件を受け持つことが多く、タスク管理も容易ではないからです。

タスク管理を怠ることで、クライアントとの信用問題に大きな影響を与えてしまいます。

そしてビジネスの立ち上げや展開を加速させていくために、現代ではさまざまな管理ツールが存在し、目的達成を効率化してくれる便利なシステムが用意されているのです。

 

ビジネス展開はプロジェクト管理によって左右されてしまう?

プロジェクトは目標を達成するまでに生じる業務を管理し、期日までに完遂させることが目的です。

しかし、進捗状況の共有やスケジュール管理、計画立案などが不適切だとクライアントの求める成果物の提出は困難になります。

プロジェクトマネジメントを意識して調整力や管理能力を養うことで、ビジネスの展開速度は大きく変わります。

 

プロジェクト管理のトレンドとは?

以前ですと、Excelでの管理が主流でした。簡単に表作成ができ、特別な技術がなくても操作が行えるため、多くの企業が導入しているツールといえるでしょう。

ですが変更が生じた場合、手動での変更作業を必要とし、変更した箇所も履歴で追えなくなるため確認や修正作業に手間がかかります。

そこで現在では、以前と比較してプロジェクト管理ツールの開発も進み、ひとつのツールでプロジェクトに必要なことが一通り行えるアプリケーションが次々と登場しております。

 

無料で使える?おすすめのプロジェクト管理ツールとは?

無料で使える?おすすめのプロジェクト管理ツールとは?

ここで、おすすめのプロジェクト管理ツールを5選紹介します。また選ぶときのポイントや注意点も合わせて解説しますのでご覧ください。

 

Trello

2011年に開発されたプロジェクト管理ツールです。タスク管理に特化しており、無料プランでも人数制限がなく使い勝手が良いです。

お互いの仕事のフォローもできるように可視化できる点は大きなメリットです。

・こんな人におすすめ

大規模の人数にはタスク管理が煩雑になるため向いていませんが、小規模のプロジェクト管理では本領を発揮しタスクを容易に管理できます。

・こんな人には向かない

タスクが増えすぎると管理に手間がかかるため複数のプロジェクトを同時進行するには不向きです。

 

Jooto

クラウド型のため情報はオンラインを介して更新されるので、いつでもどこでもツールの利用が可能です。操作性はシンプルに施されているため、簡単にタスクの管理が行えます。

・こんな人におすすめ

無料プランでは4人までが利用できるため、少人数プロジェクトに適しています。

・こんな人には向かない

使いやすい機能を有していながらもサービスページがわかりにくいため、導入後の教育に時間を割く必要があります。

 

Wrike

Wrikeは大手企業にも導入実績があり、信頼性が保証されたツールです。工程や進捗をカレンダー表示し、ガントチャートのように可視化もできます。

シンプルなUIでWikiのように情報をまとめやすく、表示の切り替えにも優れています。

・こんな人におすすめ

無料プランでもGoogleDriveとの連携が可能で小・中規模の管理に適しています。

また直感的な操作が可能なので、シンプルな操作を求める人に向いています。

・こんな人には向かない

難点としては、うまく活用するまでに時間がかかるため学習時間を設ける必要があります。

 

Redmine

オープンソースのプロジェクト管理ソフトウェアです。完全無料で利用できるため、導入を検討している方でも簡単に参入できます。

・こんな人におすすめ

自由な操作性でカスタマイズも可能なため、エンジニア向けといえるでしょう。

・こんな人には向かない

15年以上運用されていることもあり、UIの見た目が古いです。

また開発先も海外なので設定にスキルを要します。

 

Stock

株式会社Stockが提供している管理ツールです。SNSを操作しているように直感的に使用でき、共有やタスク管理が可能です。

無料プランも用意されているため、まずは使用感から確かめたい方には試す価値ありです。

・こんな人におすすめ

人数の制限はあるものの、全ての機能を無料で使える点は大きなメリット。

プロジェクトの進捗を簡単に管理したい方におすすめです。

・こんな人には向かない

無料プランでは全ての機能が使えますが、クラウド上には保存されません。

本格的な運用を目指す場合は有料プランでの運用を検討すると良いでしょう。

資料を今すぐ無料ダウンロード!

プロジェクト管理関連のサービスを
無料で資料請求!

プロジェクト管理関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

 

個人の業務効率化!プロジェクト管理をリアルタイムで!

個人でも利用できるプロジェクト管理アプリのメリット・デメリットについても紹介していきます。

 

Jooto

リアルタイムで書き込めるプロジェクト管理アプリです。SlackやChatworkとの連携が可能で、iPhone・Androidにも対応。

プロジェクトの進捗状況も一目で把握することが可能です。また複数プロジェクトも一元管理できるため、確認作業の負担軽減ができます。

・こんな人におすすめ

直感的な操作を好む方には持ってこいのアプリ。

操作もドラッグ&ドロップのみで使うことができます。

無料プランもあるため、初期投資を抑えたい方におすすめ。

・こんな人には向かない

4人以上の利用は有料版に切り替える必要があります。

無料プランではデータ上限やデータ履歴にも限りがあるため、何としても無料で使い始めたい方には窮屈に感じるでしょう。

 

Asana

AsanaはITレベルの低い人でも直感的に操作ができるようユーザーに優しい設計が施されています。

マネジメントツールとして開発されているので、個人のタスクだけでなく組織のプロジェクトにも対応した利便性の高いツールです。

・こんな人におすすめ

先述したように直感的な操作が可能でプロジェクト管理初心者でも手が出しやすいツールとしておすすめです。

またSlackやGoogleカレンダーとも連携が簡単で進捗状況の把握が一目でわかります。

・こんな人には向かない

15人を超えると有料プランに切り替えざるを得ません。

また比較的新しいサービスのため、学習時間を多く取る必要があり、古いツールに慣れている方には合わないでしょう。

 

Backlog

日本の会社が作成したサービスのため環境構築も容易です。規模感としては個人または小規模のプロジェクト向けで、管理に必要なツールは十分に揃っています。

・こんな人におすすめ

日本の会社で開発されているため、日本語のメニューやヘルプ機能が充実しています。

PCはもちろん、その他のデバイスからも確認作業や操作が可能です。

いつでもどこでもアクセスして管理したい方におすすめです。

・こんな人には向かない

有料サービスのため、当然ですが月々の料金が発生します。

導入を検討する場合、まず30日間無料トライアルから試してみてはいかがでしょうか。

 

プロジェクト管理ツールを使う主なメリット

プロジェクト管理ツールの主なメリットについて深掘りしていきます。

 

プロジェクト管理そのもの効率化

プロジェクトには複数の部署や企業との連携が発生します。

プロジェクト管理ツールを使用することで、それぞれの担当者との進捗確認や情報共有を密に行うことが可能となり、プロジェクト管理作業そのものが捗ります。

容易に管理が行える分、そこに要した時間を他に充てることもできるのです。

 

チームメンバーとの情報可視化

プロジェクト達成までの過程では、メンバー同士の方向性の具現化が重要です。

それぞれ異なる業務を効率良くゴールに導くためには日々の作業内容を可視化して行うことで、進捗状況の軌道修正や提案が適宜できます。

 

ビジネス展開やPDCAフローの短縮化

プロジェクトは始まりから終わりまでのプロセスをPDCAサイクルに沿って進行します。プロジェクトを完遂させるためには、このPDCAサイクルのアクションが欠かせません。

プロジェクト管理ツールを導入することでPDCAサイクルの可視化が可能なため、全体の流れまで把握することができます。

業務完遂までの時間も短縮化でき、業務に携わるスタッフのモチベーション維持にもつながります。

 

リスクマネジメントをしやすく

的確な管理がされたプロジェクトは順調に進みますが、入念に計画されたプロジェクトにもリスクは必ず存在します。

プロジェクト管理ツールを利用することで、プロジェクトに影響し得る不確実な事象を予測でき、トラブルを未然に防ぎ対策に講じることができます。

 

失敗のないプロジェクト管理とは

プロジェクト管理ツールには、さまざまな機能が搭載されているため、自社の求める機能を選定しましょう。管理ツールを導入しただけで満足せず、目的を明確にして業務を遂行することが大切です。

特にプロジェクトで使用するツールやアプリケーションでは複数人が携わるため、情報漏洩を防ぐセキュリティ面での対策が大事です。適切な管理ツールを運用することで起こり得る問題や障害を防ぐことができ、効率的な業務展開が実現します。

 

【kyozon編集部おすすめ】人気のプロジェクト管理サービス

プロジェクト管理サービスを選ぶときは、業種や業務フローにマッチしたサービスを選択すると、さらなる生産性アップが見込めます。業務フローなどを見返して、最適なサービスを選択してみてください。

brick@建設業の業務改善をスムーズにするツール

brick@建設業の業務改善をスムーズにするツールロゴ
 内容
提供会社株式会社アイ・アクセス
料金プランFree:0円/月
Starter:9,900円/月
Business:39,900円/月
Enterprise:95,000円/月
※初期費用無料
無料トライアル
特徴
  • 情報の正確で確実な共有が手軽に可能
  • 入出金管理がリアルタイムで可能
  • 日々の入出金管理がそのまま支払処理につながる

「brick」は設計図など、ドキュメントの変更を更新通知で現場に知らせたり、工事情報と一緒にシェアして担当者に支払確認を取ったりなど、建設業界に特化した機能が豊富な業務改善ツールです。さまざまな業務アプリと連携しており、「brick」を介してすべての業務フローの見える化・効率化を実現します。

登録した受注案件、発注・支払情報は、会計ソフトに取り込んでファイル出力ができるため、受発注管理・収支管理から会計処理まで、ワンストップで行うことができます。

\ サービスの詳細もこちらから /
資料請求・口コミはこちら
 

Brushup

Brushupロゴ
 内容
提供会社株式会社Brushup
料金プランエントリープラン:0円
ライトプラン:1,298円(税込)
スタンダードプラン:1,694円(税込)
エンタープライズプラン:要問い合わせ
※年間契約料金
※初期費用無料
無料トライアル
特徴
  • 様々な種類のファイルをブラウザ、アプリ上でチェック可能
  • 豊富なプロジェクト管理機能
  • 他サービスとの連携可能

Brushup はデザイン、ドキュメント、動画など、さまざまな制作物に対して、ウェブブラウザやアプリ上でフィードバックができるレビューツールです。すべての工程をブラウザ上で行うため、ファイルをダウンロードしたり、専用ソフトを用意する必要がありません。

また、手書きやコメントによる制作物へのフィードバックは、各制作物ごとに1つのタイムラインで行うことができるため、チャットやメールのようにやりとりが埋もれる心配がないのもメリットの一つです。

初めてでも操作しやすい
初めてでも操作しやすい
外部のデザイナーさんとこのツールでやり取りしたことがあります。印象としては凄い使いやすいし伝えやすいツールだと思いました。おススメできるツールです。
もっと見る
  • 業種:マスコミ
  • 会社名:-
  • 従業員規模:11〜30人
  • 部署:マーケティング部
  • 役職:部長・課長クラス
\ サービスの詳細もこちらから /
資料請求・口コミはこちら
 

まとめ

ここまでプロジェクト管理ツールについて詳しく解説してきました。リモートワークやテレワークの普及により、プロジェクト管理ツールの需要が増加しています。

またビジネスの複雑化や多様化が進んだ影響で、手探りのコミュニケーションでは業務が網羅できない時代になっています。そこで登場したプロジェクト管理ツールを上手く活用することで、一歩先を見据えたビジネス展開が行えるでしょう。

まだプロジェクト管理ツールを導入していない企業様や個人の方は、ぜひこの記事を読んで検討していただけると幸いです。

 

プロジェクト管理関連のサービスを
無料で資料請求!

プロジェクト管理関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

プロジェクト管理に関連するサービス

プロカン

プロカン

全体評価
3.9
レビュー
3件
時代遅れのプロジェクト管理に苦しむ前に。電帳法・インボイス対応

サービスの特長

  • 見やすいダッシュボードで経営の見える化がカンタン
  • 承認ワークフローをクラウドでデジタル決裁管理
  • 直感的なUIで操作がカンタン

アラームボックスパワーサーチ

アラームボックスパワーサーチ

全体評価
3.9
レビュー
3件
新規取引先の調査であなたの力になる

サービスの特長

  • 難しい決算書を読む必要無し!与信情報を分かりやすく提供!
  • 調査結果には担当者からの助言コメント付き!与信判断の参考に。
  • ワンコインで反社チェックも!与信調査以外もお任せください!
プロジェクト管理関連のサービスを
まとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む