法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

出張管理システムおすすめ10選|タイプやメリット・選定時の確認ポイントを解説

投稿日:2023年6月2日 /

更新日:2024年3月20日

出張管理システムおすすめ10選|タイプやメリット・選定時の確認ポイントを解説
● BTM● コスト削減● 出張管理システム● 業務効率化● 総務

従業員の出張により、交通・宿泊の手配、旅程の管理や経費の精算など、さまざまな業務が発生します。出張者の多い企業では、これらの業務が大きな負担となっていることも多いようです。こうした負担を解消してくれるのが、出張管理システム(BTM)です。導入することにより、出張に関わる業務が一元的に管理でき、大幅な省力化が期待できます。この記事では、おすすめの出張管理システム10選を紹介し、タイプや導入のメリット、検討時の比較ポイントを解説します。

申請・承認業務関連のサービスを
無料で資料請求!

申請・承認業務関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

出張管理システムおすすめ11選を一覧表で紹介

出張管理システムおすすめ10選を一覧表で紹介
この記事でおすすめする出張管理システムは以下の11選です。

製品名

料金

無料プラン

タイプ・機能

ピカパカBTM

初期費用・基本料金:0円
従量料金:当月の利用金額に応じた費用体系(最低金額設定あり)

なし

出張管理システム

J’sNAVI NEO

基本利用料:30,000円/月
別途オプション:要見積

無料トライアル
(1カ月)

経費精算システム一体型

Bzit

要問い合わせ

要問い合わせ

出張管理特化型

WAVE225旅費・経費精算/稟議

CPUライセンスプラン
2,000,000円/ライセンス
年間保守:400,000円

クラウドサービスプラン
220,000円~610,000円
※利用者人数による

要問い合わせ

経費精算システム一体型
出張管理特化型

Smart BTM

要問い合わせ

要問い合わせ

手配サービス代行型

BORDER

出張手配(国内・海外)
1件あたり1,000円

24/365サポートプラン
上記プラス2,000円

要問い合わせ

手配サービス代行型

BTOL

要問い合わせ

要問い合わせ

手配サービス代行型

出張ステーションNEXT

要問い合わせ

要問い合わせ

手配サービス代行型

出張手配プラス

初期費用・月額利用料:無料 
※手配チケット等の実費のみ請求

無料

手配サービス代行型

AI Travel

要問い合わせ

要問い合わせ

出張管理特化型

Concur Travel

要問い合わせ

要問い合わせ

出張管理特化型

 

ピカパカBTM

 

内容

提供会社

株式会社ピカパカ

料金

初期費用・基本料金:0円
従量料金:当月の利用金額に応じた費用体系(最低金額設定あり)

主な機能

・出張の見える化
・レポーティング機能
・月締めの一括精算

導入実績

株式会社Warranty technology

公式URL

https://btm.pikapaka.co.jp/


国内外合わせて航空券は132社、ホテルは64万軒から選べ、圧倒的な品揃えで請求書での後払いが可能。出張情報はこのシステムで全て把握ができます。

 

J’sNAVI NEO

 

内容

提供会社

株式会社JTBビジネストラベルソリューションズ

料金

基本利用料:30,000円/月
別途オプション:要見積

主な機能

・チケット手配
・経費ワークフロー
・規程チェック
・勘定科目自動仕訳
・振込データ作成

導入実績

マルイグループ、ゴディバジャパン

公式URL

https://www.jsnavineo.com/


各種チケット手配から経費精算、経理処理までの一連の業務に対応。コーポレートカードとの連携(オプション)により、カード利用明細をシステムに取り込める機能を活用すれば、出張以外の経費精算も容易になります。仮払いや立て替えなど現金の取り扱いがなくなります。

 

Bzit

 

内容

提供会社

株式会社JTB

料金

要問い合わせ

主な機能

・チケット手配
・海外オンライン
・一括請求
・出張申請・電子承認
・出張精算

導入実績

アイ・オー・データ機器、岩田屋三越

公式URL

https://www.jtb.co.jp/bzit/


旅行会社のJTBが提供する出張管理システムで、導入1,900社・利用者66万人を誇ります。陸路・空路の交通手配、宿泊やパッケージツアーまでシステム上で一括して手配可能。予約データから申請を作成、承認を経て利用実績で精算データを作成するなど、手配・申請・承認・精算のフローがすべて電子化されます。

 

WAVE225旅費・経費精算/稟議

 

内容

提供会社

株式会社NTTデータウェーブ

料金

CPUライセンスプラン
WAVE225旅費・経費精算:1,500,000円/1ライセンス
年間保守:300,000円

WAVE225稟議: 500,000円/1ライセンス
年間保守:100,000円

クラウドサービスプラン 
WAVE225旅費・経費精算:200,000円~590,000円/月
※利用者人数による

WAVE225稟議:20,000円/月


主な機能

・旅費・経費精算
・経理業務支援
・ワークフロー(柔軟なカスタマイズ可)
・チケット手配サービス連携
・コーポレートカード連携

導入実績

要問い合わせ

公式URL

https://wave225.com/


柔軟なカスタマイズが可能なサービスで、複数のグループ企業を持つ大企業での採用実績も豊富です。複雑な承認フローや出張規程にも対応できる点で高い評価を得ています。チケット手配システムと連携することにより、手配から精算までのフローをスムーズに構築できます。

 

Smart BTM

 

内容

提供会社

株式会社IACEトラベル

料金

要問い合わせ


主な機能

・チケット手配(オンライン・チャット・電話)
・手配状況一覧ダッシュボード
・発券リマインド
・海外手配対応

導入実績

要問い合わせ

公式URL

https://www.iace.co.jp/smartbtmb/


在日米軍や官公庁を含む、1,800社以上の取引実績を誇ります。手配可能な航空便が一覧表示でき、予約変更の可否も確認できます。サービスを介して手配した交通や宿泊は、一括請求されるため経理処理も省力化。手配データの記録・分析により、改善提案もしてくれます。365日24時間対応のヘルプデスクにより、急な変更や有事の対応も万全です。

\ 資料請求もこちらから 「Smart BTM」の
詳細はこちら

BORDER

 

内容

提供会社

ボーダー株式会社

料金

出張手配(国内・海外)
1,000円/1件

24/365サポートプラン
上記プラス2,000円


主な機能

・チケット手配(国内・海外)
・レンタカー手配(国内・海外)
・渡航ビザ手配
・通訳・ガイド手配
・一括請求

導入実績

メルカリ、WealthPark

公式URL

https://border.co.jp/


手配を依頼するごとに料金が発生する従量課金制のサービスです。海外出張に強く、ビザや通訳・現地ガイドの手配まで対応してくれます。社内規程や出張者の好みに応じた、旅程の提案も可能です。24時間365日対応のヘルプデスクが完備され、チャットでの問い合わせに迅速に対応してくれます。

 

BTOL

 

内容

提供会社

株式会社南海国際旅行

料金

要問い合わせ


主な機能

・チケット手配(24時間・スマートフォン対応)
・メールリクエスト
・一括請求
・出張データ管理
・法人料金適用

導入実績

要問い合わせ

公式URL

https://nankai-travel.com/btol


出張に関わる手配をすべて、一括管理できます。24時間いつでもスマートフォンから予約の手配・変更・取消が可能です。申請・承認フロー、規程との整合性チェック、一括請求にも対応。出張者・管理者双方の出張関連業務の効率化に貢献してくれます。

 

出張ステーションNEXT

 

内容

提供会社

株式会社ベネフィット・ワン 

料金

要問い合わせ


主な機能

・チケット手配
・一括請求
・出張管理

導入実績

要問い合わせ

公式URL

https://corp.benefit-one.co.jp/service/btm/


法人運賃適用による、交通費や宿泊費の直接的なコスト削減と、手配や精算の効率化により間接的なコスト削減が実現します。出張データも一元的に管理できるため、不正の防止やコンプライアンス強化にも力を発揮します。

 

出張手配プラス

 

内容

提供会社

株式会社エルク

料金

初期費用・月額利用料:無料 
※手配チケット等の実費のみ請求


主な機能

・チケット手配
・出張申請・承認
・履歴検索
・請求書ダウンロード

導入実績

保険マンモス、レーベンコミュニティ

公式URL

https://www.tehaiplus.com


請求は手配したチケット等の実費のみで、導入費用・月額利用料無料で使用できます。JRチケット1枚から手配可能で、交通や宿泊だけでなく、出張先の会議室やWi-Fi手配までしてくれる守備範囲の広いサービスです。一括請求や申請・承認機能も備えています。

 

AI Travel

 

内容

提供会社

株式会社AIトラベル

料金

要問い合わせ


主な機能

チケット手配
・旅程レコメンド
・相場比較
・従業員別コスト分析

導入実績

サイバーエージェント、ユーグレナ

公式URL

https://aitravel.cloud/


分析機能に優れた出張管理サービスです。最適な旅程の提案など、スムーズなチケット手配が実現する機能を備えています。手配内容と相場の比較や、出張者ごとのコスト分析など、適切な出張であるかの管理も容易におこなえます。

 

Concur Travel

 

内容

提供会社

株式会社コンカー

料金

要問い合わせ

主な機能

チケット手配・予約・変更
・経費精算レポート

導入実績

要問い合わせ

公式URL

https://www.concur.co.jp/travel-booking


モバイルアプリをインストールすることにより、スマートフォンからチケットの手配・変更・取消ができます。領収書を写真で取り込むことにより、経費精算レポートを簡素化。同社のサービスである、「Concur Expence」に取り組むことで経費精算業務を効率化できます。申請や承認の効率化は、「Concur Request」との連携が有効です。

申請・承認業務関連のサービスを
無料で資料請求!

申請・承認業務関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

 

出張管理システムのタイプとは

出張管理システムのタイプとは


出張管理システムとは、出張の申請・承認、交通・宿泊手配、経費の精算、旅程の管理など、従業員が出張することにより発生する業務を一元的に管理するシステムです。製品によって守備範囲が異なり、備えている機能が違います。導入を検討する場合は、自社の活用目的から必要な機能を明確にし選定に入ることが必要です。

◾️出張管理システムのタイプと特徴

タイプ

特徴

解決できる課題

経費精算システム一体型

経費精算システムに出張手配機能が付加されている

・経費精算が多く負担が発生
・経費精算システムの新規導入、入れ替えを検討している

手配サービス代行型

・出張手配を外注できる
・管理まで依頼できるものもある

・出張に関わる業務を大幅に省力 化したい

出張管理特化型

・申請・承認フローが電子化
・旅程管理ができる
・出張規程との照合ができる

・出張費用の適正化を図りたい
・内部統制を強化したい
・導入済みの経費精算システムに 出張管理機能を付加したい

 

出張管理システムを導入するメリット

出張管理システムを導入するメリット


導入することにより、出張者・管理者・経理担当者、それぞれがメリットを得られます。出張者にとっては、交通や宿泊手配、精算処理が簡素化されるだけでも、利便性の向上を感じられるでしょう。管理者・経理担当者には以下のメリットがあります。

 

出張経費処理の効率化が図れる

領収書の写真取り込みや、会社クレジットカードとの連携があるサービスでは、経費処理の手間を大幅に削減できます。システムを介した手配は請求が集約される、一括請求機能を持つサービスもあります。経理担当者は各業者ごとの照合の手間がなくなるため、負担が軽減されるでしょう。

 

出張に関する内部統制が強化される

出張規程から逸脱した手配の確認や、申請・承認フローが可視化されることにより、カラ出張など不正の抑止につながります。手配内容と相場を検証し最適な旅程を提案してくれるものや、出張者ごとの出張コストを算出してくれるサービスを導入すれば、出張経費の最適化が図れます。

申請・承認業務関連のサービスを
無料で資料請求!

申請・承認業務関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

 

出張管理システムを比較・検討する際の確認ポイント

出張管理システムを比較・検討する際の確認ポイント


システム導入によりどれくらいの省力化が図れるか、自社の出張者の数や頻度、将来の見通しも踏まえ、費用対効果を検証することが必要です。加えて海外出張が多い企業では、海外手配への対応度を確認しましょう。

 

使いやすいシステムかどうか

まず、出張者にとって使いやすいシステムであることが前提です。対応するデバイスやUIは、多くの出張者がストレスなく使いこなせるものでなくてはなりません。手配可能な交通機関や宿泊施設は網羅されているかも要確認です。個別の手配が発生するようでは、システム導入の利便性は低下します。利用者の満足度も低くなるでしょう。

 

経理システムやワークフローと連携可能か

既存の経理システムや、ワークフローを導入している場合は、連携が可能か必ず確認します。一部でも連携できない機能があると、それだけで別の作業が発生するなど、かえって二度手間になる恐れもあります。すべての関係部署と、密な協議をおこなうことが必要です。

 

出張管理システムを導入し管理体制を強化しよう

出張管理システムの導入により、手配や精算を可視化することで管理体制を強化でき、経費削減も図れます。出張者の交通や宿泊の手配が省力化されることにより、それぞれのコア業務に集中できます。業績にも良い影響をもたらすでしょう。出張者の多い企業は、出張に関わる業務量やコストを洗い出してみることをおすすめします。

 

 

 

 

申請・承認業務関連のサービスを
無料で資料請求!

申請・承認業務関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

申請・承認業務に関連するサービス

SNSキャンペーンツール キャンつく

オンラインアシスタント『フジ子さん®』

Crowd Members(クラウド・メンバーズ)

Crowd Members(クラウド・メンバーズ)

人材不足や経営課題を解決する新しい組織づくり

サービスの特長

  • リモートワーカー活用のために必要なことはトータルで提供
  • 人材募集もマネジメントも一気通貫対応
  • ノウハウやワークフローなどを納品するから自社運用に切り替えも可能
人材不足や経営課題を解決する新しい組織づくり
詳細を見る
申請・承認業務関連のサービスを
まとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む