法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

アウトソーシングとは?自社に導入する際のポイントやメリットを紹介

投稿日:2023年3月8日 /

更新日:2024年2月29日

アウトソーシングとは?自社に導入する際のポイントやメリットを紹介
● アウトソーシング● 業務プロセス効率化● 業務自動化

現代ビジネスにおけるアウトソーシングの重要性は、日に日に高まっています。本記事では、以下について解説します。

・アウトソーシングの基本
・アウトソーシンを活用するメリット
・適用すべき業務や導入時のポイント

ビジネスの外部委託を考えている方は、ぜひご覧ください。

アウトソーシング関連のサービスを
無料で資料請求!

アウトソーシング関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

アウトソーシングとは

アウトソーシングイメージ

アウトソーシングは、企業が自社の業務の一部を外部に委託することを指します。このプロセスを通じて、企業はコスト削減、効率性の向上がが図れるほか、特定の専門知識が必要な業務を外部の専門家に任せることができます。アウトソーシングには様々な形態があり、その選択は企業の戦略や目的によって異なります。

アウトソーシングと人材派遣の違い

アウトソーシングと人材派遣は混同されがちですが、根本的な違いがあります。アウトソーシングでは、特定の業務やプロジェクト全体が外部に委託されます。これに対し、人材派遣は、特定のスキルを持った労働者を一時的に企業に提供することを指します。

アウトソーシングは業務プロセス全体を外部企業が担うため、結果に対する責任も外部企業が負います。一方で人材派遣では、派遣された労働者の管理や業務の質は、依頼した企業が監督する必要があります。

アウトソーシングとクラウドソーシングの違い

アウトソーシングとクラウドソーシングは、共に外部のリソースを活用する点では似ていますが、そのアプローチに大きな違いがあります。アウトソーシングが特定の企業に業務を委託するのに対し、クラウドソーシングは不特定多数の個人や企業から解決策を募る手法を取っています。

クラウドソーシングはインターネットを活用して広範なスキルセットやアイデアを集めることが可能で、特に創造的な解決策や革新的なアイデアを求める場合に有効です。一方でアウトソーシングは、確立された業務プロセスや特定の専門知識を必要とする業務に最適です。企業のニーズに応じて、これらの手法を適切に選択し、活用することが重要です。

アウトソーシングの形態とその違い

アウトソーシングには様々な形態があり、それぞれが持つ特徴と適用範囲が異なります。主にBPO、KPO、IPOなどが挙げられ、目的に応じて選択することが重要です。ここからは、それぞれの形態の違いと、ビジネスにおける適用例を解説します。

BPO

BPO(Business Process Outsourcing)は、企業がバックオフィス業務を中心に外部の専門業者へ委託することで、コスト削減や効率化を図るアウトソーシングの形態です。

人事、経理、顧客対応といった管理業務や、コールセンター、データ入力作業などの繰り返し行われる業務がBPOの対象になります。これらの業務は企業のコア業務ではないため、外部に委託することで、企業はコア業務により多くのリソースを集中させることが可能になります。

BPOを利用する最大のメリットは、コスト削減と業務効率の向上です。外部の専門業者は、特定の業務を効率的に処理するための技術やノウハウを持っており、企業はその専門性を活用することで、業務の質を維持しつつコストを削減することができます。

KPO

KPO(Knowledge Process Outsourcing)は、より専門的知識や高度な分析を要する業務を外部のサービスプロバイダーに委託する形態です。

リサーチ、市場分析、法律相談、財務分析などの知識集約型の業務が典型的な例です。KPOはBPOよりも高度なスキルや専門知識を必要とするため、委託する業務の内容はより複雑であり、一般的にはその価値も高いとされています。

KPOを活用することで、企業は専門知識を持つ人材を内部に持たなくても、必要な時に高度な分析や意思決定をサポートする情報を得ることができます。これにより、企業は競争優位性を高めることが可能になるだけでなく、研究開発や戦略立案などの重要な業務に注力できるようになります。

ITO

ITO(Information Technology Outsourcing)は、企業が情報技術関連のサービスを外部の専門業者に委託する形態です。コスト削減、効率化、技術力の向上など、多くのメリットを享受することが可能になりますが、特にIT分野の急速な進化に対応するため、専門知識を持つ外部の業者に業務を委託する企業が増えています。

ITOは主にソフトウェア開発、システムの運用管理、ITインフラの構築といった情報技術関連の業務を外部のサービスプロバイダに委託することを指します。このアプローチにより、企業はIT分野での高度な専門知識を持つ人材を内部で常に抱える必要がなくなり、コスト効率の良い運営が可能になります。

アウトソーシングの需要が高まっている背景

アウトソーシングの需要が増加しているのは、慢性的な人材不足や市場競争の激化、事業の多角化といった複数の要因によるものです。企業はこれらの課題に対応するため、効率的かつコスト効果的な解決策としてアウトソーシングに目を向けています。

慢性的な人材不足

多くの業界で見られる慢性的な人材不足は、企業がアウトソーシングを検討する主要な理由の1つです。特に専門技術や高度な知識を要する分野では、適切な人材を内部で確保することが困難になっています。アウトソーシングによって、企業は必要なスキルを持つ人材を柔軟に、かつ迅速に確保することが可能になります。これにより、プロジェクトの遅延を防ぎ、競争力の維持や向上が期待できます。

さらに、アウトソーシングは固定費用の変動費化を可能にし、人件費の削減にも寄与します。特に中小企業では、限られたリソースの中で最大限の成果を出すためにアウトソーシングが重要な戦略となります。経営資源の効率的な配分により、企業はより柔軟な事業運営が可能となり、変化する市場環境に迅速に対応できるようになります。

市場競争の激化や事業の多角化

競争が激化する市場では、企業はコスト削減、効率化、そしてイノベーションの実現を求められます。アウトソーシングは、これらの要求に対応するための有効な手段を提供します。特に、新しい技術やサービスの開発を外部の専門企業に委託することで、リスクを分散し、開発期間の短縮やコスト削減が可能になります。

また、事業の多角化に伴い、企業は自社の中核となる分野以外においても競争力を保持する必要があります。アウトソーシングを活用することで、企業はコア事業に集中する一方で、他の分野でのサービス品質も維持または向上させることができます。これにより、全体としての企業価値の向上を目指すことができます。

アウトソーシングを活用するメリット

アウトソーシングイメージ

アウトソーシングを活用することで、企業はコスト削減、専門的なスキルの獲得、コア業務への集中という重要なメリットを享受できます。これらの利点は、企業が市場での競争力を高めるための重要な要素となり得ます。

人件費や固定費のコストを削減できる

企業が業務を外部に委託することにより、内部でその業務を遂行するために必要とされる人員や設備投資を削減できます。特に、非コア業務をアウトソーシングすることにより、企業はその資源をより生産的な用途に再配分できるようになります。

また、アウトソーシングは業務の需要が変動する場合に特に有効です。企業は必要に応じてサービスをスケールアップまたはスケールダウンできるため、変動する業務量に柔軟に対応できるようになります。これにより、過剰な人員や設備を持つことなく、コストを効果的に管理することが可能になります。

専門的なスキルを投入できる

アウトソーシングは、企業が自社内にはない専門的なスキルや知識を必要とする場合に特に価値があります。多くのアウトソーシング業者は特定の分野において高度な専門知識を有しており、その知識を企業が活用できます。これにより、企業は新しい市場機会を迅速に捉え、競争上の優位性を確立できる可能性が出てきます。

さらに、専門的なスキルを持つ人材を内部で育成または採用するコストと時間を節約できます。アウトソーシングを通じて、企業はプロジェクトの立ち上げから実施、完了までの時間を短縮できる利点もあります。

コア業務に集中できる

アウトソーシングは、企業がコア業務に集中するための重要な手段です。非コア業務を外部に委託することで、企業は自社の主要な強みや競争力のある分野により多くの時間とリソースを割り当てることができます。これにより、企業は長期的な成長戦略を推進し、持続可能な競争優位を構築することが可能になります。

また、コア業務への集中は、イノベーションと効率の向上を促進します。アウトソーシングの有効活用により、企業は新しいアイデアの生成、製品開発、市場戦略の精緻化により多くの時間を費やすことができるため、より迅速に市場の変化に対応し、顧客のニーズを満たすことができます。

アウトソーシングのデメリット

アウトソーシングには多くのメリットがありますが、同時にいくつかのデメリットも伴います。特に、社内ノウハウの不足、予期せぬコストの発生、機密情報の漏洩リスクなどが挙げられます。ここからはアウトソーシングの活用において、生じる可能性のあるデメリットについて解説します。

社内ノウハウが蓄積されない

アウトソーシングによって、企業は特定の業務を外部の専門家に任せることができますが、それにより社内でのノウハウや技術の蓄積が阻害される可能性があります。特に長期にわたって業務を外部委託し続ける場合、内部での専門知識や技能の発展が停滞し、将来的に自社で業務を遂行する能力が低下する恐れがあります。

アウトソーシングを利用する際には、社内での知識共有やスキルアップの機会を積極的に設けることが重要です。例えば、外部からのフィードバックや報告を社内の研修材料として利用する、定期的なワークショップを開催して社内の技術レベルを向上させるなどの取り組みが考えられるでしょう。

必要以上のコストが発生してしまう可能性がある

アウトソーシングの目的の1つはコストの削減ですが、管理が不十分な場合や契約内容を正確に理解していない場合、予期せぬ追加費用が発生するリスクがあります。特に、サービスレベルの合意が曖昧であったり、変更が頻繁に発生するプロジェクトでは、見積もりを超えるコストがかかるケースも少なくありません。

このようなリスクを避けるためには、契約前にサービス提供者との間で詳細な条件を明確にすることが重要です。また、定期的なレビューを行い、プロジェクトの進行状況やコストの状況を共有することで、コストのコントロールを効果的に行うことができます。

機密情報が漏洩するリスクが生じる

アウトソーシングを利用する際には、業務上の機密情報を外部の業者に共有する必要があるため、情報漏洩のリスクが高まる可能性があります。特に、個人情報や企業の戦略的な情報が外部に漏れることは、企業の信頼性や競争力に大きな損害を与える可能性があります。

このリスクを最小限に抑えるためには、アウトソーシング先の選定に際して、そのセキュリティ対策や守秘義務の厳格さを十分に評価することが重要です。また、契約書には明確な機密保持条項を設け、定期的なセキュリティ監査や情報管理のレビューを行うことで、情報の安全を確保する必要があります。

アウトソーシングを導入する際のポイント

アウトソーシングイメージ

アウトソーシングを成功させるためには、事前の計画と準備が不可欠です。解消したい課題の明確化、アウトソーシングの目的と範囲の設定、そして結果に対する評価の実施と適正化の継続が、その鍵を握ります。

解消したい課題を明確にする

アウトソーシングの最初のステップは、解消したい課題を明確にすることです。企業がアウトソーシングを検討する背景には、人材不足、コスト削減の必要性、特定の専門知識の不足など、さまざまな課題が存在します。これらの課題を正確に把握し、アウトソーシングによってどのような問題解決を目指すのかを明確に定義する必要があります。

具体的な課題を特定することで、アウトソーシングの目標が明確になり、適切な依頼先の選定や契約内容の詳細化ができるようになります。また、期待する成果を明確にすることで、アウトソーシングの効果を後から評価する基準も設定できます。

アウトソーシングの目的と範囲を決める

アウトソーシングを行う目的と範囲を決定することは、プロジェクトの成功に不可欠です。目的が明確であればあるほど、サービス提供者とのコミュニケーションがスムーズになり、必要なサービスレベルや成果物の質を正確に伝えることができます。

範囲を決める際には、アウトソーシングする業務の詳細、期間、期待される成果のレベルなどを具体的に定義する必要があります。特に社内の人員との協力も重要になり、アウトソーシングによって内部で発生する変化についても考慮する必要があります。

結果に対する評価をおこない適正化していく

アウトソーシングの導入後は、結果に対する定期的な評価が不可欠です。これにより、アウトソーシングの効果を客観的に測定し、期待された成果が得られているかを確認できます。評価をする際には、コスト削減、業務の効率化、品質の向上など、アウトソーシングの目的に沿った指標を用いることが重要です。

評価結果に対して、アウトソーシングの戦略や範囲の適正化を行います。期待した成果が得られなかった場合は、原因を分析し、改善策を講じる必要があります。また、市場環境の変化や企業の成長に伴い、アウトソーシングの目的や範囲を見直すことも大切です。

アウトソーシングに向いている業務

アウトソーシングイメージ

アウトソーシングを成功させるためには、どの業務を外部に委託するかを慎重に選択することが重要です。特にIT関連業務、人事業務、バックオフィス業務、問い合わせ対応業務はアウトソーシングに向いているとされており、これらの業務を外部に委託することで、コスト削減や効率化、専門性の向上などのメリットを享受できます。

IT関連業務

IT関連業務は、その専門性の高さと急速な技術進化により、アウトソーシングに適しています。特にシステム開発、保守、運用などは外部の専門企業に委託することで、最新の技術を活用した効率的なサービス提供が可能になります。

アウトソーシングを通じて、企業はIT分野の最新トレンドに即応し、高度な技術力を持つ専門家の知見を活用できます。これにより、自社で専門スタッフを雇用するコストを削減しつつ、ITインフラの安定性とセキュリティを確保できるというメリットがあります。また、外部サービスプロバイダーは多様な業界のクライアントとの経験を持っているため、ベストプラクティスの共有が期待でき、業務の質向上が可能になります。

人事業務

人事業務のアウトソーシングは、採用活動、給与計算、従業員研修など、人材管理に関わる広範囲な業務を対象として良いでしょう。これらの業務を外部に委託することで、企業は人材管理の効率化と専門性の強化を図ることができます。特に、人事業務はルーチンワークも多く、社内リソースを大量に消費する傾向にあります。

アウトソーシングによってこれらの業務を効率化することで、社内の人的リソースをより戦略的な業務に集中させることが可能になります。さらに、人事業務の専門企業は、最新の採用トレンドや労働法規に精通しているため、コンプライアンスリスクを低減し、企業が最適な人材を確保し維持するためのサポートを受けられます。

バックオフィス業務

バックオフィス業務には、会計、財務、文書管理などの内部運営に必要なサポート業務が含まれます。これらの業務は企業運営に不可欠なものである一方、直接収益に貢献するわけではないため、アウトソーシングによる効率化を進めると良いでしょう。

特に小規模企業やスタートアップでは、限られたリソースをより重要な業務に集中させる必要があります。外部の専門企業にこれらの業務を委託することで、企業はコア業務に注力し、成長を加速させることができます。また、専門企業による最新の技術と知識の活用は、業務プロセスの質向上にも寄与します。

問い合わせ対応業務

問い合わせ対応業務は、顧客からのさまざまな問い合わせに対応する業務で、顧客満足度の向上に直結する重要な業務です。アウトソーシングを活用することで、24時間体制での対応や多言語でのサポートなど、顧客サービスの質を大幅に向上させることが可能になります。

特にグローバルな事業展開をしたい企業にとって、多言語での対応能力は顧客満足度を高める上で非常に重要です。また、専門企業は最新の顧客対応技術やトレンドに精通しているため、企業は最適な顧客体験を提供することができます。さらに、問い合わせ対応のデータ分析を通じて、顧客ニーズの理解を深め、サービス改善のための貴重なインサイトを得ることも可能です。

【kyozon編集部おすすめ】アウトソーシングの人気サービス

アウトソーシング業界には多種多様なサービスが存在しますが、ここでは特に信頼と実績を兼ね備えたサービスを紹介します。各サービスはそれぞれの専門領域に特化しており、業務効率化を図る上で大きな力となるでしょう。

SUPPORT+iA

社内リソースをコア業務に

導入をおすすめする企業の例
・経理業務をアウトソーシングしたい
・採用にコストをかけたくない
・さまざまな業界に対応できるサービスを使いたい

SUPPORT+iA(サポーティア)は、庶務、財務、経理、人事・労務、総務などのバックオフィス業務をトータルで支援するサービスです。30名以上の公認会計士や税理士などの専門家による監修・運営があり、品質の高さと手戻りの少なさが特徴です。

オンラインで完結することが多い現代の業務スタイルに対応しつつ、必要に応じてオフラインでのサポートも受けられます。利用者の98%がサービス継続を決めるほどの高い満足度を誇る質の高いサービスを手軽に利用できるため、特に過去にオンラインアシスタントサービスに満足できなかった企業におすすめです。

バックオフィスのシステム構築化が可能
バックオフィスのシステム構築化が可能
レビュー内容このシステムを導入されることで総務や労務といったことにオンラインでフォローをして頂ける体制が構築でき、また弊社のバックオフィスの問題点や改善点などの提案を頂けております。サポートをして頂ける方が専門知識や資格を保有している方々ばかりなので弊社のバックオフィス業務を担当する人間の教育といったこともして頂けるので、とても安心して働ける環境づくりに一役買っていただいております。
もっと見る
  • 業種:エネルギー / 環境 / リサイクル系
  • 会社名:株式会社サニックス
  • 従業員規模:101〜300人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職:係長・主任クラス

資料請求もこちらから  「SUPPORT+iA」の
詳細はこちら

アラームボックスパワーサーチ

アラームボックスパワーサーチ

新規取引先の与信調査

導入をおすすめする企業の例
・新規開拓に注力している
・与信調査業務を効率化したい
・専任の担当者からアドバイスを受けたい

アラームボックスパワーサーチは、新規取引先選定や与信審査の際、企業調査を容易にし、与信管理の品質を向上させます。500万社以上の広範なデータベースを活用し、専門的な知識がなくても、誰でも簡単に重要な情報を収集・分析できるように設計されています。

特に決算書や報告書の複雑な分析を必要とせず、インターネット上で容易に入手可能な情報を基に、AIと専任調査担当者による明確なアドバイスとともに、与信判断の支援が受けられます。さらに、追加料金なしで反社チェックも可能であり、調査結果は最短数秒で提供されるため、迅速かつ効率的な決定が可能になります。

契約する企業の健全性がすぐに確認できる
契約する企業の健全性がすぐに確認できる
レビュー内容アラームボックスパワーサーチを使用すれば簡単に反社チェック、コンプライアンスチェックが可能となります。対象企業情報を入力すれば、上記のような問題があるかどうかのフィルタリングをすぐに行ってくれます。その精度もかなり信頼できます。こういったサービスはコンプライアンスの重要性がさけばれている時代に大変ありがたいです。
もっと見る
  • 業種:エネルギー / 環境 / リサイクル系
  • 会社名:株式会社サニックス
  • 従業員規模:101〜300人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職:一般社員・職員

安心感を持てる
安心感を持てる
レビュー内容取引開始前与信判断材料で、これを利用してみて、一番の魅力は大手調査会社で情報提供してない会社、事業規模が小さい企業についてもスピーディーに情報を提供してくれる点です。そしてレポートに機械的に集められてきた情報以外に調査を担当された人のコメントがついており、判断材料として活用しやすいです。
もっと見る
  • 業種:IT / 通信 / インターネット系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:31〜100人
  • 部署:経営企画部門
  • 役職:部長・課長クラス

クラプロ

クラプロ

専属のマーケティングチームを提供

導入をおすすめする企業の例
・マーケティングを強化したい
・ノウハウや制作物を自社に蓄積したい
・コストを抑えたアウトソーシングがしたい

クラプロでは、自社の専属マーケティングチームの提供を受けることができ、戦略立案から実行、PDCAサイクルまで一貫してサポートしてもらえます。これにより、効率的に成果を上げる仕組みを構築し、マーケティングの全体像を把握することが可能です。また、提供されるすべての制作物や蓄積されたノウハウは納品されるため、アウトソーシング導入後の内製化にも適しています。

Web制作、動画制作、広告運用、SNS運用などで専門分野のプロフェッショナルたちがチームを組むことで、人材採用のリスクや外部委託の手間を大幅に削減し、課題解決に向けて低リスクかつ効果的な施策を進められます。

資料請求もこちらから  「クラプロ」の
詳細はこちら

アウトソーシングに関するよくある質問

アウトソーシングは多くの企業にとって重要な戦略ですが、適切な知識と理解が不可欠です。ここでは、アウトソーシングの合法性、アウトソーシング系企業の役割、そしてアウトソーシング業界の平均年収に関する一般的な疑問について解説します。

アウトソーシングが違法になるケースはありますか?

アウトソーシングはビジネス運営において効率化とコスト削減をもたらす有効な手段ですが、主に、労働法違反や契約法の不遵守などによって違法となってしまうケースもあります。

例えば、アウトソーシング先が最低賃金を下回る報酬で労働者に仕事をさせている場合や、適切な労働条件を提供していない場合、これらは法律に違反する可能性があります。また、秘密保持契約や競業避止契約の違反も、アウトソーシングが違法と見なされる原因になります。アウトソーシング先を選定する際には、その企業が労働法規や業界の基準を守っているかを確認し、長期的なパートナーシップを築くためにも信頼できる企業を選ひましょう。

アウトソーシング系企業とはなんですか?

アウトソーシング系企業とは、他の企業から特定の業務プロセスやサービスの遂行を委託される企業のことを指します。これらの企業は、情報技術(IT)、人事、財務会計、顧客サービスなど、特定の専門分野に焦点を当てたサービスを提供しています。

アウトソーシング系企業の選定にあたっては、提供されるサービスの質、コスト効率、および信頼性が重要な判断基準となります。信頼できるアウトソーシングパートナーを選ぶことで、企業は成長を加速し、業務の質を向上させることができます。

アウトソーシング業の平均年収はどれくらいですか?

アウトソーシング業界の平均年収は、職種や専門分野、地域によって大きく異なります。ITや財務会計、人事などの専門分野では、高度な技術や知識が求められるため、比較的高い報酬を得ることが可能です。一方で、エントリーレベルのポジションや一般的な顧客サービスの職種では、年収は業界平均を下回ることもあります。

まとめ

アウトソーシングは、企業が特定の業務やプロジェクトを外部に委託することにより、コスト削減、効率化、そして専門知識の活用など多くのメリットを享受できる手法です。

アウトソーシングの適用範囲は広く、ITサービス、カスタマーサポート、人事管理など多岐にわたります。その選択にあたっては、業務の特性を理解し、外部委託によるリスクとメリットを丁寧に評価することが重要です。また、アウトソーシングが違法になるケースを避けるためにも、契約内容の確認と法令遵守は欠かせません。

アウトソーシング先となる企業を選定する際には、その企業の専門性、実績、そしてコミュニケーション能力を重視し、長期的なパートナーシップを視野に入れることが求められます。

アウトソーシング関連のサービスを
無料で資料請求!

アウトソーシング関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

アウトソーシングに関連するサービス

Salesforce Sales Cloud

Salesforce Sales Cloud

全体評価
4
レビュー
22件
世界15万社以上が利用する世界No.1の営業ソリューション

サービスの特長

  • 顧客情報や商談、活動の管理を一元化し、チームで成果を上げられる営業組織へ
  • レポート・ダッシュボードでデータドリブンな営業を実現
  • CRMのためのAI・Einsteinがさらなる効率化をサポート

SNSキャンペーンツール キャンつく

オンライン通訳のOCiETe(オシエテ)

オンライン通訳のOCiETe(オシエテ)

全体評価
4.8
レビュー
1件
1時間から依頼できるオンライン通訳

サービスの特長

  • 1時間から!商談やセミナーなど、様々なシーンに合わせて利用可能
  • 必要なのはweb環境のみ。御社のweb会議に通訳者が同席します。
  • 無料事前面談可能!御社にマッチした通訳者に依頼できます!
アウトソーシング関連のサービスを
まとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む