法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

デジタル通貨とは何か?メリット&デメリットも含め日本一わかりやすく解説!

投稿日:2023年3月28日 /

更新日:2024年6月2日

デジタル通貨とは何か?メリット&デメリットも含め日本一わかりやすく解説!
● IT● 会計・財務・経理● 経理● 総務● 資産管理

デジタル通貨は電子上として管理運用され、すでに人々の生活で活用されています。本記事では、デジタル通貨の基礎知識や、企業・個人別のメリット・デメリットを紹介します。給与のデジタル払いについても解説します。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

IT資産管理関連の資料請求はこちら

IT資産管理関連の資料請求はこちらIT資産管理関連の資料請求はこちら

目次

閉じる

デジタル通貨とは?

デジタル通貨イメージ

デジタル通貨とは、サービスやモノの購入が可能な、デジタルデータに変換されたデジタル代替の総称です。

デジタル通貨の明確な定義は存在しませんが、現金(貨幣・紙幣)以外に通貨として利用可能なデジタルデータ、あるいは貨幣価値をデジタルデータで表現したものを指します。類似の言葉でデジタル貨幣やデジタルマネーなどがありますが、同じ趣旨です。

BtoCビジネスの領域ではすでにデジタル通貨が大いに活用されており、私たちの日常生活の中で活躍しているものがあります。デジタル通貨の代表例を挙げると、以下の3種類です。

  • 電子マネー
  • 仮想通貨(暗号資産)
  • 中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)

それぞれを見ていきましょう。

 

なお、現代企業にとって今後欠かせない要素はDX(デジタルトランスフォーメーション)です。DXを成功させるためには、その前段階の「デジタライゼーション」が重要となります。

「デジタライゼーション」については、以下の特集記事『デジタライゼーションとは?DX等との関係性も含め日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

電子マネー

電子マネーは、法定通貨(日本なら円)をデジタルデータに変換したデジタル代替です。交通系ICカードや、スマホ決済アプリなどが該当します。電子マネーは、決済がスピーディに完結する利便性の高さが特徴です。

一方で、基本となるプリペイド式では、事前にチャージしておかなければ使用できません。

【電子マネーの例

  • 交通系電子マネー:Suica・PASMO
  • 商業系電子マネー:nanaco・WAON
  • 通信系電子マネー:PayPay・iD

 

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

なお、ビジネスの中核であるマーケティングも、今やデジタルマーケティングなしには立ち行かなくなってきています。そんなデジタルマーケティングについては、以下の特集記事『デジタルマーケティングとは?現代ビジネスに欠かせない方法論を徹底解説』で総合的に解説していますので、ぜひ参考にご覧ください。

仮想通貨(暗号資産)

仮想通貨は別名暗号資産とも呼ばれる、インターネット上で取引できる財産的価値です。電子的に記録されて、改ざんされるリスクが少なく、移転できる貨幣決済の総称となります。

法定通貨を基準とせず、民間業者が独自に発行するデジタル通貨で、代表的なものにはビットコインがあります。

仮想通貨は、「ブロックチェーン」と呼ばれる記録の改ざんを困難にする技術によって、信頼性を担保しています。mた、仮想通貨は個人間の送金がしやすく、とりわけ海外への送金手数料が銀行よりも安く済むという特徴があります。

しかしその価値は個人や企業の間の需給バランスに依存するため、価格の変動が時に激しく、現状では投機対象の側面が強いことは否めません。

 

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

サイバー攻撃クロスサイトスクリプティングについては、以下の特集記事『クロスサイトスクリプティングとは?XSS攻撃について日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)

法定通貨のデジタル代替である電子マネーに対し、中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)は法定通貨そのものをデジタル化したものです。現金と同様に、発行された国内のあらゆる決済に使用可能となります。

中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)は以下の3つの条件を満たさなければなりません。

  • デジタル化されていること
  • 法定通貨建てであること
  • 中央銀行の債務として発行されること

ちなみに日本の中央銀行である日本銀行は、現状では中央銀行発行デジタル通貨(CBDC)を発行する計画はありません。

CBDCを導入すれば、通貨の発行コスト(造幣や印刷、流通)を削減できる上に、通貨の偽造防止にもなります。また、使用履歴がデジタルデータとして残るため、お金の流れが可視化できるのも特徴です。

 

なお、当サイトの読者のみなさんが携わっていると思われる、サブスク型ビジネス、とりわけSaaSビジネスにとっての最重要課題は「カスタマーサクセス」です。

そんな「カスタマーサクセス」について、以下の特集記事『カスタマーサクセスとは?サブスク型SaaSビジネスの生命線を完全解説!』で特集しています。ぜひご一読ください。

​​

また、SaaSを含むBtoB企業における、マーケティング組織の類型と作り方や、営業部門との関係性に関して以下の特集記事『現代のマーケティング組織の類型と作り方とは?営業部門との関係性も解説』で解説しています。ぜひ、そちらも参考にご覧ください。

【当サイト「kyozon」とは?】

当サイト「kyozon」とは、読者のみなさんの日々の業務に役立つ情報群を発信し、ユーザーとベンダーのコミュニケーションを大いに活性化させるWebサービスです。

ご提供する情報はデジタルトレンド情報や専門家のインタビューおよび対談、最新ワードや基本情報のわかりやすく解説、ビジネスに役立つイベント情報など盛りだくさんとなっています。

ほかにもマーケティングの成功・失敗事例やビジネスツール・サービス導入検討に役立つ他のユーザーの事例やツールの感想、話題となったイベントのレポートな多岐にわたるラインナップです。

なによりも、読者のみなさんにとって関心があるサービスの資料を、無料でダウンロードできます。そしてダウンロードした資料をマイページでいつでも確認でき、ツール・サービスの検討や活用のお役立ち資料として、ご活用いただけます

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

IT資産管理関連の資料請求はこちら

IT資産管理関連の資料請求はこちらIT資産管理関連の資料請求はこちら

デジタル通貨の個人利用のメリットとデメリット

デジタル通貨イメージ

個人がデジタル通貨を利用する際には、メリットとデメリットがあります。それぞれを見ていきましょう。

デジタル通貨の個人利用のメリット

個人がデジタル通貨を利用する際の、主なメリットとして以下4つが挙げられます。

  • 決済手続きがスピーディ
  • 現金を持ち歩かなくて良い
  • 決済額に応じてポイントが貯まる
  • 審査不要で誰でも使える

個別に見ていきましょう。

 

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

クラウドストレージサービス「Box」については以下の特集記事『Boxとはどういうサービス?基本機能や使い方も含め、日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

決済手続きがスピーディ

デジタル通貨の最大のメリットは、決済手続きがスピーディなことです。QRコードを読み込んだり、センサーにかざしたりするだけで決済が完了するものが多く、買い物や飲食での支払いにかかる時間が短くなります。

これからの消費の主役であるZ世代は「タイパ」(タウイムパフォーマンス)を重視する傾向があります。Z世代の決済手段におけるタイパのニーズにも、デジタル通貨は応えられるでしょう。

 

〜【おすすめ記事】「疑問ワードを日本一わかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

「シェアードサービス」については、以下の特集記事『シェアードサービスとは?企業の成功事例を交え日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

現金を持ち歩かなくて良い

現金の持ち歩きが不要になるため、財布を持たずとも買物ができるようになります。加えて支払いのお釣りももらうことがないので、その手間も省けます。

 

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

マーケティングに有効な人気メディアであるInstagram(インスタグラム)を活用したインスタマーケティングについては、以下の記事『インスタ(Instagram)マーケティングとは?使える全機能と活用のコツ!』で特集しています。そちらも参考にしてください。

決済額に応じてポイントが貯まる

使用するデジタル通貨によって異なりますが、多くの場合に支払額に応じてポイントが貯まります。現金払いではポイント還元はないため、同じ額を払うならポイントの分だけ得といえるでしょう。

審査不要で誰でも使える

クレジットカードであれば審査があって、発行されて利用できるまでに時間がかかります。しかしデジタル通貨はそのような審査もなく、未成年でも使用しやすくなっています。

 

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

モバイル通信規格LTEについては、以下の特集記事『LTEとは何?4GやWi-Fiとの違いも含めて日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

デジタル通貨の個人利用のデメリット

個人がデジタル通貨を利用する際の主なデメリットとて、以下の3つを見ていきましょう

  • 対象店舗に限られる
  • 事前チャージが必要
  • 上限金額が設定されている

対象店舗に限られる

デジタル通貨は、その種類を取り扱っている対象店舗でしか利用できません。それぞれの種類が対象店舗を拡大していますが、現時点では種類によって使えない場合がまだまだあります。

 

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

人気が高いプログラミング言語PHPについては、以下の特集記事『PHPとは何か?どのようなプログラミング言語か、周辺情報を含め日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

事前チャージが必要

電子マネーでいえば交通系、商業系、通信系ともにプリペイド方式が多く、事前にチャージをしておかないと利用できません。クレジットカードの「オートチャージ」や「後払い」方式なら、チャージは不要です。

上限金額が設定されている

使用している電子マネーの種類や各利用者の属性、状況などによって、1回の支払い額に上限が設定されていることが多いです。

 

なお、デジタル通貨の導入と同様に、現代企業にとっての課題といえるのが「ブランディング」です。この包括的戦略は、残念なことに抽象的、あるいは表層的な理解で行われがちな側面があります。

それをデータや事例などを参照しつつ体系的、現実的に推進するリテラシーが、企業ブランドの認知拡大に必要です。そしてブランディングにおいて、ひとつの基準となるのが「他社が模倣できない独自の強み」を表現した「USP」です。

このUSPについて、以下の特集記事『マーケティングにおけるUSPとは?独自の強みを活かした提案の作り方』で取り上げ、総合的に解説しています。ぜひ参考にしてください。

また、別の角度(顧客視点・顧客心理の理解)から、ブランディング政策を進めるために貴重な示唆を与えてくれるのは、「顧客エンゲージメント」です。

顧客エンゲージメントの概念について、以下の特集記事『マーケティング施策で高めるべき顧客エンゲージメントとは?事例付きで徹底解説』で詳しく解説しています。ぜひ、参考にご覧ください。

企業がデジタル通貨を扱うメリットとデメリット

デジタル通貨イメージ

企業がデジタル通貨を取り扱う場合にも、メリットとデメリットがあります。それぞれを見ていきましょう。

企業がデジタル通貨を扱うメリット

企業がデジタル通貨を取り扱う際の、主なメリットは以下のとおりです。

  • 決済プロセスが短縮される
  • 現金やクレジット管理の手間が減る
  • 顧客(消費者)に決幅広い済方法を提案できる

それぞれを見ていきましょう。

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

プロジェクト管理ツール「Redmine」については、以下の特集記事『Redmineとは?基本機能とおすすめの使い方を日本一わかりやすく解説』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

決済プロセスが短縮される

決済プロセスと、それにかかわるオペレーションが短縮されます。現金での決済ならレジに金額を入力し、個人が差し出す現金を確認し、お釣りがある場合はそれを支払うという流れです。

この一連のオペレーションが、デジタル通貨では大幅に短縮されます。

現金やクレジット管理の手間が減る

クレジットの場合、クレジットの売上票を管理しなければなりませんが、デジタル通貨ならそういう手間が不要です。また、現金の数え間違いもなく、釣銭間違いも起こりません。加えて現金管理の手間も減ります。

 

〜【おすすめ記事】「疑問ワードを日本一わかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

「ジャストアイデア」については、以下の特集記事『ジャストアイデアとは?意味と適切な使い方を日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

顧客(消費者)に幅広い決済方法を提案できる

デジタル通貨の取り扱いによって、顧客(消費者)に幅広い決済方法を提案できます。決済の選択肢が増えることで利用者が増えれば、売上アップも見込めます。

企業がデジタル通貨を扱うデメリット

企業がデジタル通貨を取り扱う際の主なデメリットとして、以下の3つを見ていきましょう。

  • 決済ごとに手数料がかかる
  • 現金化の際に手数料がかかる
  • 専用端末を設置する必要がある

デジタル通貨のサービスごとに異なりますが、決済ごとに手数料が発生し、現金化の際にも出金手数料が必要な場合があります。また、それぞれのデジタル通貨に対応した専用端末が必要になり、そのためのコストも発生します。

 

なお、デジタル通貨と同様に企業に導入が進むRPAは、企業の生産性の向上だけでなく、従業員のワークワイフバランスやウェルビーイングの実現を考慮する必要があります。

ワークライフバランスについては以下の特集記事『「ワークライフバランス」の使い方はもう間違わない!例文付き解説で完全マスター』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

また、同じく従業員にとって大切な「ウェルビーイングの実現」については、以下の特集記事『ウェルビーイングとは?社会・福祉・健康・経営等の視点からみた重要性』にて詳しく解説しています。ぜひ、そちらも参考にご一読ください。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

IT資産管理関連の資料請求はこちら

IT資産管理関連の資料請求はこちらIT資産管理関連の資料請求はこちら

給与のデジタル払いの解禁

デジタル通貨イメージ

2023年4月から、給与のデジタル払いが解禁です。銀行口座を持たない従業員にも現金以外の方法で給与の支払いができ、振込手数料を削減できます。一方で、給与関連業務の人事部門の負担が増えるなどの課題もあるでしょう。

また、給与のデジタル払いを導入するには、労使協定を締結しなければならないので、注意が必要です。ここでは「給与のデジタル払いの仕組み」と「政府が給与デジタル払いを推進する理由」について、触れておきましょう。

 

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

カードを使う現代人は要注意の「スキミング」については、以下の特集記事『スキミングとはなに?3つのカテゴリー別に日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

給与のデジタル払いの仕組み

給与のデジタル払いの仕組みは、日常的に多くの人が使っている決済アプリのアカウントに、給与を送金する形式です。給与デジタル払いで利用する決済アプリや電子マネーのサービスに、企業としてアカウントを設ける必要があります。

〜【デジタル・IT系おすすめ記事】「疑問ワードをわかりやすく解説」シリーズのご紹介 〜

注目のBIツール「Power BI」については、以下の特集記事『Power BIとはどういうサービスなのか?基本機能やプランを日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

政府が給与デジタル払いを推進する理由

政府が給与デジタル払いを推進するのは、キャッシュレス決済の普及、および送金方法の多様化の観点からです。

また、人材不足の対策として、給与の支払い方法を柔軟にすることで外国籍労働者が働きやすい環境を整備し、海外からの人材受け入れを増やす目的も、推進の理由に含まれています。

 

なお、デジタル通貨への対応を含めて、企業はIT化に遅れないようITリテラシーを維持・向上するのがひとつの課題です。ビジネスの中核であるマーケティングも、今やデジタルマーケティングなしには立ち行かなくなってきています。

そんなデジタルマーケティングについては、以下の特集記事『デジタルマーケティングとは?現代ビジネスに欠かせない方法論を徹底解説』で総合的に解説していますので、ぜひ参考にご覧ください。

また、デジタルマーケティングで活用する、ビジネスに関する膨大な情報の収集と分析・解析に欠かせないのがマーケティングオートメーション(MA)です。

マーケティングオートメーション(MA)については、以下の特集記事『マーケティングオートメーションとは?ツールの選び方と運用の注意点』で包括的に詳しく解説しています。ぜひ、そちらも参考にご一読ください。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

IT資産管理関連の資料請求はこちら

IT資産管理関連の資料請求はこちらIT資産管理関連の資料請求はこちら

まとめ

デジタル通貨イメージ

デジタル通貨はすでに決済方法としての市民権を獲得し、今後も利用が拡大することでしょう。企業としても対顧客の決済に、対従業員の給与支払いに、活用の検討をする必要があります。

企業の経営者や経営幹部、決裁者のみなさんには、企業としてのデジタル通貨の導入に関して、ここでご紹介した情報を参考にしていただければ幸いです。

 

なお、当メディア「kyozon」のメインテーマのひとつが「マーケティング」です。当サイトにて、マーケティングに役立つ、さまざまなサービスの資料が無料でダウンロードできます。マーケティング担当者や責任職のみなさんは、ぜひご利用ください。

また、ビジネススキルの中でも高度な部類に入るのが「マーケティングスキル」です。

マーケティングスキルはビジネスにおける自分の最強のリソース(資源)であることを、以下の特集記事『マーケティングスキルは身につけて損がないビジネス上の最強の自己資源』で総合的に詳しく解説しています。ぜひそちらも、参考にご覧ください。

ちなみに、そもそもマーケティングとは一体どういうものなのかについて知りたいみなさんのためには、以下の特集記事『マーケティングとはなにか?その意味や定義を日本一わかりやすく解説』において、掘り下げつつわかりやすく解説しています。

基礎的情報として、ぜひ参考にご一読ください。

 

【SNSフォローのお願い】

kyozonは日常のビジネスをスマートにする情報を、毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方は、twitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:https://www.facebook.com/kyozon.comix

 

※2023年以降のマーケティング戦略構築に参考になる、マーケティングトレンドについて、以下の特集記事『マーケティングトレンドを徹底解剖!2022年までの考察と2023年の展望』で総合的かつ詳細に解説しています。ぜひとも、参考にご一読ください。

※マーケティングを実践するにあたって、消費者の購買行動を可視化するマーケティングモデルというものがあります。マーケティングモデルとは何かについて、以下の記事『マーケティングモデルとは?認知から購買の消費者行動を分析した仮説』でわかりやすく解説しています。そちらも、参考にご一読ください。


※マーケティング活動は幅広い領域にまたがるため、全体を統括するスキル「マーケティング・マネジメント」が求められます。

「マーケティングマネジメント」について、そのプロセスと業界別成功例を以下の特集記事『マーケティングマネジメントとは?プロセスと業界別成功例を徹底解説』で詳細に解説しています。そちら、ぜひ参考にご覧ください。

経理・総務業務支援に関連するサービス

オンラインアシスタント『フジ子さん®』

FUNDOOR

FUNDOOR

〜株主総会・取締役会をまるっとDX〜 株主管理・経営管理プラットフォーム「FUNDOOR」

サービスの特長

  • 【取締役会機能】取締役会の準備・運営・管理までを一貫してDX、工数とミスを削減
  • 【株主総会機能】株主総会の準備・運営・管理まで、ワンストップで適法にDX
  • 【各種連携機能】株主名簿・新株予約権原簿・資本政策などの自動連動で、株主管理・経営管理をよりスマートに

ASTERIA Warp

ASTERIA Warp

全体評価
4.3
レビュー
4件
ノーコード技術で業務の自動化を支援します

サービスの特長

  • 日々の定型業務を自動化!作業コストや人為的ミス減少に貢献します。
  • 非エンジニアでも大丈夫!ノーコードでデータ統合が可能!
  • 豊富なテンプレートですぐ始められる!接続先が豊富だから連携も安心!
IT資産管理関連のサービスをまとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む