法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

【完全版】マーケティング課題の見つけ方と解決方法!課題解決に活用したいマーケティングサービスも

2022年11月24日
【完全版】マーケティング課題の見つけ方と解決方法!課題解決に活用したいマーケティングサービスも
● マーケティング

自社のマーケティングにおける課題は、客観的な視点での分析が重要です。本記事ではマーケティング課題の見つけ方とその解決方法を紹介します。解決に役立つツールも紹介しているので、ぜひご参考ください。

目次

閉じる

「マーケティング施策に取り組んでいるのに、なかなか成果が出ない」 このような方は、一度自社のマーケティングについて見直してみてはいかがでしょうか。マーケティングにおける課題を発見することで、自社のマーケティング戦略がよい方向へと進む可能性があります。

本記事ではマーケティング課題の見つけ方から、課題解決方法まで、実践的な内容を具体的に解説します。

マーケティング課題の見つけ方

発見するイメージ

自社のマーケティングにおける課題は、どのように見つけたらよいのでしょうか。

経験や勘などに頼って主観的に判断すると、課題を見誤る可能性があります。そのため、フレームワークを活用したり、マーケティングリサーチを行ったりして、客観的に自社の課題を見つけましょう。

マーケティングについて学びたい方はこちらをご覧ください。

フレームワークを活用する

フレームワークの活用により、自社の状況(内部環境)や、自社を取り巻く状況(外部環境)などを客観的に分析できます。

3C分析

3C分析とは、以下の3つの視点から内部環境・外部環境について分析する手法です。

  • Customer(市場・顧客):自社の顧客はどのような層か、市場のニーズはどう変化しているか、など
  • Competitor(競合):競合他社の現状はどうか、シェアはどのくらいか、など
  • Company(自社):自社の現状(売上や企業規模など)はどうか、自社の強み・弱みは何か、など

3C分析では上記3つの視点から状況を分析し、課題発見につなげます。

STP分析

STP分析とは、以下3つの段階を踏んで分析し、自社の立ち位置を明確にするフレームワークです。

  • Segmentation(セグメンテーション):市場の細分化
  • Targeting(ターゲティング):自社が狙う市場を決める
  • Positioning(ポジショニング):市場における自社の立ち位置を明確にする

STP分析は主にマーケティング戦略立案に使われるフレームワークですが、自社のターゲット層や競合との位置関係を明確にしてマーケティング課題を発見することも可能です。

4P分析

4P分析は、以下4つの視点から自社商材をどのように販売していくかを考える際に使われるフレームワークです。

  • Product(製品・サービス):どの商材を販売するか
  • Price(価格):その商材の販売価格(もしくは卸値)はいくらか
  • Place(販売場所・流通経路):その商材をどのように流通して、どこで(どのチャネルで)販売するか
  • Promotion(販促):その商材をどのように販促するか

改めて自社商材や販売戦略について見直すことで、マーケティング課題も見えてくるでしょう。

マーケティングリサーチを行う

マーケティングリサーチを行うとリアルな消費者の声を拾うことが可能です。消費者の生の意見・要望はフレームワークだけでは把握できないので、ぜひリサーチしてみましょう。

アンケート調査

自社で聞きたい質問事項をまとめてアンケートを行う調査方法は、消費者の傾向などを把握するのに役立ちます。

質問事項を選択式にすることでアンケート結果は数値化できるため、定量的に測定したい場合に最適な方法です。また記述式の回答欄を設けると、より詳しく消費者の意見を知ることもできるでしょう。

アンケート用紙を配布するほかにも、SNSのアンケート機能を活用したり、Webサイトにアンケート回答フォームを設置したりする方法もあります。

電話調査

電話調査は、電話で質問をして意見をヒアリングする方法です。

直接意見を聞けるため、気になる回答があれば深掘りして聞くこともできます。

ただし固定電話が主流だった頃は電話調査の効果も高かったですが、スマートフォンが普及した現代では知らない番号からの電話には出ない人も多く、電話調査の回答率が低くなってきている傾向です。

郵送調査

郵送調査は、アンケート用紙を郵送して回答用紙を返送してもらう方法を指します。

送付する際、自社の案内リーフレットや商品パンフレットなども同封すると、信頼性が高まるでしょう。

インターネット調査に対応することが難しい、高齢者層に有効な方法です。

グループインタビュー

複数の対象者を集めて、座談会の形式でグループインタビューする方法も効果的です。

対象者同士の顔を見ながら話せるので、議論が活発になりやすく本音を聞き出しやすくなるでしょう。

実際に商品・サービスを体験してもらい、その場で議論してもらう方法もよいでしょう。

マーケティング課題解決までの流れ

探すイメージ

マーケティング課題を見極めるだけでなく、解決へと進めることも重要です。マーケティング課題を解決する手順は以下の通りです。

内部・外部環境の分析

まずは内部環境と外部環境を分析します。

前章で紹介したフレームワークのほか、以下のフレームワークも有効です。

■SWOT分析

「Strength(強み)」「Weakness(弱み)」「Opportunity(機会)」「Threat(脅威)」の4つの項目から内部環境・外部環境を分析する

■PEST分析

「Politics(政治)」「Economy(経済)」「Society(社会)」「Technology(技術)」の4つの項目から、マクロな視点で外部環境を分析する

■ファイブフォース分析

自社を取り巻く「競合他社」「新規参入」「代替品」「売り手(サプライヤー)」「買い手(顧客)」の5つの脅威を分析して外部環境を把握する

■VRIO分析

「Value(経済的価値)」「Rarity(希少性)」「Inimitability(模倣可能性)」「Organization(組織)」の4つの項目から内部・外部環境を分析する

なお、マーケティングに活用できるフレームワークは下記記事で詳しく紹介しております。ぜひご参考ください。

ターゲット設定

自社内の環境と、自社を取り巻く環境を把握できたら、次は自社が狙うターゲットとなる市場を設定します。

前章で紹介したSTP分析のほか、以下6つの視点から市場を見極める6R分析も有用です。

  • Realistic scale(市場規模)
  • Rank(優先度)
  • Rate of growth(成長率)
  • Rival(競合状況)
  • Reach(到達可能性)
  • Response(測定可能性)

また、自社の既存顧客データを分析し、自社商材を親和性の高い市場を見極める方法もあります。

提供できる価値の明確化

市場を見極めたら、その市場に対して自社がどのような価値を提供できるか明確にします。他社には真似できない、自社独自の価値を見つけましょう。

ただし、その価値が市場のニーズにマッチしていなければ、価値にはなりえません。ニーズ分析も同時に行うとよいでしょう。

サービス・製品の提供方法の決定

市場に対し、自社のサービス・製品をどのように提供するか決定します。

前章で紹介した4P分析が有効です。価格や販売チャネル、販促方法を決めましょう。

消費者の購買行動がオンライン化している現代では、実店舗の店頭だけでなく、ECサイトでの販売も効果があります。それに合わせてオンラインの販促方法も効果が高まっているので、オフライン・オンラインともに検討しましょう。

PDCAサイクルを回して施策・改善を繰り返す

一度施策を行っただけでは、マーケティング課題がすぐに解決することはほとんどないでしょう。

そのため、PDCAサイクルを回してブラッシュアップしていくことが重要です。

ビジネスを取り巻く環境の変化が激しいため、スピーディなPDCAサイクルが求められます。

マーケティング課題を解決できる手法3選

マーケティングイメージ

マーケティング課題を解決するために、どのような施策が有効なのでしょうか。

近年主流となっている3つの手法について解説します。

多様化するマーケティングの全てを学びたい方はこちらをご覧ください。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーに対してさまざまなコンテンツを通じて有益な情報を提供する手法です。リード獲得や育成、既存顧客のエンゲージメント醸成など幅広い目的で活用されます。

コンテンツマーケティングの主流は、記事コンテンツを活用したオウンドメディア運営です。主に検索エンジンからの流入増加を目的とします。

ほかにも、動画コンテンツやホワイトペーパー、さらにはセミナーやリアルイベントなども、広義ではコンテンツに含まれます。

SNSマーケティング

SNSユーザーが増加の一途をたどっている今、マーケティングでSNSを活用している企業も増えています。

SNSマーケティングは、自社のSNSアカウントを作成して情報発信を行う手法です。

SNSによってはユーザーと直接コミュニケーションが取れるものもあるので、一方通行の情報発信ではなく、双方向のやり取りにより関係性構築も期待できるでしょう。

リスティング広告

リスティング広告とは検索連動型広告とも言い、Web広告の一種です。検索エンジンの検索結果ページで、自然検索のランキングと共に表示されます。

ユーザーが検索したキーワードに応じてリスティング広告も表示される仕組みです。ユーザーのクリックごとに課金が発生し、キーワードによってクリック単価が異なります。

少額から始められることと、比較的早い段階で成果が出やすいことから、マーケティング課題の解決策として活用されることも多い手法です。

マーケティング課題解決に活用できるサービス5選

マーケティングイメージ

マーケティングの課題解決のためには、さまざまなマーケティングサービスを活用することも一つの手です。 そこで、おすすめのサービスを5つ紹介します。

SNS集客:モニタリングDX

モニタリングDX

モニタリングDXは「モニタリングツール」という人間の限界を超えた高機能AIを搭載しています。SNSへの投稿や口コミの分析に割く時間を大幅に削減できます。

モニタリングDX モニタリングDX

料金プラン

プラン名1KWプラン2KWプラン3KWプラン
初期費用150,000円150,000円150,000円
基本料金(月額)85,000円~(月額)150,000円~(月額)200,000円~
従量料金---

「モニタリングDX」の資料ダウンロードはこちら

SEOマーケティング:tami-co(たみこ)

tami-co(タミコ)

「tami-co(たみこ)」は、オウンドメディアを活用したコンテンツマーケティングに活用できるツールです。自動で高度な分析ができ、記事コンテンツの企画をサポートします。

料金プラン

プラン名ライトプラン通常ビジネス
初期費用なしなしなし

月額
基本料金

31,350円(税込)59,400円(税込)85,800円(税込)
従量料金なしなしなし

「tami-co」の資料ダウンロードはこちら

ファンマーケティング:coorum

ファンマーケティング:coorum

「coorum(コーラム)」は、コミュニティを活用してファンへと醸成するためのマーケティングサービスです。企業と顧客、顧客と顧客など、双方向のやり取りを行ってエンゲージメントを向上させます。

ファンマーケティング:coorum

料金プラン

プラン名お問い合わせください
初期費用お問い合わせください
基本料金お問い合わせください
従量料金お問い合わせください

「coorum」の資料ダウンロードはこちら

デジタルマーケティング:グロース X マーケティング編(with コラーニングアプリ)

グロース X マーケティング編(with コラーニングアプリ)

「グロース X マーケティング編」は、デジタルに強い人材育成を実現するeラーニングサービスです。

グロース X マーケティング編(with コラーニングアプリ)

グロース X マーケティング編(with コラーニングアプリ)

料金プラン

プラン名〜10名〜20名〜30名
初期費用300,000円300,000円300,000円
基本料金月額100,000円〜月額160,000円 (@¥8,000)月額200,000円 (@¥6,666)
従量料金---

「グロース X マーケティング編」の資料ダウンロードはこちら

マーケティング人材:デジパラ

デジパラ

「デジパラ」は、フリーランスのマーケターに特化した人材紹介サービスです。マーケティング課題の抽出から解決策の提案、さらには実行や効果測定まで幅広く依頼できます。

料金プラン

プラン名デジパラ
初期費用なし
基本料金なし
従量料金月額課金(32時間稼働〜)

「デジパラ」の資料ダウンロードはこちら

まとめ

マーケティングイメージ

マーケティング課題は、主観的な視点ではなかなか見つかりにくいものです。

今回紹介した「フレームワーク」「マーケティングリサーチ」などの見つけ方を参考にして、自社のマーケティングを見直しましょう。

また、マーケティング課題を発見するだけでなく、改善するための施策も重要です。

本記事で紹介したマーケティングサービスのほか、当メディア「kyozon」ではさまざまなツールやサービスを紹介しています。資料ダウンロードもできるので、ぜひご活用ください。

 

【SNSフォローのお願い】

kyozonは日常のビジネスをスマートにする情報を毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方はtwitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:https://www.facebook.com/kyozon.comix

マーケティングに関連するサービス

Flipdesk

Flipdesk

レビューはまだありません
顧客体験(CX)の向上で、売上・広告効果を最大化

サービスの特長

  • ユーザーに合わせた接客自動化でCX向上を加速
  • 業界随一の圧倒的なコスパ
  • 導入〜レポーティングまで、充実したサポート体制を提供

tami-co(たみこ)

tami-co(たみこ)

レビューはまだありません
seo・コンテンツマーケティング用記事の作成ツール

サービスの特長

  • 上位表示される記事の構成案が作成できる
  • 既存記事のリライト機能
  • 充実の導入サポート体制によるご支援

APP.ASO

APP.ASO

全体評価
3.7
レビュー
2件
アプリストアで「見つからなかった」を見つけてもらえるASOサービス

サービスの特長

  • 自社独自開発のAIツール
  • 独自のノウハウによるキーワード選定
  • マーケターが選ぶ信頼できるASO会社No.1
0 社の資料を選択中
無料資料請求へ進む