法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

なぜ仕事効率化ツールが必要?ツールを目的別に20個紹介!

投稿日:2023年2月21日 /

更新日:2023年7月27日

なぜ仕事効率化ツールが必要?ツールを目的別に20個紹介!
● 働き方改革● 業務効率化

仕事効率化ツールは、従来の働き方を大きく改善できるツールとして知られています。
最近では働き方改革を促進している企業も多いため、仕事効率化ツールの導入を考えている経営者も増えているのではないでしょうか。

しかし、種類がたくさんあったり、難しい印象があったりするので、どれを選んだら良いか迷うのではないでしょうか。

そこで今回の記事は、仕事効率化に役立つツールを目的別に分けて20個紹介します。
他にもツールの種類や選び方も解説してますので、業務改善していきたいと考えている方は、ぜひ読み進めてみてください。

働き方改革関連のサービスを無料で資料請求!

働き方改革関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

個人でも仕事効率化ツールを導入するメリット

仕事効率化ツールを導入するメリット

まず、ここでは仕事効率化ツールのメリットを3つ解説します。

  1. 業務のムダを削減できる
  2. プライベートを充実できる
  3. 生産性を向上できる

1つずつ順番にみていきましょう。

 

業務のムダを削減できる

仕事効率化ツールを導入すると、不要な業務を削ることができるので、コスト削減につながります。

例えば、コピー代や輸送費といった金銭的コストや、時間的コストを減らせます。他にも、仕事効率化ツールは操作性に優れているものが多いので、社員研修の費用や教育費用なども不要です。

さらに、ツールを導入すれば業務量を減らせるので人件費も従来より削減できます。

 

プライベートを充実できる

仕事を効率よくこなせれば労働時間も短縮でき、プライベートの時間も充実します。

日本では残業が当たり前でしたが、仕事とプライベートを両立させたい考えが広がっています。従来は、残業しても残業代を支給されなかったり、休日出勤したりと休みにくい状態が続いていました。

しかし、従来の働き方を継続した場合は退職者が増えていき、人手不足になっていくでしょう。今後は業務を効率化し、従業員1人1人が働きやすいと感じられる環境を構築し、会社の成長に結びつける努力が必要です。

 

生産性を向上できる

仕事効率化ツールは、抱えきれないほどの業務量やハードなスケジュールを委ねることができます。特に単調な作業は、ツールに任せればやるべき業務に集中できるでしょう。

他にも、仕事効率化ツールは人為的なミスを減らしたり、従業員のパフォーマンスを向上できたりと、生産性を上げるために非常に役立つツールです。

資料を今すぐ無料ダウンロード!

働き方改革関連のサービスを無料で資料請求!

働き方改革関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

 

業務効率化ツールの種類

業務効率化ツールの種類

ここでは業務効率化ツールの種類を詳しくみていきましょう。

仕事効率化ツールは主に5つあります。

  1. コミュニケーションツール
  2. タスク管理ツール
  3. ペーパーレス化ツール
  4. 名刺管理ツール
  5. RPAツール

1つずつ順番に解説していきます。

 

コミュニケーションツール

コミュニケーションツールとは、業務で発生する書類作成や上司への相談を簡単にできるツールです。例えば、チャットツールはメールよりも早いレスポンスが可能であるため、コミュニケーションに時間がかかりません。

他にもメッセージのやりとりはもちろん、スタンプ機能を使えば数秒で完了するため、コミュニケーションを円滑にできます。また、チャットツールは社内だけでなく、リモートワーカーの方も活用しているので報連相をスムーズに行えるでしょう。

 

タスク管理ツール

タスク管理ツールは、チームでタスクを共有できるため、上司に業務の進捗確認など細かい報告の手間を省けます。また、自分でもどの業務をいつまでにやるべきなのか、スケジュールを入れられるため、余裕を持って業務を完了できます。

タスク管理ツールは納期が近づいた場合、メンバーのタスクも確認できるので、業務の偏りを減らすのに役立ちます。

 

ペーパーレス化ツール

ペーパーレス化ツールは、今まで紙で実施されていた業務を減らし、クラウド上に保存するツールです。そのため安全面やスピード面、コスト削減において注目されています。

例えば、紙で保存する場合は保存場所を用意したり、書類を探したりする手間が発生するので非効率といえるでしょう。しかし、ペーパレス化ツールを導入すれば探したい書類も検索機能で探せるため、作業効率化に繋がります。

 

名刺管理ツール

名刺管理ツールは、名刺を個人で管理せずに社内で一元管理するためのツールです。従来は、名刺が増えればファイリングしたり保管スペースを用意したりする必要があり、非効率な方法を取らざるを得ない状況でした。

名刺管理ツールは、OCR機能を使って自動的に名刺を読み取り、クラウド上に保存できます。読み取った顧客情報は社内全体で共有できるため、顧客サポートなどに役立ちます。

 

RPAツール

RPAとは「Robotic Process Automation」の略語です。RPAは、事務作業やデータ処理などの一連の業務を自動化できるツールのため、業務量を減らせます。

RPAツールによって生み出された時間は、より注力するべき作業に集中できるため、業務を効率化でき、さらに生産性の向上を期待できます。

 

仕事効率化ツールの選定ポイント

仕事効率化ツールの選定ポイント

ここでは仕事効率化ツールを選ぶときに注目するべきポイントを3つ解説いたします。

  1. 無料期間があるか
  2. サポート体制は整っているか
  3. 操作性に優れているか

1つずつ順番にみていきましょう。

 

無料期間があるか

まず、導入を検討しているツールは、無料期間があるのか確認しましょう。なぜなら新しいツールは、いきなり使うことに抵抗のある社員もいたり、操作に慣れていないと使わなくなったりするからです。

管理者側は社員にツール導入を検討していることをしっかり伝えるのが重要です。場合によっては、説明会を開催したり、無料ツールに触れてもらったりして社員に納得してもらってから導入を検討しましょう。

 

サポート体制は整っているか

新しいツールを導入するときは、サポート体制が整っているのかも重要なポイントです。

例えば、確認事項としては次のような項目です。

  • 営業時間
  • 緊急時の連絡先
  • メールやチャット、電話でのサポートの有無
  • 緊急時は来てもらえるのか

以上を確認しておきましょう。

 

操作性に優れているか

ツールを導入するときは、簡単に操作できそうなものを選びましょう。使い方が複雑だと浸透するまでに時間がかかります。また、操作する社員のストレスも蓄積されやすいので、作業の効率化を期待できません。

新しいツールは、社員が操作しやすく、簡単に使えそうだと思えるようなデザインを整えたツールを重視してみましょう。

資料を今すぐ無料ダウンロード!

働き方改革関連のサービスを無料で資料請求!

働き方改革関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

 

無料版もあり!おすすめ業務効率化ツール20選【目的別】

おすすめ業務効率化ツール20選【目的別】

ここでは、仕事効率化のためにおすすめのツールを紹介していきます。なお、今回は目的別に合計で20個紹介していきますので、参考にしてみてください。

 

コミュニケーションツール

1.チャットワーク

チャットワークは、チャットや音声通話などを利用できるツールです。他にもファイル共有機能やタスク管理機能も備えているため、仕事効率化に役立つでしょう。

パソコンとスマートフォンどちらでも使えるため、リモートワーク中の方も使っているツールです。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・ビジネス/600円
・エンタープライズ/960円

年間料金

・ビジネス/500円
・エンタープライズ/800円

無料トライアル

あり(1ヶ月)

主な機能

・タスク管理機能
・ビデオ通話機能
・チャット機能
・ファイル共有機能

公式サイト

https://go.chatwork.com/ja/

 

2.Slack(スラック)

Slackは世界中で人気のビジネスチャットツールですが、ビデオ通話も利用できるので会議でも使われます。画面共有もできるので、コミュニケーションを円滑にしながら会議を進められるでしょう。他にもファイル共有機能を使い、メンバーに資料を共有できます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・プロ/1,050円
・ビジネスプラス/1,800円
・エンタープライズ/問い合わせ

年間料金

・プロ/925円
・ビジネスプラス/1,600円
・エンタープライズ/問い合わせ

無料トライアル

あり

主な機能

・ファイル共有機能
・チャット機能
・ナレッジ共有
・ビデオ通話

公式サイト

https://slack.com/intl/ja-jp/

 

3.Zoom(ズーム)

Zoomは、前述したSlackやChatworkと違い、ビデオ会議など対話に特化したツールです。1対1のビデオ会議であれば無料で使えますし、3人以上であれば最大40分無料で利用できます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・プロ/2,125円
・ビジネス/2,700円
・ビジネスプラス/3,125円

年間料金

・プロ/20,100円
・ビジネス/26,900円
・ビジネスプラス/31,250円

無料トライアル

あり

主な機能

・ビデオ会議
・メッセージ機能
・ホワイトボード機能
・チームチャット機能
・バーチャルミーティング

公式サイト

https://explore.zoom.us/ja/products/meetings/

 

タスク管理ツール

4.Aana(アサナ)

Asanaはチーム全体のタスク管理に役立つツールです。特徴はSlackやGoogleカレンダーなど、さまざまなアプリと連携できることです。また、スマートフォンにも対応しているため、場所を問わずどこでも最新情報をチェックできます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・Premium/1,475円
・Business/3,300円

年間料金

・Premium/1,200円
・Business/2,700円

無料トライアル

あり(30日間)

主な機能

・ボード機能
・リスト機能
・カレンダー
・レポート機能

公式サイト

https://asana.com/ja/japan

 

5.Backlog(バックログ)

Backlogはチームのタスクを管理でき、担当者や進捗状況も明確になるため、作業を滞りなく進めるのに役立つツールです。お知らせ機能もあり、担当者の割り当てやコメント機能、wikiの更新などを知らせてもらえます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

価格はすべて税込
・スタータープラン(2,970円)
・スタンダードプラン(17,600円)
・プレミアムプラン(29,700円)
・プラチナプラン(82,500円)

年間料金

価格はすべて税込
・スタータープラン(33,858円)
・スタンダードプラン(200,640円)
・プレミアムプラン(338,580円)
・プラチナプラン(940,500円)
★年間プランは5%割引

無料トライアル

あり(30日間)

主な機能

・プロジェクト管理
・課題管理
・バグ管理システム
・バージョン管理

公式サイト

https://backlog.com/ja/

 

6.Trello(トレロ)

Trelloはカード型のタスクを作り、付箋のように貼ったり剥がしたりして、視覚的にプロジェクトを管理できるツールです。

例えば「作業進行中」のタスクを作って貼り付け、完了したら剥がし、「完了タスク」に貼り付けていくイメージです。シンプルですがタスク管理を簡潔にできるので、ストレスなく確認できます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・スタンダード:6ドル
・プレミアム:12.5ドル
・エンタープライズ:210ドル

年間料金

・スタンダード:5ドル
・プレミアム:10ドル
・エンタープライズ:17.50ドル

無料トライアル

あり

主な機能

・プロジェクト管理
・タスク管理

公式サイト

https://trello.com/ja

 

7.Notion(ノーション)

Notionはメモやタスク管理、ドキュメントの管理など、さまざまツールを1つにまとめたアプリケーションです。Notionはカスタマイズ性に優れており、ドラッグ&ドロップするだけで簡単に操作できます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・プラス:10ドル
・ビジネス:18ドル
・エンタープライズ:要問い合わせ

年間料金

・プラス:8ドル
・ビジネス:15ドル
・エンタープライズ:要問い合わせ

無料トライアル

あり

主な機能

・ナレッジ機能
・wiki機能
・プロジェクト管理

公式サイト

https://www.notion.so/ja-jp

 

ペーパーレス化ツール

8.CLOUDSIGN(クラウドサイン)

CLOUDSIGNは契約締結に特化したペーパーレス化ツールです。従来は契約作業に数日かかっていましたが、導入するとわずか数分で完了できます。また、郵送代や紙代、インク代が発生しないため、コスト削減においても非常に役立つツールです。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・Light:11,000円/税込
・Corporate:30,800円/税込
・Enterprise:要問い合わせ

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

要問い合わせ

主な機能

・システム連携
・検索機能
・アラート機能
・リマインド機能

公式サイト

https://www.cloudsign.jp/

 

9.セキュアSAMBA

セキュアSAMBAは導入実績数が4,000社以上あり、ペーパーレス化を実現できるツールを提供しています。操作性に優れており、マニュアルを作ったり勉強会を実施したりしなくても簡単に運用できます。

また、外出先でもオンラインストレージ(容量)より、モバイル通信でデータを受け取れるため、印刷する必要はありません。紙代やインク代を節約でき、コスト削減に繋がります。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・スモール:15,000円
・スタンダード:25,000円
・ビジネス:35,000円

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

あり

主な機能

・文書管理機能
・全文検索機能
・ファイル共有

公式サイト

https://securesamba.com/

 

10.Xーpoint cloud(エックスポイントクラウド)

Xーpoint cloudは、高度で複雑な業務にも対応できる機能を備えたシステムです。さまざまな業務手続きを電子化できるので、ペーパーレス化を実現できます。

申請書の自動回付機能も備えており、手渡しする必要もなくなるので、効率化を期待できるでしょう。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

スタンダードのみ:500円×ユーザー数

年間料金

プリペイドのみ:475円×ユーザー数×12/年

無料トライアル

あり(30日間)

主な機能

・入力補助
・検索機能
・集計機能
・提出期限管理
・自動申請
・代理申請
・一括申請

公式サイト

https://www.atled.jp/xpoint_cloud/

 

11.Evernote(エバーノート)

Evernoteはテキストだけでなく画像や動画、PDFも保存できるため、印刷する手間を省けます。また、マルチデバイスに対応しているので、ブラウザだけでなくスマートフォンにも対応しています。

 

内容

初期費用

要問い合わせ

月額料金

要問い合わせ

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

あり

主な機能

・カレンダー機能
・同期機能
・検索機能
・タスク管理機能
・スケジュール管理

公式サイト

https://evernote.com/intl/jp

 

名刺管理ツール

12.Sansan(サンサン)

Sansanは、名刺管理機能と顧客管理機能も搭載している名刺管理ツールです。ユーザーが名刺を読み込む必要がないため、保存する手間を省けます。

名刺を全て読み込むことにより、組織ツリーや経歴情報を作成できるため、先方の情報を把握しやすくなります。

 

内容

初期費用

要問い合わせ

月額料金

要問い合わせ

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

要問い合わせ

主な機能

・顧客情報管理
・名刺管理
・メール署名取り込み
・人事異動通知機能

公式サイト

https://jp.sansan.com/

 

13.CAMCARD(キャムカード)

CAMCARDはOCR(文字認識)機能が搭載されているので、すぐに名刺をデータ化できるツールです。

OCRは90%以上の高い精度で名刺情報をデータ化できるため、従来のようにファイリングしたり保管スペースを用意したりする必要はありません。また、オペレーターがデータ補正するため、情報流出の心配もなく安心して利用できます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・STANDARD(1,700円/ID)
・PROFESSIONAL(2,500円/ID)

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

あり(10日間)

主な機能

・共有機能
・マルチデバイス対応
・簡易SFA
・外部連携
・オンライン名刺交換

公式サイト

https://www.camcard.jp/business/

 

14.Wantedly people(ウォンテドリーピープル)

Wantedly peopleは、すべて無料で使える名刺管理ツールです。名刺交換した相手が情報を更新すると、通知が届く仕組みになっています。なお、Wantedly peopleはアプリ内課金もなく無料でお得に利用できます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

無料

年間料金

無料

無料トライアル

あり

主な機能

・スマホ連絡先と同期
・データ移行
・Excelへの書き出し
・検索機能

公式サイト

https://people.wantedly.com/

 

15.Eight(エイト)

Eightはスマートフォンで名刺を撮影するだけで、クラウド上に保存できる名刺管理ツールです。相手もEightに登録していると、転職や昇進した場合に通知が届きます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・Eightプレミアム:600円

年間料金

・Eightプレミアム:6,000円

無料トライアル

あり

主な機能

・プロフィール自動生成
・名刺管理・検索機能
・オンライン名刺交換
・バーチャル背景

公式サイト

https://8card.net/

 

16.ちきゅう

ちきゅうはシンプルな管理画面であるため、幅広い年齢層の方に利用されています。直感的に「設定」「分析」「入力」ができるので複雑な操作はありません。従業員は本来やるべき業務に集中でき、業績向上につながるでしょう。

ちきゅうの口コミには、1週間かかっていた作業が15分にまで短縮できたとか、売上が200%向上したなど高評価です。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・スタンダード:29,800円
・プロ:49,800円
・エンタープライズ:98,000円

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

あり

主な機能

・顧客管理
・商談管理
・名刺管理
・グラフ作成
・外部ツール連携
・タスク管理
・レポート

公式サイト

https://chikyu.net/scansnap/

 

17.kintone(キントーン)

kintoneは、さまざまなアプリをkintoneの中に組み込むことにより、一元管理できるツールです。例えばExcel(エクセル)や、CSVファイルを読み込むだけで、すぐにアプリ化できるため、カスタマイズ性に優れています。

また、全文検索機能も備わっているので、アプリ内のワードはすべて検索でき、書類を探す手間を省けます。

 

内容

初期費用

なし

月額料金

・スタンダードコース:1,500円/ユーザー
・ライトコース:780円/ユーザー

年間料金

・スタンダードコース:17,640円/ユーザー
・ライトコース:9,170円/ユーザー

無料トライアル

あり(30日間)自動課金なし

主な機能

・プロジェクト管理
・ファイル管理
・売上管理
・勤怠管理

公式サイト

https://kintone.cybozu.co.jp/

 

RPAツール

18.WinActor(ウィンアクター)

WinActorはデザイン性に優れており、直感的に誰でもわかりやすく操作できるRPAツールです。また、さまざまなシステムと連携できるため、作業を効率化できます。

例えば、CRMツールと連携して利用者からの質問回答のメールを自動化し、作業時間を削減できるなど、業務効率化に役立つツールです。

 

内容

初期費用

要問い合わせ

月額料金

要問い合わせ

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

要問い合わせ

主な機能

・テキスト処理
・画像認識
・システム連携

公式サイト

https://winactor.biz/

 

19.BizRobo!(ビズロボ)

BizRobo!はRPAテクノロジーズが提供しているRPAです。主にアメリカのkofax社が開発しましたが、日本企業で使いやすいように日本語化し、細かい改良を実施しています。

また、BizRobo!は日々行っている業務をロボットに覚えさせているため生産性の向上も期待できます。

 

内容

初期費用

要問い合わせ

月額料金

要問い合わせ

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

あり

主な機能

・主要なロボットを開発
・多様なロボットを作成できる機能
・ロボットを管理する機能

公式サイト

https://rpa-technologies.com/products/first

 

20.Blue Prism(ブループリズム)

Blue Prismは、毎日のルーティン作業から重要な業務まで自動化できます。セキュリティが非常に高く、アクセス制限や改ざん防止など徹底していますので安心して利用できます。

 

内容

初期費用

要問い合わせ

月額料金

要問い合わせ

年間料金

要問い合わせ

無料トライアル

要問い合わせ

主な機能

・迅速な評価と開発
・業務効率化
・ユーザー体験を変革

公式サイト

https://www.blueprism.com/japan/

 

まとめ

仕事効率化ツールは、従来の働き方を改善できるツールです。

最近では働き方改革が促進されており、長時間労働を減らすためタスク管理も重要視されています。また、上司への進捗報告も口頭で実施する必要はなく、ツールを使えば一目で共有できます。

仕事効率化ツールを導入すれば、やらなくて良い業務を洗い出せるだけでなく、ムダを省けるので作業効率を上げられるでしょう。

業務の効率化を実現させるためには、ツールの導入を検討するだけでなく、サービス提供元に問い合わせたり、相談したりして本格的に導入を進めてみましょう。

働き方改革関連のサービスを無料で資料請求!

働き方改革関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

働き方改革に関連するサービス

ネンタメ(旧リファレンス・レター)

ネンタメ(旧リファレンス・レター)

全体評価
4.2
レビュー
2件
オンライン完結でいますぐ使えるリファレンスチェックサービス

サービスの特長

  • 月額1万円で使い放題、最低契約期間は1ヶ月から
  • 採用候補者について前職の上司や部下に確認。採用コスト削減へ
  • 反社チェックやバックグラウンドチェックも可能

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)

OFFICE DE YASAI(オフィスで野菜)

全体評価
4.4
レビュー
5件
100円で食べられる!冷蔵庫を『置くだけ』の健康社食

サービスの特長

  • 1品100円〜!お財布に優しい♪
  • 約80種の毎月替わる豊富なメニューラインナップ
  • 0円でカンタン導入

在席管理ツール せきなび

在席管理ツール せきなび

誰が、どこで、何をしているかひと目でわかる在席管理ツール

サービスの特長

  • 誰が、どこで、何をしているかひと目でわかる在席管理機能
  • 顔写真付きのプロフィール機能でコミュニケーションを活性化
  • 簡単でシンプルな操作性・カスタマーサポートの充実
働き方改革関連のサービスをまとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む