法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

バッチファイルとは?使用例やメリットデメリットについて解説します!

2023年1月25日
バッチファイルとは?使用例やメリットデメリットについて解説します!
● 業務効率化

作業の効率化をする方法の1つとしてバッチファイルを用いて作業を自動化するものがあります。 もし、自分の作業が効率化できるなら、バッチファイルについて詳しく知りたいですよね。 そこでこの記事では、実際にバッチファイルを使ってみたいけど「そもそもバッチファイルとは何だろう?」「どのような場面で使えるのだろう?」といった方のためにバッチファイルについて解説します。 概要や作成手順、メリット・デメリットについて書いてあるので、バッチファイルを作ってみたい方や使ってみたい方は、学習の第一歩としてこの記事を参考にしてください。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

業務効率化のサービスをまとめて資料請求!

業務効率化のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

バッチファイルとは拡張子が「.bat」のテキストファイルのこと

バッチファイルとは拡張子が「.bat」のテキストファイルのこと

バッチファイルとはBATファイルとも呼ばれ、Windows環境で一連の処理をするためのコマンドがまとめて書かれた、拡張子が「.bat」のテキストファイルのことです。

この説明を読んでも「分かりづらい!」と思った方のために、バッチファイルについて追加で解説します。

 

バッチファイルの意味

バッチファイルの「バッチ(Batch)」には「ひと束」「1つにまとめる」といった意味があります。

つまり、バッチファイルとは複数のプログラムをまとめたファイルという意味になります。

 

バッチ処理とは

バッチファイルを実行することで書かれた複数のコマンドが上から順番に実行されます。このような処理をバッチ処理と言います。

例えば、実行することの多い処理をバッチファイルに書いておくことで、いつでもその処理をまとめて実行することが可能です。

 

バッチファイルでできること

バッチファイルでは、ファイルやフォルダの作成、編集、削除、内容の比較、バックアップシステムの作成、アプリケーションの起動を行えます。

また、バックアップ作成のコマンドが書かれたバッチファイルとWindowsのタスクスケジューラという指定した時間にプログラムを実行する機能を使うことで、特定の時間にバックアップの作成ができます。

 

バッチファイルの使用例

バッチファイルを用いることで以下のようなことが可能です。

  • 定期ミーティングの際にzoomに自動で接続する
  • よく見るWebサイトをまとめて起動する
  • よく使うアプリをまとめて起動する

このように複数の処理を同時に行えたり、自動化できたりします。

次にバッチファイルのメリットとデメリットについて説明します。

 

バッチファイルの3つのメリット

バッチファイルには以下の3つのメリットがあります。

  • 作業を自動化できる
  • 人為的なミスを減らせる
  • 作業時間外でも実行できる

それではそれぞれのメリットについて解説します。

 

作業を自動化できる

バッチファイルを用いることで、ファイルを実行するだけで一連の処理を自動的に行えます。つまり、ファイルを実行するためのクリック1つで作業の自動化ができます。

例えば、同じファイルを何百個、何千個と大量に作成する場合、1個ずつコピーして作成するのは大変です。

そんなときに指定したファイルを指定の場所に指定の個数コピーするバッチファイルを実行することでファイルのコピーを自動で行えます。

このように、バッチファイルを用いることで作業の自動化ができ、時間を効率的に使えます。

 

人為的なミスを減らせる

バッチファイルを用いることで複数の処理をまとめて自動的に行えるため、入力漏れなどの人為的なミスを減らせます。

行う処理の量が少なければミスした箇所の発見や修正は簡単ですが、処理が増えれば増えるほどに1つのミスが大きな業務負担になります。

そのため、特に大規模なデータ処理の際はメリットが大きいです。

 

作業時間外でも実行できる

前述した通り、Windowsのタスクスケジューラと組み合わせることで作業時間外にバッチファイルを実行できます。

作業時間外にバッチファイルを実行することで、時間を有効活用でき、作業効率を上げられます。

 

バッチファイルの3つのデメリット

バッチファイルには以下の3つのデメリットがあります。

  • 慣れるまで作成が大変
  • 動作確認が必要
  • 作成者以外にプログラムの意図が伝わりづらい

それではメリットについて解説します。

 

慣れるまで作成が大変

バッチファイルの作成は慣れてしまえば簡単です。しかし、初心者が作成しようとするとコマンドの書き方やオプションなどの文法を覚える必要があるため大変です。

ただし、作業の効率化ができたり、人為的なミスが減らせたりとバッチファイルの作成に慣れると簡単に大きなメリットを得られます。

 

動作確認が必要

バッチファイル作成後には動作確認が必要です。動作確認をしないと誤作動でファイルが消えてしまうなどの恐れがあります。

動作確認は、少し手間ですがミスが起こらないように複数のパターンを想定して行うことが望ましいです。

 

作成者以外にプログラムの意図が伝わりづらい

バッチファイルは作成者が独自に作成する場合が多く、他の人にプログラムの意図が伝わりづらいです。そのため、業務の引き継ぎに負担がかかってしまいます。

次にバッチファイルの作成手順について説明します。

 

バッチファイルの作成するための2ステップ

バッチファイルの作成するための2ステップ

バッチファイルの作成は以下の2ステップで行います。

  1. テキストエディタでコマンドを書く
  2. 作成したテキストファイルの拡張子を「.bat」にして保存する

思っていたよりも作成手順は少ないと感じる方も多いと思います。しかし、あくまでも作成手順なのでファイルの作成が簡単ということではないです。

それではそれぞれのステップについて解説します。

 

ステップ1.テキストエディタでコマンドを書く

まず最初にテキストエディタでコマンドを書きます。コマンドを書く際は実行したい順番になるよう上から順に書きましょう。

テキストエディタはWindowsに標準搭載されているメモ帳でも問題なく使用できますが、コマンドが多くなる際はコード用のものを使うと書きやすいです。

 

ステップ2.作成したテキストファイルの拡張子を「.bat」にして保存する

コマンドが書き終わったら、「ファイル名.bat」の形式でファイルを保存します。デスクトップ上に専用のフォルダを用意してファイルを保存すると、アクセスしやすく便利です。

次に作成したバッチファイルの実行方法を説明します。

 

バッチファイルの実行するための3ステップ

バッチファイルの実行は以下の3ステップで行います。

  1. コマンドプロンプトを起動する
  2. コマンドプロンプトでバッチファイルが保存されているフォルダを指定する
  3. バッチファイルを実行する

それではそれぞれのステップについて解説します。

 

ステップ1.コマンドプロンプトを起動する

まずはコマンドプロンプトを起動します。

コマンドプロンプトはWindows画面の左下のタスクバーから「cmd」と入力すると表示されるので、それをクリックすることで起動できます。

 

ステップ2.コマンドプロンプトでバッチファイルが保存されているフォルダを指定する

次に、コマンドプロンプトでバッチファイルが保存されているフォルダを指定します。

フォルダの指定は「cd」+「半角スペース」+「フォルダ名」をコマンドプロンプトに入力して「Enter」キーを押すことでできます。

 

ステップ3.バッチファイルを実行する

フォルダの指定ができたら、コマンドプロンプトに実行したいバッチファイルのファイル名を入力して「Enter」キーを押すことでファイルを実行できます。

 

バッチファイルを使うときの3つの注意点

バッチファイルの作成や実行の際には気を付けたいことがあります。

ここでは、バッチファイルを使うときの以下の3つの注意点を紹介します。

  • 実行したバッチファイルの強制終了は「Ctrl」キー+「C」キーで行う
  • 大量のデータを処理する際には時間に余裕のあるタイミングで行う
  • ファイル名を分かりやすくする

それではそれぞれの注意点について解説します。

 

実行したバッチファイルの強制終了は「Ctrl」キー+「C」キーで行う

実行したバッチファイルを途中で強制終了したい場合は、PCのシャットダウンではなく、「Ctrl」キーと「C」キーを同時に押すことでできます。

「Ctrl」キーと「C」キーを同時に押すと「ジョブを終了しますか?」と表示され、「Y」キーを押すと強制終了、「N」キーを押すと処理が継続されます。

 

大量のデータを処理する際には時間に余裕のあるタイミングで行う

大量のデータの処理には時間がかかります。そのため、可能であればタイムスケジューラを用いて夜間や作業時間外などの余裕がある時間に行うようにしましょう。

作業中に行うと予定時間通りに処理が終わらず、作業時間が必要以上にかかってしまいます。

 

ファイル名を分かりやすくする

バッチファイルのファイル名が分かりづらいとファイルを複数作成した場合に管理が難しくなります。

使いたいときにどのバッチファイルを実行すれば良いのかが分からなくならないように、分かりやすいファイル名にしましょう。

 

まとめ

バッチファイルについてまとめると以下のようになります。

  • バッチファイルとはWindowsで実行できるコマンド列が書かれた拡張子が「.bat」のテキストファイルのこと
  • ファイルやフォルダの作成、編集、削除、内容の比較、バックアップシステムの作成、アプリケーションの起動を行える
  • メリットは作業の自動化、人為的なミスを減らせる、作業時間外でも実行できること
  • デメリットは慣れるまで作成が大変、動作確認が必要、作成者以外にプログラムの意図が伝わりづらいこと

バッチファイルは最初の作成難易度は高いものの、慣れてしまえば簡単に作成でき、作業の効率化やミスを減らすことができます。

また、専用のソフトを使わなくてもWindowsに標準搭載されているメモ帳を使って作成できるため、お手軽に作業効率を上げられるようになりたい人は、作成方法を覚えて有効活用しましょう。

 

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

業務効率化のサービスをまとめて資料請求!

業務効率化のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

投稿者プロフィール

kyozon編集部
kyozon編集部
デジタルマーケティングやデータ活用、また組織マネジメント、営業強化など、ビジネスに関係するあらゆる有意義な情報を毎日配信!ユーザーとベンダーのコミュニケーションを活性化させるWebサービスを目指す。

営業力強化に関連するサービス

アラームボックスパワーサーチ

アラームボックスパワーサーチ

新規取引先の調査であなたの力になる

サービスの特長

  • 難しい決算書を読む必要無し!与信情報を分かりやすく提供!
  • 調査結果には担当者からの助言コメント付き!与信判断の参考に。
  • ワンコインで反社チェックも!与信調査以外もお任せください!
新規取引先の調査であなたの力になる
詳細を見る

CALLTREE

CALLTREE

コールセンター運営10年以上!現場から生まれた営業支援システム

サービスの特長

  • 専用設備不要・最短翌日での導入が可能
  • 真の”使いやすさ”を徹底追求、現場主義システム
  • ビギナーからエキスパートまで。顧客に合ったプラン展開
1 社の資料を選択中 無料資料請求へ進む