データ活用のサービス

データ活用とは

データ活用とは、社内の様々なシステム、ツール、ソフトウェアで蓄積されたデータから示唆を出し、将来に向けて効果的な施策を導き出すことを指します。

データを活用するためには、蓄積されたデータが集計・分析可能な状態にあること必要条件になります。
分析をより具体的に実施するためには1つのシステムから蓄積されるデータだけでなく、社内のデータを連携させたり、社外のデータとの関係性を測定することも重要です。
示唆を出すためにはデータの規則性/異常性/因果関係/相関関係に着目して傾向を掴みます。

データは過去の実績であることが多く、その傾向から見込みを予測したり、現状の問題点を洗い出し、ビジネスの計画を立てます。
データ活用の仕組みを構築し、適宜確認ができれば、早期の問題発見、軌道修正が可能になります。

社内の複数のシステムに存在するデータを統合するためにDMP(データマネジメントプラットフォーム)を利用し、
膨大なデータを利用者の必要な観点(軸)で参照できるようにするために分析ツール(BIツール)を利用します。

データ活用に関する記事