法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

リスキリングとは? 世界各国の取り組みと、日本企業がリスキリングに取り組み成功させるために必要なこと

投稿日:2023年8月10日 /

更新日:2024年4月2日

リスキリングとは? 世界各国の取り組みと、日本企業がリスキリングに取り組み成功させるために必要なこと
● eラーニング● eラーニングサービス● IT

「リスキリング」という言葉を目にする機会が増えています。その背景には、テクノロジーの導入でのオートメーション化が加速したことで人間の雇用が失われる社会的課題の深刻化が存在します。

さらに新型コロナウィルスの影響で「技術的失業者」が急激に増加し、世界各国でリスキリングが重要視されるようになりました。

この記事では書籍「自分のスキルをアップデートし続ける リスキリング」(後藤宗明)に基づき、世界各国で行われているリスキリングと、日本企業がリスキリングに取り組み成功させるために必要な要素をお伝えします。

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

リスキリングとは? その定義と導入の背景

eラーニング

リスキリングが重要視される背景として、デジタル化による「技術的失業」が深刻になっていることが挙げられます。ここでは間違って解釈されがちな「リスキリング」という言葉の正しい定義と、リスキリングが提唱されるようになった背景を、世界経済フォーラムのデータとともにお伝えします。

リスキリングの定義

コロナ禍に入ってから目にすることの多くなった「リスキリング」という言葉、日本では「学び直し」と解釈されることが多いかもしれません。

しかしSalesforce社やシンガポールの教育機関Emeritus Institute of Managementは、リスキリングを「全く異なる業務を行うために必要な新しいスキルを獲得するプロセス」と定義しています。「新しい分野について学び、新しいスキルを身につけて実践し、新しい業務や職業に就くこと」がリスキリングの正しい定義と言えます。

リスキリングは、従来のeラーニングのように業務時間外に学ぶことを意味しているのではなく、「学ぶこと自体が業務」なのです。

リスキリングの背景 DX化に伴う技術的失業の深刻化

リスキリングが重要視されるようになった最も大きな理由は、昨今のデジタル化に伴う「技術的失業」が深刻になっていることです。

テクノロジーの導入によってオートメーション化が加速することで、人間の雇用がAIやロボットに代替される未来が予測されています。

この「技術的失業」に拍車をかけたのが新型コロナウイルスの流行です。パンデミックによってアメリカの失業率は大幅に増加しました。以下は世界経済フォーラムが発表したアメリカの失業率(1967年〜2020年)推移グラフです。

1967年〜2020年のアメリカの失業率

1967年〜2020年のアメリカの失業率(Unemployment rate in the United States, seasonally adjusted, 1967–2020)
出典:世界経済フォーラム Future of Jobs Report (2020年10月)

技術的失業を減らすためには、衰退産業から成長産業へ労働力をシフトし、すべての労働者が新しい時代に適応したスキルを身につける必要があります。

リスキリングの重要性については世界経済フォーラム(World Economic Forum)が中心的な役割を担っています。

2020年1月に開催された年次総会では「2030年までに世界で10億人をリスキリングする」と宣言し、各国政府や企業、学習プラットフォーマー、労組等が参加するイニシアティブを立ち上げました。

その後、2020年10 月に発表されたThe Future of Jobs Report 2020では、「今後5年間で、人間、機械、アルゴリズムの労働分担が進むことで8500万件の雇用が消失し、9700万件の新たな雇用が創出される」と予測されました。

世界の企業がリスキリングを導入する理由

世界におけるリスキリングは、国家主導で行う場合と企業主導で行う場合に分けられます。企業主導の場合では、以下3つの目的で実施されるケースが多く見られます。

  1. 自社のDX推進
     デジタル化に伴う従業員のリテラシー向上・将来必要となる新しいスキル習得が目的のリスキリング
  2. 自社の雇用維持
     AIやロボットによる自動化による従業員の技術的失業への対策を目的としたリスキリング
  3. 自社の事業維持
     デジタル化に伴う事業転換や、新型コロナウイルスの影響から既存事業を守るためのリスキリング

続きを読むには会員登録(無料、所要時間1分)またはログインが必要です。
続きを読む
kyozon会員には以下の特典があります。
  • kyozon主催イベントおよび名刺交換会に優先ご招待
  • SaaS製品情報や活用ノウハウをメルマガでお届け
  • 気になったSaaSサービスはマイページで比較することが可能
  • 会員向けのSaaSに関するプレゼントやキャンペーンのご案内

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

投稿者プロフィール

最新の投稿

人材育成に関連するサービス

manebi eラーニング

manebi eラーニング

全体評価
4.6
レビュー
1件
様々なジャンルのeラーニング教材5,000レッスンが見放題!

サービスの特長

  • 5,000コンテンツと豊富な学習管理機能
  • 満足度の高い直感的でシンプルな操作画面
  • 研修導入から実行・評価も手厚くサポート
  • AIによる最適な研修プランの自動提案

人財成長支援システム モノドン

人財成長支援システム モノドン

全体評価
4.2
レビュー
3件
御社の制度に合わせた人事考課システムを構築します

サービスの特長

  • カスタマイズについて
  • コンサルティングについて
  • スキルチェック表で 個人・社内の力量を把握

TechAcademy IT研修

TechAcademy IT研修

全体評価
3.2
レビュー
4件
選抜された現役エンジニアからマンツーマンで学べるオンライン研修

サービスの特長

  • アウトプットが多い能動型学習で、スキルがしっかり身につく!
  • 専属メンターからの手厚い3つのサポート
  • 50を超える豊富なカリキュラムとカスタマイズ性

人材育成に関連する記事

人材育成関連のサービスをまとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む