法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

リテンションマーケティングとは?LTVを最大化する成功のコツ

投稿日:2023年10月12日 /

更新日:2023年10月20日

リテンションマーケティングとは?LTVを最大化する成功のコツ
● CRM● MAツール● マーケティング戦略

リテンションとは、英語で「Retention」と表記し「維持、保持」を意味する言葉です。マーケティング業界においては、離れてしまった顧客や購買行動を継続してくれないユーザーとの関係を再構築・維持するという意味で使われます。

マーケティングの世界では、新規顧客の獲得に焦点が当たりがちですが、近年ではリテンションマーケティングも注目を集めています。一般的に、既存の顧客を維持する費用は新規顧客を獲得する費用と比較して25分の1~5分の1程度といわれており、コストを抑えられることが理由の一つです。

この記事では、リテンションマーケティングの効果とメリットを解説し、具体的な戦略や実践する際のポイントについても紹介します。

マーケティング戦略関連のサービスを
無料で資料請求!

マーケティング戦略関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

リテンションマーケティングの基礎知識

マーケティングを学ぶ上で活用したいサービス3選

リテンションマーケティングの目的とメリット

リテンションマーケティングは、既存の顧客を維持・育成する戦略です。

具体的には、既存顧客の購入履歴や利用データをCRMツールで管理し、その情報を活用して個別の施策を実施します。
この方法は新規顧客の獲得よりもコストが低く、高いROIを実現することができます。また、顧客のLTV(生涯顧客価値)を高めることを目的としています。

主なメリット

  1. 売上向上
    既存顧客からの継続的な購入により、総売上と単価が向上。満足度が高い顧客は新規顧客を紹介してくれる場合が多く、さらなる売上につながる。

  2. 顧客ロイヤルティの強化
    継続的なコンタクトとサービス改善で、顧客のロイヤルティが高まる。

  3. 顧客データの精度向上
    顧客との継続的な関係を通じて収集されるデータは、今後のマーケティング戦略や商品開発に有効。


SNSやメールマーケティング、オウンドメディアを活用した内容配信など、多角的なアプローチでこれらのメリットを最大限に引き出すことが可能です。
特に、データ分析により、どの施策が効果的であるかを把握し、継続的に改善を行うことが成功へとつながります。

リテンションマーケティングは単なる営業手法ではなく、持続可能なビジネスを構築するための重要な戦略です。

リテンションマーケティングとアクイジョンマーケティングの違い

企業が収益を上げることを目的とした、もう一つの重要なマーケティング手法がアクイジョンマーケティング
(Acquisition Marketing)です。

リテンションマーケティングが既存顧客に焦点を当てた戦略であることに対し、アクイジョンマーケティングは新規顧客の獲得に焦点を当てた戦略です。
広告、SEO、テレアポ、リードナーチャリングなどが一般的な施策です。主に事業の拡大と売り上げを狙います。ビジネス(特にBtoB)においては、リード(見込み顧客)の獲得とその後の営業アプローチが中心となります。

それぞれの特徴

 リテンションマーケティングアクイジョンマーケティング
コスト比較的低い比較的高い
データ分析既存顧客の顧客データや行動データ、購入履歴を基に分析。
継続的な関係を築くための対策を考えます。
ターゲット市場やセグメントのデータを基に分析。
広告やSEOの効果を測定する指標が重要です。
関係性既存顧客と長期的に深い関係を築くことを重視。
CRMシステムの活用や独自のコンテンツ制作を通じて、顧客とのエンゲージメントを高めます。
新規顧客との関係を築くことを目的とし、ブランド認知の向上やターゲットオーディエンスへのアプローチを強化します。
マーケティングキャンペーンや広告戦略を通じて、新規顧客の関心を引き付け、ブランドへの興味を喚起します。

 

リテンションマーケティングとアクイジョンマーケティングは相互に影響し合います。
例えば、高品質な商品やサービスを提供することで、新規顧客がリピーターに変わる可能性があります。そのため、バランスよく両方のマーケティングを行うことが必要です。

効果的なリテンション施策とポイント

ファンマーケティング戦略立案の流れ

BtoBとBtoCでのリテンション施策の違い

BtoB(ビジネス対ビジネス)とBtoC(ビジネス対消費者)では、リテンション施策のアプローチが異なります。

BtoBの場合
主に長期的な取引が多く、営業活動や商談が中心です。
顧客は通常、企業や法人であり、製品やサービスの導入には多くの部門との調整が必要です。
インサイドセールスやCRMツールの活用、専門的な情報提供やセミナーが効果的です。営業担当者との継続的なコミュニケーションも重要なポイントとなります。

BtoCの場合
顧客は一般的に個々の消費者であり、購買決定も迅速です。
SNSやメルマガ、Webサイトなどデジタルマーケティング手法が中心です。消費者の購買履歴や行動データを分析し、商品紹介やキャンペーンなどパーソナライズされたコンテンツを提供することが有効です。

効果的なリテンション施策のポイント

リテンションマーケティングは、BtoBとBtoCで異なる施策が必要ですが、いずれも顧客のニーズを理解し、その期待に応えることが効果的なリテンション施策となります。

施策のポイント

  1. 顧客データの分析
    購買履歴、顧客フィードバック、アンケートなどのデータを集め、分析することで、何が顧客リテンションに影響を与えるのかを理解します。

  2. 高品質なコンテンツ
    顧客が求める情報や解説記事をWebサイトやオウンドメディアに配信し、顧客の信頼とエンゲージメントを高めます。

  3. 迅速なカスタマーサポート
    問い合わせやクレームに迅速かつ適切に対応することで、顧客満足度を向上させます。

 

BtoBとBtoCのビジネスモデルそれぞれにおいて、リテンションマーケティングは多角的なアプローチが求められます。
データ分析を基にした戦略立案、顧客との継続的なコミュニケーション、そして高品質なコンテンツ提供が、顧客のロイヤリティ向上とビジネスの成長を促します。

リテンション率の計算方法とデータ分析

LTVを分析するメリット3選

リテンション率の計算方法と目安

リテンション率は、特定の期間内にサービスや商品を継続して利用する顧客の割合を示す重要なKPI(指標)です。この数値が高いほど、顧客維持がうまくいっていると言えます。具体的な計算方法は以下です。

リテンション率 = (期間終了時の既存顧客数 – 新規獲得顧客数) / 期間開始時の既存顧客数 × 100


この計算を行う際、企業自体のビジネスモデルやサービス内容によって、適切な期間や分析対象となる顧客層が変わる可能性があります。データ解析ツールを活用し、継続的な計測と改善が必要です。

一般的な目安としては、リテンション率が70%以上であれば良いとされていますが、業種やサービスによってはこの数値が低くても十分な場合もあります。ポイントは、高いリテンション率が直接的に顧客満足度や収益向上に寄与すると把握することです。

データ分析によるリテンション向上策

データ分析は、リテンションマーケティングにおいて非常に重要な要素です。
既存顧客の行動や嗜好を把握し、それに基づいた施策を設計するためには、データ分析が不可欠です。具体的には、購入履歴、アクセス数、利用期間などのKPIを解析することが有効です。

解析ツールやCRMシステムを活用し、これらのデータを収集・管理します。得られたデータを用いて顧客セグメントを作成し、各グループに対する独自のアプローチや施策を考えます。
例えば、高いLTVを持つロイヤルカスタマーには、特定の製品やサービスを提供するイベントやセミナーを企画することがあります。

データ分析により、顧客がサービスや商品に何を求め、どの点で満足しているのか、またはどの点で離脱する可能性が高いのかを明らかにします。この情報が、継続的なリテンション向上のための施策設計や改善に役立ちます。

既存顧客とのエンゲージメント向上策

BtoBにおけるWeb集客のポイント

カスタマーサポートとリテンション

カスタマーサポートは、リテンションマーケティングにおいて重要な役割を果たします。
良いサポートが提供されると、顧客満足度が高まり、既存顧客がサービスや商品を継続的に利用する確率が上がります。
企業はCRMシステムやチャットボットなどのツールを導入し、顧客からの問い合わせに効率的に対応します。購入後のサポートや商品に関する情報の提供、問題解決の手法などは、顧客との長期的な関係を構築する上で不可欠です。

カスタマーサポートが成功するポイントは、顧客のニーズを理解し、それに対応する対策を行うこと。
例えば、製品に対する質問や問題が多い場合は、解説記事や資料を作成して配信することで、顧客の問題を事前に解消できる場合があります。
このようなアプローチによって、顧客が感じる価値を高め、リテンショ率を向上させることが可能です。高いリテンション率は、LTVを高め、結果として企業の収益を生み出します。

SNSとメールマーケティングでのエンゲージメント戦略

SNSメールマーケティングは、エンゲージメントを高めるための効果的な手法です。

SNS
SNSでは、InstagramやTwitterを活用してターゲットユーザーに情報を発信することが重要です。投稿内容には、新商品紹介や特別な広告、さらには興味を引く動画や画像を用いて、フォロワーの関心を引きます。

メールマーケティング
メールマーケティングでは、メルマガやニュースレターの配信を行います。
重要なのは、セグメントを設定して適切な情報を送信すること。たとえば、既存顧客にはアップセルやクロスセルの情報、見込み顧客には製品やサービスのメリットを詳しく解説するようなコンテンツを作成します。

▽▽メールでのリテンションマーケティングを行いたい方におすすめの記事はこちら!▽▽

各チャネルでのエンゲージメントを高めるためには、CTA(コール・トゥ・アクション)の明確な設定と分析が必要です。
メールの開封率やSNSの反応、購買への影響を定期的に分析し、戦略を微調整します。

SNSとメールは連携させることで更なる効果を獲得できます。
例えば、SNSで特定のキャンペーンを紹介後、その詳細をメールで送るといった方法があります。
このようなアプローチで、顧客エンゲージメントを総合的に高め、リテンションを向上させることが可能です。

リテンションマーケティングの成功へのステップとまとめ

マーケティングイメージ

実践に移す前のチェックリスト

リテンションマーケティングを実践する前に、以下のポイントを確認してみましょう。

確認項目ポイント
目的の明確化戦略を練る前に目的を明確にします。
ターゲット顧客の理解既存の顧客データや購入履歴、行動分析から、ターゲットとする顧客層を明確にします。
コミュニケーション手法メールマーケティング、SNS、Webサイト等、どの媒体で顧客とコミュニケーションを取るか決定します。
指標の設定成果を測るためのKPIを設定します。例えば、リテンション率、LTV、コンバージョン率などが考えられます。
リソースと予算リテンション施策に必要な人材、技術、予算を確認します。不足している場合は、外部からの支援やツールの導入を検討します。
課題と解決策顧客が抱える問題やニーズに対する具体的な解決策を練ります。
コンテンツ戦略適切な情報提供や商品紹介、利用事例を企画します。これらがリテンションを高めるためのコンテンツとなります。
テスト運用小規模でリテンションマーケティング施策を行います。効果を測定することで、必要な改善点を見つけ出します。


このチェックリストを元にリテンションマーケティングの戦略を組み立てることで、実践に移す準備が整います。
継続的な運用と分析により、リテンションの向上と企業成長を実現できるでしょう。

リテンションマーケティングの長期的な運用と課題

リテンションマーケティングは企業が長期的に成功するために不可欠な戦略であり、特に既存顧客の維持とリピート購入の促進に効果的です。
しかし、これには多くの課題が伴います。

リテンションマーケティングでよくある課題

  1. 高度なCRMシステムの導入と維持にはコストがかかる場合がある。
  2. データ管理と分析ツールがなければ、顧客の行動や購入履歴をリアルタイムで把握し、適切なマーケティング施策を実施するのは困難。
  3. 顧客それぞれのニーズに対応するためのセグメント戦略の構築は容易ではない。
  4. セグメント戦略の構築には深い顧客理解と緻密なデータ分析が求められる。
  5. 提供するサービスや商品のラインナップが頻繁に変わると、マーケティング施策も迅速に調整する必要がある。

以上のような課題を理解し、解決策をしっかりと練ることが、リテンションマーケティングを長期的に成功させる鍵です。
特に、データの活用と顧客の深い理解が成功のための重要なポイントと言えるでしょう。

まとめ

リテンションマーケティングは長期的な視点で取り組むべき戦略です。多くの課題がありますが、それらを解決するための効果的な手法とツールも豊富に存在します。

企業が成功するためには、これらの課題と向き合い、持続的に改善を重ねることが大切です。
このようなアプローチによって、企業は既存顧客との強固な関係を築き、長期的な利益と成長を実現することができるでしょう。

リテンションマーケティングの実施を検討している方は必見!
マーケティング施策を成功へ導くおすすめのツールはこちら!

必須ツールを徹底比較!サービスの選び方もご紹介!

●顧客管理システム比較!おすすめのシステム9選と選び方のポイント

●CRMとは?おすすめツールや選ぶポイントも紹介!

●MAツール18社を徹底比較!MAツール各社の費用や特徴を紹介

マーケティングの効果を正確に計測し、さらなるブラッシュアップに欠かせないツールをご紹介!

●【2023年版】LTV分析ツールのおすすめ10選!計算方法とLTV向上のポイントを解説!

LTVの基礎知識を再確認したい方はこちらの動画もおすすめ!

●【顧客生涯価値】LTVを最大化させる方法と手段!|SaaSチャンネル【kyozon】Vol.10

マーケティング戦略関連のサービスを
無料で資料請求!

マーケティング戦略関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

マーケティング戦略に関連するサービス

BowNow(バウナウ)

BowNow(バウナウ)

全体評価
4.1
レビュー
9件
無料で使えるマーケティングオートメーション

サービスの特長

  • 厳選したシンプルな設計で、導入後すぐに使いこなせる
  • 今「アツい」リードがわかり、すぐに成果に繋がる
  • フリープラン(完全無料)から始められ、高い費用対効果を実現

Freeasy(フリージー)

Freeasy(フリージー)

全体評価
4.3
レビュー
3件
低価格とスピード、使いやすさに特化したセルフ型アンケートツール

サービスの特長

  • 最安500円から利用可能!9種類の属性情報からの絞り込みも可能
  • グラフカスタムが可能で自由なアウトプットが可能
  • アンケート添削や操作レクチャーなど、安心のサポート体制

Sales Marker(セールスマーカー)

Sales Marker(セールスマーカー)

全体評価
4.2
レビュー
5件
「あなたのサービスを欲しい顧客が見つかる」BtoB営業支援ツール

サービスの特長

  • 企業データ480万件とWEB行動履歴データから、自社商材への潜在顧客を洗い出す。
  • LinkedInなど300万以上の人物DBを保有。部署データ、部署番号により架電時の接触率が向上。
  • Salesforce, Hubspot 等の外部ツール連携が可能。リードの名寄せや情報拡張が可能。
マーケティング戦略関連のサービスを
まとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む