法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

1on1とは?ビジネスパーソンのための効果的なアプローチと成功のポイント

投稿日:2023年6月3日 /

更新日:2023年6月3日

1on1とは?ビジネスパーソンのための効果的なアプローチと成功のポイント
● 1on1● 人材育成● 組織運営

1on1とはビジネスやスポーツ、学習など、多くの場面で活用される重要なコミュニケーション手法です。特にビジネスの文脈では、マネージャーと部下との直接的な対話を意味し、組織のパフォーマンス向上に大きな役割を果たします。今回の記事では、1on1の基本的な意味から、その効果的な活用法までを解説します。

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

1on1とは?基本的な意味の理解

1on1イメージ

1on1は、文字通り「1対1」を意味します。これは2人で行う会議や対話の形式であり、双方が対等な立場で情報を共有し、議論を進める手法です。ビジネスやスポーツなど、さまざまな分野で使われています。

1on1とは|適切な読み方と意味

1on1は、英語で “one-on-one” と読みます。そのまま直訳すると「1対1」や「1人対1人」となり、2人で行う会話や交流、対決などのシーンを指す言葉です。特に、対象となる2人が対等な立場で直接対話を行う形式を指します。

1on1とは|ゲームとバスケットボールにおける1on1の活用

スポーツやゲームの世界でも、1on1はよく見られる形式です。特にバスケットボールでは、「1on1」はプレイヤー同士の直接対決を指し、技術や戦略、心理的な要素が試される場となります。

また、ボードゲームやビデオゲームにおいても「1on1」は重要な要素です。プレイヤー同士が直接対決することで、ゲームの戦略や技術を競い合います。

1on1とは|ビジネスの文脈における重要性

ビジネスの文脈では、1on1は主に上司と部下の間で行われる定期的なミーティングを指します。1on1ミーティングでは、業績の確認、フィードバックの提供、キャリアの進行、課題の解決などが議論されます。

1on1は、部下が自身の意見や懸念を自由に表現できる場を提供するため、非常に重要なコミュニケーションツールといえるでしょう。また上司にとっては、部下のパフォーマンスを評価し、必要なサポートを提供するための手段となります。

1on1ミーティングはなぜビジネスで必要か?

1on1のミーティングは、ビジネスにおけるコミュニケーションの基本ともいえます。それは、部下が自身の課題や懸念を上司に直接伝え、フィードバックを受け取る機会を提供するからです。

また、1on1は組織のパフォーマンスを向上させるための重要なツールでもあります。それは、個々の従業員のモチベーションや満足度を高め、組織全体の生産性や効率性を向上させる可能性があるからです。

ビジネスコミュニケーションと1on1

ビジネスにおける1on1は、部下と上司間の直接的なコミュニケーションを図る重要な手段となっています。これは個々の成果を詳細に評価し、個々のスキルや能力を最大限に活かすためのフィードバックを提供できるからです。

さらに1on1の会話は、対話の深度を増すだけでなく、互いの視点や理解を共有する機会を提供します。これにより、誤解を防ぎ、チームの一体感を強化し、組織全体のコミュニケーションを改善する可能性があります。

1on1とパフォーマンスの向上

1on1はパフォーマンスの向上に寄与する、重要な要素となります。直接的なフィードバックや個別の指導が可能となるため、個々の成長やスキルの強化をサポートできます。

また、1on1のセッションは、職員が自分の業績や成長を自己評価するためのフレームワークを提供します。このようにして、パフォーマンスの可視化と自己啓発を促進し、最終的には全体の業績向上が期待できるでしょう。

ネットワーキングと1on1|有効な人脈を築くために

ネットワーキングにおいて1on1は、深い人間関係の構築に不可欠な要素となります。1on1の対話は、個々の価値観や経験を深く理解し、互いの信頼関係を築くための有効な手段となるでしょう。

また、1on1はプロフェッショナルな人脈を拡大するのに役立ちます。具体的には、共通の関心事や目標を共有する人々を見つけ、ビジネスの機会を広げる可能性を高める手法となります。

 

【当サイト「kyozon」とは?】

当サイト「kyozon」とは、読者のみなさんの日々の業務に役立つ情報群を発信し、ユーザーとベンダーのコミュニケーションを大いに活性化させるWebサービスです。また、読者のみなさんは関心があるサービスの資料を、無料でダウンロードでき、お役立ち資料としてご活用いただけます。

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

1on1と就活|その相関性

1on1イメージ

1on1は、就職活動においても重要な役割を果たします。これは、面接やネットワーキングなど、1対1のコミュニケーションが求められる状況で、自身のスキルや経験を効果的に伝え、相手との関係を深めるための方法として利用できるからです。

就職活動を通じた1on1の経験は、自己表現のスキルを磨くとともに、自己理解を深める機会となります。

面接における1on1|自分を最高にプレゼンテーションする方法

面接における1on1では、自己を最高にプレゼンテーションする方法が求められます。自己紹介のスキルを磨くことで、自己の魅力や能力を効果的に伝えられます。

具体的には、自己PRの際には自分の強みや経験を明確に示すこと、そしてそれが求められる職種や業界にどのようにフィットするのかの説明が重要です。それによって自分がその職場において、どのような価値を提供できるのかを伝えられます。

1on1の正しいやり方とその実践

1on1イメージ

1on1を成功させるためには、適切な準備と実行が重要となります。これは、効果的な1on1は単に話をするだけではなく、互いの理解を深め、成長を促進するための工程だからです。このセクションでは、1on1の会議前の準備とその重要性について触れておきましょう。

会議前の準備は1on1の成功への鍵

1on1の会議前の準備は、その成功を左右する大切な要素です。準備とは、話す内容をあらかじめリストアップしたり、共有したい情報や問題点を整理したりすることを指します。

この準備は、ミーティングが具体的で目的志向のものになることを担保します。そして、双方が会議から最大限の価値を得られるよう有意義な話題を選び、深い洞察を得るための質問を用意できます。

適切な質問の設定とその重要性

適切な質問の設定は、1on1の中で重要な役割を果たします。これは、問いの内容が対話の質を左右し、互いの意見や思考の深掘りを可能にするからです。

また、質問は、相手の視点や感じていることを引き出すための道具となります。答え方に幅を持たせた、オープンクエスチョンを用いることでより深い洞察が得られ、理解を深めるための新たな視点を見つけられます。

1on1の会議の運営

1on1の会議の運営は、円滑なコミュニケーションと成果の達成を後押しします。適切な会議の運営とは事前の準備から始まり、明確な目標設定、効率的な時間管理、そして会議後のフォローアップまでを含むものです。

また、会議の進行中には、互いに理解し合うための対話を重視し、話す機会を公平に与えられるべきです。それよってその場にいる全員が意見を述べ、問題解決に参加する機会が得られます。

リーダーとしての役割

1on1の中でリーダーとしての大きな役割のひとつは、状況を導き対話を促進することです。リーダーは、オープンで生産的な会話を促し、互いに学び成長する環境づくりが求められます。

さらに、リーダーは、難しいトピックについても意見交換を促す役割があります。これには、共感的なリスニングや適切なフィードバックの提供など、良好なコミュニケーションスキルが必要です。

対話の促進

1on1では、対話の促進が重要です。開かれたコミュニケーションを保つことで、お互いの理解が深まり、効果的な意思決定につながります。

また、リスニングのスキルも必要です。話し手の意図を理解し、フィードバックを提供することで、相互の信頼関係を構築できます。

1on1の課題|適切な対処法

1on1イメージ

1on1には多くの利点がありますが、一方でいくつかの課題も存在します。しかし、それらの課題を理解し、適切に対処することで、より効果的な1on1を実現できるでしょう。

1on1での苦痛|その原因と対処法

1on1で苦痛を感じる場合の原因として、適切な準備ができていないケースがあります。質問や話す内容が具体的でない場合、相手が不快感を覚える可能性があります。

この問題の対処法としては、事前に明確なアジェンダ(議題・検討項目)を設定することです。それにより、対話の方向性が定まり、よりスムーズで有意義な1on1が可能となります。

「1on1をやめてほしい」という感情|それが意味するもの

「1on1をやめてほしい」という感情は、しばしばコミュニケーションの問題を示しています。それは職場での対立、理解不足、あるいは不快な雰囲気を生じさせる可能性があります。

一方この感情は、パートナーに対する期待と現実のギャップから来ている場合もあるでしょう。意見が正しく伝わらない、または理解されないことからくるフラストレーションが「1on1をやめてほしい」という感情の根底にあるかもしれません。

1on1が「意味ない」と感じるとき|その解釈と対策

1on1イメージ

時折、1on1が「意味ない」と感じる場合があるかもしれません。それは具体的な問題を示すサインであり、ただ単に無視するべきではないでしょう。それどころか、この感情を解釈し、対策を講じなければなりません。

1on1が意味ないと感じる理由

1on1が意味ないと感じる理由のひとつに、具体的な成果が見えない点が挙げられます。時間とエネルギーを投資しても、目立つ改善や進歩が見られない場合、1on1の意義を疑問視するかもしれません。

また、1on1の内容が表面的で深い議論に欠ける場合も、その価値を感じにくくなります。具体的な課題解決やパフォーマンス向上につながらない会話は、1on1が無意味に感じられる一因となるでしょう。

効果的な1on1への回路|解決策と改善策

1on1が意味ないと感じる場合、その解決策のひとつとしては、会議の具体的なゴールの設定が挙げられます。これにより、議論の方向性が明確になり、具体的な成果を目指せます。

また、1on1の質を向上させるための改善策のひとつは、会議の構成や質問の設定を見直すことです。それによって深い議論を促し、具体的な課題解決につなげられます。

1on1をよりよくするためのポイント

1on1イメージ

1on1はその実施方法次第で、その効果が大きく変わります。より効果的な1on1を目指すためには、いくつかのポイントがあります。ここでは、そのポイントについて見ていきましょう。

具体的な目標の設定|効果的な1on1への道

1on1をよりよくするためのひとつのアプローチとして、議題のテーマに対する成果目標の設定があります。それによって議論は漠然とせずに、よりリアルな方向に進むことを促します。

また、相手とのコミュニケーションも円滑になるでしょう。成果目標が共有されることで理解し合う機会が増え、より深い対話が可能になるからです。

時間管理|1on1の品質を高める

1on1の品質を高めるための重要な要素のひとつが、時間管理です。会議の開始と終了時間を厳密に決めて無駄な時間を削減し、焦点を絞った議論を可能にします。

また、時間を適切に管理することは、お互いが必要な情報をしっかりと伝えたり、必要なフィードバックを得たりするためにも重要です。これにより、1on1の生産性が向上します。

1on1のフォローアップ|結果を最大限に引き出す

1on1ミーティングの終わりには、必ずフォローアップをすべきでしょう。これにより、会議で取り決めたアクションプランがきちんと実行され、議論の成果が具体的な行動につながることを確認できます。

またフォローアップを行うことで、次回の1on1に向けての改善点を明確にできます。その結果、1on1の品質が継続的に向上し、より大きな成果を引き出せるでしょう。

1on1の成功事例とその分析

1on1イメージ

ビジネスの成功の鍵は、成功した人たちから学ぶことです。1on1ミーティングの実施も同様で、成功事例を学ぶことでその要点を理解し、自身の1on1に活かせます。

ここで、ビジネス界やスポーツの世界での1on1の成功事例と、それらがどのように成功につながったかについてご紹介します。

ビジネス界における1on1の成功事例

ビジネス界における1on1の成功事例の一つとして、Googleの「OKR(Objectives and Key Results)」が挙げられます。これは目標設定と結果評価のツールで、1on1の中で使われ、その結果、組織全体の目標達成率が向上しました。

また、Netflixも1on1を成功させた企業のひとつです。同社では1on1のなかで透明性を重視し、フィードバックをオープンに共有する文化を育てました。その結果、社員のモチベーションとパフォーマンスの向上が見られたのです。

スポーツにおける1on1の成功事例

スポーツにおける1on1の成功事例としては、名誉あるコーチと選手との1on1が挙げられます。たとえばサッカーの名将アレックス・ファーガソンは、個々の選手の能力や心理状態を理解するために1on1を活用しました。

またNBAのスター選手マイケル・ジョーダンも、コーチとの1on1を通じて自身の技術や戦略を研磨したことで知られています。これらの事例から、1on1がスポーツのパフォーマンス向上に有効である事実がわかるでしょう。

1on1を効果的に行うためのリソースとツール

1on1イメージ

1on1を効果的に行うためには、適切なリソースとツールの活用が有益です。ツールは対話をスムーズにし、リソースは1on1の品質を高めるための知識と情報を提供します。

ここでは1on1を支援するツールとテクノロジー、教育リソースについて見ていきましょう。

1on1を支援するツールとテクノロジー

「Slack」や「Zoom」などのコミュニケーションツールは、リモートでも顔を見て対話ができ、1on1を支援します。これにより、直接会うのが難しい場合でも円滑なコミュニケーションの維持が可能です。

また、「Trello」や「Asana」のようなプロジェクト管理ツールは、1on1のアジェンダを共有し、進捗を確認するのに役立ちます。互いの期待を明確にし、効率的な会議の実現に貢献するでしょう。

1on1を強化するための教育リソース

1on1を効果的に行うためには、コミュニケーションやリーダーシップのスキルを磨く教育リソースが必要です。教育とは単なる情報の収集だけではなく、それを実践に活かすスキルを育むことです。

オンラインには、このようなスキルを強化するための無料のWebセミナーや講座、コースが多数存在しています。

また、ビジネススクールや専門のコーチング会社も1on1の教育リソースとして役立つでしょう。これらのプロフェッショナルなサービスは、具体的なシナリオでの適切な対応方法や、コミュニケーションのベストプラクティスを提供します。

教育は常に進化しているので、最新のリソースの活用が重要です。

まとめ

1on1イメージ

1on1とはビジネスにおける重要なコミュニケーション手法であり、それを適切に行うことでパフォーマンスの向上や職場環境の改善が期待できます。適切な教育リソースやツールを利用することで、1on1の実践がより簡単で効果的になるでしょう。

しかし、1on1が必ず成功するわけではないので、うまくいかない場合は何がボトルネックかを探り、解決策を模索しなければなりません。大切なのは1on1を組織や個々の成長に役立てるために、常に進化を目指す意識を持つことです。

 

【ビジネスパーソン必見情報!】

あらゆるビジネスパーソンにとって、マーケティングスキルはビジネスにおける自分の最強のリソース(資源)であることを、以下の特集記事『マーケティングスキルは身につけて損がないビジネス上の最強の自己資源』で総合的に詳しく解説しています。ぜひそちらも、参考にご覧ください。

ちなみに、そもそもマーケティングとは一体どういうものなのかについて知りたいみなさんのためには、以下の特集記事『マーケティングとはなにか?その意味や定義を日本一わかりやすく解説』において、掘り下げつつわかりやすく解説しています。

基礎的情報として、ぜひ参考にご一読ください。

【SNSフォローのお願い】

kyozonは日常のビジネスをスマートにする情報を、毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方は、twitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:https://www.facebook.com/kyozon.comix

 

※2023年以降のマーケティング戦略構築に参考になる、マーケティングトレンドについて、以下の特集記事『マーケティングトレンドを徹底解剖!2022年までの考察と2023年の展望』で総合的かつ詳細に解説しています。ぜひとも、参考にご一読ください。

※マーケティングを実践するにあたって、消費者の購買行動を可視化するマーケティングモデルというものがあります。マーケティングモデルとは何かについて、以下の記事『マーケティングモデルとは?認知から購買の消費者行動を分析した仮説』でわかりやすく解説しています。そちらも、参考にご一読ください。


※マーケティング活動は幅広い領域にまたがるため、その全体を統括するスキル「マーケティング・マネジメント」が求められます。

「マーケティングマネジメント」について、そのプロセスと業界別成功例を以下の特集記事『マーケティングマネジメントとは?プロセスと業界別成功例を徹底解説』で詳細に解説しています。そちら、ぜひ参考にご覧ください。

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!

人材育成関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

人材育成に関連するサービス

manebi eラーニング

manebi eラーニング

全体評価
4.6
レビュー
1件
様々なジャンルのeラーニング教材5,000レッスンが見放題!

サービスの特長

  • 5,000コンテンツと豊富な学習管理機能
  • 満足度の高い直感的でシンプルな操作画面
  • 研修導入から実行・評価も手厚くサポート
  • AIによる最適な研修プランの自動提案

人財成長支援システム モノドン

人財成長支援システム モノドン

全体評価
4.2
レビュー
3件
御社の制度に合わせた人事考課システムを構築します

サービスの特長

  • カスタマイズについて
  • コンサルティングについて
  • スキルチェック表で 個人・社内の力量を把握

TechAcademy IT研修

TechAcademy IT研修

全体評価
3.2
レビュー
4件
選抜された現役エンジニアからマンツーマンで学べるオンライン研修

サービスの特長

  • アウトプットが多い能動型学習で、スキルがしっかり身につく!
  • 専属メンターからの手厚い3つのサポート
  • 50を超える豊富なカリキュラムとカスタマイズ性

人材育成に関連する記事

人材育成関連のサービスをまとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む