法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

BIツールとDWHとの違いとは?各機能や活用方法を解説

2023年1月25日
BIツールとDWHとの違いとは?各機能や活用方法を解説
● MAツール● 業務効率化

近年のIT業界はめまぐるしく進化し、とても便利な時代になりました。 その反面、企業に散財した膨大なデータをうまく活用できていない企業も多く見受けられます。 データ集計、分析といった作業を効率化したい人やデータは大量にあるのに有効活用できないという方のために本記事では「BIツール」と「DWH」というシステムについて紹介させていただきたい。 両者は密接な関係にあるが、具体的にどのような働きをみせてくれるのでしょうか。 またBIツールとDWHとは何なのか、メリット・デメリット、具体的な活用方法まで詳しく解説していきます。 このツールを十分に理解し、経営の意思決定にお役立てください。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

データ収集・活用のサービスをまとめて資料請求!

データ収集・活用のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

BIツールとは?

BIツールとは

BIツールとはBusiness Intelligence Toolの略です。企業が持つ経営に必要なさまざまな数値を分析、見える化して経営に役立てるソフトウェアのことを指します。

特徴的な機能は以下4点です。

①数値を観測するレポーティング
②限定されたデータを多角的に調べるOLAP分析
③未知の知見を見出すためのデータマイニング
④予測するプランニング

などが挙げられます。

企業活動の中で日々蓄積されるデータは「ビッグデータ」と呼ばれるほどの大きさとなり、別々のシステムに保存されたデータや一般的な表計算を分析するとかなりの時間を要したり、不正確な集計結果になる恐れがあります。

そのような問題が起こる前にビジネスの意思決定を促すために誕生したのがBIツールなのです。

 

BIツールのメリット・デメリット

効果的にツールを役立てるためのメリット・デメリットを理解しておきましょう。

 

メリット①集計作業の短縮

データの集計作業や抽出作業には多くの時間を要します。

BIツールを使用すれば集計やデータの更新も自動的に行ってくれるのでこれまで費やしてきた時間を経営判断の時間にあてられます。

 

メリット②課題の早期発見

本質的なデータに到達しやすいです。なぜならリアルタイムにデータが更新されるので問題解決のスピードが格段に上がるからです。

早期発見につながる強い味方ですね。

 

メリット③経験や勘に頼らない

専門スキルがなくても抽出したデータに基づいて経営の判断や意思決定を行えます。

 

デメリット①初期投資や教育にコストが発生する

BIツールを導入するにあたり、使用料としてコストが発生します。

また利用する人数が多くなるほど社員への研修にかける時間やコストが膨れ上がってしまいます。

 

デメリット②初期設定の作業に手間がかかる

BIツールは運用開始の難易度が高く作業が煩雑になりやすく、さまざまなデータを収集できるよう設定しなければなりません。

場合によっては専門家に依頼しなければならなくなりさらにコストがかかる恐れも。

 

DWHとは?

DWHとは

DWHとはDate Ware House(データウェアハウス)の頭文字を取ったシステムのことです。直訳すると「データの倉庫」といいます。

DWHはデータ分析に特化し企業の中で保有している大量のデータを時系列で保存できるシステムで企業の基幹ともいえます。

会計システムや人事管理システム、その他システムなどのデータを一か所に集約し、分析に活かすために保存しておく倉庫です。

このビッグデータをうまく活用することが求められている近年のビジネスでは、大量のデータの中から条件に合うものを抽出できたり、意思決定の助けに大きく貢献します。

 

DWHツールのメリット・デメリット

DWHのメリットとデメリットを整理し、今後の利用に活かしましょう。

 

メリット①順番に時系列保存が可能

DWHのメリットは一カ所に集約したデータを時系列で順番に保存できるところです。

過去のどの時点で保存したのかピンポイントで把握でき、緊急を要する時にも勘や勢いで作成したデータに頼らず正確な意思決定が可能です。

 

メリット②中身を確認しやすい

DWHに保管されるデータは、前処理の段階でETLというシステムによって必要なデータを整理整頓してから保存しています。

なので蓄積されたデータは見やすい形で整理され、確認したい時にすぐに見つかります。

 

メリット③不明瞭な情報に左右されない

膨大なデータは経営戦略において必要不可欠です。

大きなデータを正確に分析することが可能なため、迅速な意思決定につながり、競合に差をつけることができます。

事業拡大や顧客開拓にも派生し、ビジネスの成功に導いてくれる大切なツールなのです。

 

デメリット①定型的な分析のみ

DWHはあらかじめ決められたデータのみを取り扱うため定型的な分析は得意です。

ですが、応用的な分析は苦手とし、変則的な分析や頻繁なデータ更新などは不得意です。

DWHを使用する時は目的を明確にしてから使い始める必要があります。

 

デメリット②即時分析に対応が難しい

DWHは一定周期で収集する仕組みになっているため、リアルタイムでの分析が難しいです。

よって追加直後のデータはDWHには保管されておらず、同時進行での分析を苦手としています。

 

BIツールとDWHとの違い

ここまでBIツールとDWHとは何なのかメリット・デメリットについて述べてきました。

次項ではBIツールとDWHの違い、その他にも「データマート」「データレイク」「データベース」との関係性についても解説していきます。

両者の違いはデータを蓄積するのかあるいは抽出したデータを分析するのかという点に大別されます。

BIツールは抽出されたデータを分析するツールで専門的知見がなくても分析できる特徴があります。

一方、DWHはあくまでデータを時系列で蓄積・保存し分析するために抽出しやすくされたシステムで抽出後のデータをどうするかはあまり関係ないのです。

よってBIツールとDWHを組み合わせて使用することで生産性がさらに加速するツールといえるでしょう。

 

データマート

データマートとは企業にDWHなどに蓄積された大量のデータから利用用途に応じて一部を取り出して構築されたものです。 

DWHは企業の大部分を蓄積する倉庫ですが、データマートはDWHから必要な情報を取り出し保管するデータベースなので、分析対象は狭く限定的な分析に優れています。

 

データレイク

データレイクはデータの形式をそのまま取り込んでいく巨大な入れ物のようなもので、データの蓄積が容易です。

すべてのデータを保有しているので必要なデータを必ず取り出すことができます。

反面データが未加工で保存されるうえに、大きいストレージが必要になるため、将来利用される可能性があるデータを一旦預けておくという非構造化のデータ格納になるので消費ストレージの無駄が大きくなります。

DWHがデータの統一感や検索性ならばデータレイクは柔軟性に富んだ格納庫といった表現になるでしょう。

 

データベース

データベースとは、数値や画像などのデータを1つの場所に集約した集合体のことです。

データを保存するという意味ではDWHと同じと思われますが、DWHが項目や属性を種別してデータを保管するのに対し、データベースはデータ活用までは想定しておらず、データを使いやすい形に整理して保管することが目的とされています。

整理された情報は使いやすく、必要な時にすぐ取り出せる点が最大のメリットです。 

 

おすすめのBIツール3選

おすすめのBIツールを紹介します。

選ぶ際のポイントや注意点なども合わせて解説していきます。

 

おすすめツール①:Microsoft Power BI Desktop(無料プランあり)

Microsoft社が提供するBIツールです。

企業のデータを分析することが目的で、可視化したデータを業務改善に活かすことができます。

 

・こんな人におすすめ

データ抽出・分析・レポート作成まで無料で行えます。

社員の誰もが自分の取得したいデータを素早く抽出したり、分析できるので初心者でも扱いやすいツールです。

幅広いデータを無料で使いたい人におすすめです。

 

・こんな人には向かない

大量のデータを扱いたい場合は有料プランに切り替える必要があります。

外部サーバーとの連携ができないので、サーバー連携が必要な場合には有料版が必要になってしまいます。

データ量が多いとページが重くなり動作に影響が出てきます。

またサポートからの回答にも時間がかかるためサクサク進めたい方には不向きです。

 

おすすめツール②:Googleデータポータル(無料プランあり)

GoogleデータポータルはGoogleが提供しているBIツールです。

データには「管理」「可視化」「レポーティング」など多くの機能が搭載されています。

 

・こんな人におすすめ

Googleデータポータルは無料で利用できGoogleもアカウントさえ作成すれば誰でも使えるため、気軽に始められる点は大きなメリットといえます。

工数削減目的で導入されたツールのため、データの資料やレポートの作成に工数をかけたくない方におすすめです。 

 

・こんな人には向かない

Googleデータポータルは、他のツールと比較すると設定が特殊で時間を要します。

直感的な操作を求める人には向いていないでしょう。 

 

おすすめツール③:Qlik Sense(有料プランのみ)

Qlik Technologies社が開発した次世代BIツールです。

蓄積されたデータから分析レポートやダッシュボードをシンプルかつ直感的な操作で作成し、多角的な観点で分析を可能にします。

 

・こんな人におすすめ

さまざまな数字をもとに分析をして戦略を立てていく時に活かせるツールです。

営業に関わる人が使うと活躍の場が広げられるでしょう。 

 

・こんな人には向かない

サポートページやヘルプページが英語のため、トラブル発生時にスムーズな対応が難しい場合があります。 

 

まとめ

BIツールとDWHについてそれぞれ説明しました。

各ツールを活用することで自社データを有効に分析できることがわかりました。

根拠となるデータをもとに意思決定を下すには、経営や業務上、さまざまなデータを可視化するツールが重要となります。

社内にあるデータをある程度保有しながらツールの導入をまだされていない方は、ぜひ一度検討してみてください。

 

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

データ収集・活用のサービスをまとめて資料請求!

データ収集・活用のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

投稿者プロフィール

kyozon編集部
kyozon編集部
デジタルマーケティングやデータ活用、また組織マネジメント、営業強化など、ビジネスに関係するあらゆる有意義な情報を毎日配信!ユーザーとベンダーのコミュニケーションを活性化させるWebサービスを目指す。

データ収集・活用に関連するサービス

リピスト

リピスト

D2C単品/定期通販特化型ECカートシステム

サービスの特長

  • 購買率(CVR)に強いカートシステム
  • 自由な定期サイクル設定
  • 便利な広告集計管理(集客プロモーションの最大化)
  • 規模に合わせて最適なプランをご用意
  • 圧倒的なシステムサポート
D2C単品/定期通販特化型ECカートシステム
詳細を見る

楽楽リピート

楽楽リピート

全体評価
4.1
レビュー
3件
リピート通販・D2C “超” 特化型カートシステム

サービスの特長

  • 長年に渡るECサイト運営のノウハウを集約!
  • 2社に1社がお乗り換え!継続率は97%!
  • 豊富なCRM機能でLTV最大化!

バクリス

バクリス

採用・人材ニーズが高い企業だけを集めた営業リスト

サービスの特長

  • コストパフォーマンスと柔軟性(月額19,900円〜。買切りも可能)
  • リストの質(営業時に必要な情報を網羅)
  • スピード(申込みから納品まで最短1営業日)
採用・人材ニーズが高い企業だけを集めた営業リスト
詳細を見る
0 社の資料を選択中
無料資料請求へ進む