法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

【2023年版】LTV分析ツールのおすすめ10選!計算方法とLTV向上のポイントを解説!

投稿日:2023年4月21日 /

更新日:2023年11月29日

【2023年版】LTV分析ツールのおすすめ10選!計算方法とLTV向上のポイントを解説!
● CS● 顧客データ分析● 顧客満足度向上

自社のサービスに適したLTV分析ツールを選ぶことで、長期的な収益の維持・増加を図れるようになります。本記事では、LTVに関する基礎知識を始め、選ぶポイントや分析方法、おすすめのLTV分析ツールを紹介します。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

LTVツール関連の資料請求はこちら

LTVツール関連の資料請求はこちらLTVツール関連の資料請求はこちら

目次

閉じる

helpfeel

 

「問い合わせゼロ」を目指すFAQシステム「ヘルプフィール」は、高いFAQ検索ヒット率を実現することで問い合わせ業務を軽減できるサービスです。専任のチームから支援を受けることで、スムーズな導入も実電できます。

関連資料のご請求はこちら

LTVとは

LTVとは「顧客生涯価値(Life time Value)」のことで、顧客が今後どの程度の期間、どの程度の金額を支払ってくれるかを予測する指標です。

一般的に、顧客を獲得するためには、広告や販促活動に多額の費用をかけるものですが、顧客が1回の購入で離れてしまうような場合、獲得にかかった費用に対して十分なリターンが得られない可能性もあります。

こういった事態を回避するために、LTVを測定することが重要です。LTVを測定すれば、どの顧客にどの程度のリソースを割き、どのような販売戦略をとるかを見極めることができます。

LTVの測定方法

LTVの測定方法
LTVの測定方法はいくつかあり、マーケティング目的やサービスタイプによって変わります。

一般的な算出手順は次のとおりです。

  1. 平均継続期間を算出する
  2. 平均購入回数を算出する
  3. 平均購入単価を算出する
  4. 1〜3をもとにLTVを算出する

例えば、ある顧客の平均継続期間が5年で、平均購入回数が2回、1回あたりの平均購入単価が5,000円だった場合、LTVは5年 × 2回 × 5,000円 = 50,000円となります。

このように算出されたLTVを軸にすれば、顧客ごとに最適なリソースを配分できるだけでなく、長期的な顧客獲得や収益の維持・増加につなげることができます。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

LTVツール関連の資料請求はこちら

LTVツール関連の資料請求はこちらLTVツール関連の資料請求はこちら

LTVを分析するメリット3選

LTVを分析するメリット3選
ここでは、LTVを分析するメリットを3つ紹介します。

  1. 長期的な顧客価値を最大化できる
  2. 顧客セグメンテーションが可能となる
  3. 収益の安定化が可能となる

順に見ていきましょう。

長期的な顧客価値を最大化できる

まず1つ目のメリットとして、LTVを分析すれば、顧客が今後どの程度の期間、どの程度の金額を支払ってくれるかを予測できます。これにより、顧客獲得にかかるコストと顧客から得られる収益を比較し、長期的な顧客価値を最大化する施策を実施できるでしょう。

顧客セグメンテーションが可能となる

2つ目のメリットは、LTVを算出することで、どの顧客が高い収益をもたらしているかを把握できます。そのため、高いLTVを持つ顧客には、特別なサービスや優遇措置を提供するなど、顧客に合わせた最適な施策を展開できるでしょう。

また、LTVの低い顧客には、リピートを促すキャンペーンなどを実施することで、LTVの向上を図ることも期待できます。

収益の安定化が可能となる

3つ目のメリットは、顧客から得られる収益の見込みを予測できる点です。これにより、収益の安定化につながる施策を実施できます。

例えば、LTVの高い顧客には、定期的に商品やサービスを提供することで収益の安定化を図ることができ、一方でLTVの低い顧客には、リピートを促す施策を実施することでコンスタントに収益の確保ができるようになります。

LTVを向上させる方法4選

LTVを向上させる方法4選
LTVを向上させるには、次の4つのポイントに沿って施策を実施しましょう。

  1. 顧客満足度の向上
  2. クロスセル・アップセルの促進
  3. 顧客に合わせたキャンペーンの実施
  4. 顧客のロイヤルティ向上

一つずつ順に解説します。

顧客満足度の向上

まず、もっとも優先的に取り組みたいのは顧客満足度を高めることです。顧客が商品やサービスに対して満足していれば、自社をリピートする可能性が高まり、LTVを向上させることができます。

そのため、顧客満足度を向上させるために、商品やサービスの品質向上、コミュニケーションの充実、迅速な対応などの見直しに努めましょう。

例えば、商品に対する不満がある場合は、問題解決のための迅速な対応をすることで顧客満足度を高められます。また、顧客とのコミュニケーションを充実させれば、顧客のニーズを正確に把握し、それに応じた商品やサービスを提供することも可能です。

クロスセル・アップセルの促進

「クロスセル」とは、顧客が購入しようとしている商品と別の商品を提案し、購入を検討してもらう手法を指します。一方で、「アップセル」とは、いつも購入してくれる製品と同等かそれ以上の高価な製品やサービスの利用を顧客に促す手法のことです。

これらを促進することで、一人の顧客からより多くの売上を獲得できます。

例えば、スマートフォンを購入した顧客に対して、保護フィルムやケースを提案すれば、クロスセルを促進できます。また、ハイスペックなPCを購入した顧客に対しては、より高性能なグラフィックカードを提案することでアップセルを促進できるでしょう。

このように、顧客が自社の商品やサービスを利用する機会を増やすことで、LTVの向上に繋がります。

顧客に合わせたキャンペーンの実施

顧客ごとに異なるニーズや購買履歴に合わせて、個別にターゲティングしたキャンペーンを実施するのも有効です。

例えば、過去にスマートフォンを購入した顧客には、新しいモデルの発売を告知したり、割引クーポンを提供したりすることで、リピートを促せます。また、定期購入している顧客に対しては、割引やプレゼントを提供すると効果的です。

したがって、顧客ごとに異なるキャンペーンを実施することは、結果としてLTVを高めることに繋がります。

顧客のロイヤルティ向上

顧客のロイヤルティ向上とは、自社に対する忠誠心や信頼感を高めることを指します。

例えば、サービスの提供や商品の品質、コミュニケーションの質が高い場合、顧客は自社に対して強いロイヤルティを持ちます。このような顧客は、競合他社のサービスを利用する機会が少なく、リピート購入や口コミでの紹介をしてくれる可能性が高くなります。

そのため、自社にとって、顧客のロイヤルティを向上させることは重要な課題です。

顧客のロイヤルティを向上させるには、購入履歴に基づいた特典やサービスを提供するなど、顧客に対して特別な扱いをすると効果的です。また、顧客が自社に対して持つイメージや印象を良くするため、マーケティング施策を通じて顧客に情報を提供したり、コミュニケーションを深めるのも良いでしょう。

顧客のロイヤルティが上がれば、LTVを向上させられるとともに、自社の信頼感やブランド価値を高めることにも繋がります。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

LTVツール関連の資料請求はこちら

LTVツール関連の資料請求はこちらLTVツール関連の資料請求はこちら

LTV分析ツールを選ぶポイント3選

LTVツールを選ぶポイント3選
LTV分析ツールを選ぶポイントは以下の通りです。

  1. 機能や利便性が充実しているかどうか
  2. データの精度や正確性があるかどうか
  3. 費用対効果があるかどうか

機能や利便性が充実しているかどうか

LTV分析ツールは様々な機能を持っていますが、自社に必要な機能があるかどうか、また操作がしやすいかどうかを確認する必要があります。

例えば、顧客のライフサイクル分析や顧客セグメンテーションなどの機能があるかどうか、分析結果を視覚的に分かりやすく表示できるかどうか、レポート出力機能があるかどうかなどを確認するようにしましょう。

データの精度や正確性があるかどうか

LTV分析ツールは顧客の行動履歴などのデータを基に分析を行いますが、そのデータの精度や正確性が高くなければ意味がありません。

LTV分析ツールを選ぶ際には、データの入力方法や収集方法、クレンジングや加工方法、データの精度や正確性を担保するための仕組みなどを確認することが大切です。

費用対効果があるかどうか

LTV分析ツールは種類によって価格帯が異なりますが、高価なツールほど機能が充実しているわけではありません。

自社の予算や必要な機能に応じて、コストパフォーマンスのバランスを考えて選ぶことが重要です。また、ツール導入後のメンテナンスやサポートにかかる費用も確認し、総合的なコストを把握しておくのが望ましいです。

LTV分析ツールの中には、無料トライアルを実施しているものもあるため、自社の目的が達成できそうかどうかの視点を第一に、使用感も確認しながら選ぶのが良いでしょう。

【2023年版】LTV分析ツールのおすすめ10選

ここでは、LTV分析ツールのおすすめ10選を紹介します。以下の一覧表を参考にしながら、自社の目的に適ったツールを選んでみてください。

ツール名

初期費用

プラン料金

特徴

LTV-lab

50,000円

要問合せ

・ECに特化したLTV分析ツール

b→dash

500,000円

要問合せ

・マーケティングに関する様々な分析が可能なLTV分析ツール

aimstar

要問合せ

要問合せ

・マーケティングの自動化を支援するLTV分析ツール

HiCustomer

要問合せ

要問合せ

・SaaSに特化したLTV分析ツール

Gainsight

要問合せ

要問合せ

・長期的な売上拡大を支援するLTV分析ツール

Growwwing

450,000円

・Essentials:60,000円/月〜
・Advanced:100,000円/月〜

・サブスクサービスの「LTV最大化」に特化したLTV分析ツール

Onboarding

要問合せ

要問合せ

・ユーザーを導くガイドを設置するUI / UX改善ツール

commmune

要問合せ

要問合せ

・コミュニティの構築を得意とするLTV分析ツール

coorum

要問合せ

要問合せ

・ロイヤル顧客プラットフォーム

Zendesk

要問合せ

・Suite Team:$49/月
・Suite Growth:$79/月
・Suite Professional:$99/月

・顧客からの問い合わせ内容を一括管理できるLTV分析ツール

 

LTV-lab

 

内容

提供会社

株式会社LTV-X 

価格

初期費用50,000円(税別)
月額費用30,000円〜(税別)

特徴

ECに特化したLTV分析ツール

こんな人におすすめ

・EC事業を展開している人
・ターゲットに最適化したメール配信をしたい人
・様々な顧客分析を行いたい人

サービスURL

https://ltv-lab.jp/


「LTV-Lab」は、株式会社LTV-Xが提供するEC特化型LTV分析ツールです。

「LTV-Lab」の最大の特徴は、ECに特化したサービスラインナップを有している点です。商品分析やリピート分析など、様々な顧客分析機能が備わっているため、同ツールを利用すれば、ECでのLTVを最大化することが期待できます。

そのため、ECを中心に事業を行っている企業は、前向きに導入を検討すると良いでしょう。

b→dash

 

内容

提供会社

株式会社データX

価格

初期費用500,000円
要問合せ

特徴

・マーケティングに関する様々な分析が可能なLTV分析ツール

こんな人におすすめ

・マーケティングに関する様々な分析をしたい人
・直感的に操作しやすいインターフェースを求めている人
・業種業態ごとに最適化した形でレポートを抽出したい人

サービスURL

https://bdash-marketing.com/


「b→dash」は、株式会社データXが提供するLTV分析ツールです。

「b→dash」の特徴として、直感的に操作しやすいインターフェースに力を入れているため、LTV分析を初めて導入する方でも安心して利用できます。また、マーケティングに関するあらゆる分析も得意としており、マーケティング初心者にも扱いやすいツールとなっています。

aimstar

 

内容

提供会社

スプリームシステム株式会社

価格

要問合せ

特徴

・マーケティングの自動化を支援するLTV分析ツール

こんな人におすすめ

・BtoCサービスを展開している人
・マーケティングを自動化したい人
・豊富なシナリオテンプレートが欲しい人

サービスURL

https://aimstar.net/


「aimstar」は、スプリームシステム株式会社が提供するLTV分析ツールです。

同サービスの特徴は、「BtoCサービスに特化した機能」と「豊富なテンプレート」、そして「マーケティングの自動化」の3つが挙げられます。特にテンプレートは、さまざまなニーズに対応できるように、予め顧客分析や売上分析に使える100種類以上が用意されています。

また、マーケティングの自動化も得意としているため、業務効率化を図りたい人におすすめのツールです。

HiCustomer

 

内容

提供会社

HiCustomer株式会社

価格

要問合せ

特徴

・SaaSに特化したLTV分析ツール

こんな人におすすめ

・顧客行動に対して迅速なアプローチをしたい人
・既存の顧客管理システムと連携したい人

サービスURL

https://hicustomer.jp/


「HiCustomer」は、HiCustomer株式会社が提供するSaaSに特化したLTV分析ツールです。

HiCustomerの特筆すべき点は、顧客行動の追跡にあります。顧客の退会やアップセルの兆候が見られると即座に、アラートで知らせてくれる機能があるため、適切なタイミングで顧客にアプローチすることができます。

そのため、顧客行動に対しての売上拡大を図りたい人には、最適のツールといえるでしょう。

Gainsight

 

内容

提供会社

Gainsight株式会社

価格

要問合せ

特徴

・長期的な売上拡大を支援するLTV分析ツール

こんな人におすすめ

・アップセル・クロスセルを通してLTV向上を図りたい人
・解約しそうな顧客を把握したい人

サービスURL

https://www.gainsight.co.jp/


「Gainsight」は、Gainsight株式会社が提供するLTVツールです。

Gainsightは、顧客管理に優れた機能が備えられており、解約リスクのある顧客を見極めて最適なアプローチを提案してくれるのが特徴です。また、最短2週間で導入でき、直感的なUIで操作しやすいという定評もあります。

導入に際してはお問い合わせ必須なので、気になった方は一度相談してみると良いでしょう。

Growwwing

 

内容

提供会社

株式会社ユニリタ

価格

・Essentials:60,000円/月〜

・Advanced:100,000円/月〜

特徴

・サブスクサービスの「LTV最大化」に特化したLTV分析ツール

こんな人におすすめ

・万全なセキュリティ対策をしたい人
・サブスクサービスのLTV最大化を図りたい人

サービスURL

https://www.growwwing.jp/index.html


「Growwwing」は、株式会社ユニリタが提供する、サブスクリプションサービスに特化したLTV分析ツールです。

月額60,000円から導入でき、サポート体制が整っているため、初めてツールを使う場合でも問題なく利用できます。また、事業支援コンサルサービスも用意されており、LTV最大化の支援を希望する企業におすすめです。

Onboarding

 

内容

提供会社

株式会社STANDS 

価格

要問合せ

特徴

・ユーザーを導くガイドを設置するUI / UX改善ツール

こんな人におすすめ

・ユーザーガイドを簡単に設置したい人
・アップセルやクロスセルによる売上の向上を図りたい人

サービスURL

https://onboarding.co.jp/


「Onboarding」は、株式会社STANDSが提供するUI / UX改善SaaSツールです。
同ツールの最大の特徴は「ノーコードでガイド表示ができる」点です。チュートリアルやポップアップなどのユーザーガイドを、簡単に設置することができます。

自社サービスに、顧客視点のユーザーガイドを設置しておけば、アップセルやクロスセルによる売上拡大も狙えるでしょう。

commmune

 

内容

提供会社

コミューン株式会社

価格

要問合せ

特徴

・コミュニティの構築を得意とするLTV分析ツール

こんな人におすすめ

・ノーコードでコミュニティを構築したい人
・顧客とのコミュニケーションを活性化したい人
・低コストで導入したい人

サービスURL

https://commmune.jp/


「commmune」は、コミューン株式会社が提供する、コミュニティの構築を得意としたLTV分析ツールです。

同ツールを利用すれば、オンラインコミュニティの企画・構築・運用における全てのサポートを受けることができます。また、ノーコードで顧客コミュニティを構築できるため、仕組みがわからない初心者でも安心して利用できるでしょう。

coorum

 

内容

提供会社

株式会社Asobica

価格

要問合せ

特徴

・ロイヤル顧客プラットフォーム

こんな人におすすめ

・属人的な管理から標準化したい人
・ユーザー同士の会話を活性化したい人

サービスURL

https://coorum.jp/


「coorum」は、株式会社Asobicaが提供するロイヤル顧客プラットフォームです。

coorumは他のツールと環境が違い、プラットフォームなので、ユーザー同士のコミュニティ活性化を促すことができます。たとえば、Q&Aを作成すれば、ユーザー同士で解決が成り立つ環境を手にできるでしょう。

管理者の手をかけることなく、ユーザー側で完結する環境を構築できるため、属人的な管理から離れたい人におすすめです。

Zendesk

 

内容

提供会社

株式会社Zendesk

価格

・Suite Team:$49/月
・Suite Growth:$79/月
・Suite Professional:$99/月

特徴

・顧客からの問い合わせ内容を一括管理できるLTV分析ツール

こんな人におすすめ

・お問い合わせから解決までを自動化したい人
・あらゆる媒体(メール・チャット・電話など)のお問い合わせ内容を分析&データ化したい人

サービスURL

https://www.zendesk.co.jp/


「Zendesk」は、株式会社Zendeskが提供するLTV分析ツールです。

Zendeskを利用すれば、顧客からの問い合わせ内容を一括管理できます。また、AI搭載ボットを利用することで、顧客ごとに対応を自動で切り替えられるため、業務の効率化を図ることができます。

スピーディーな対応は顧客満足度に直結するため、決して疎かにはできません。アップセルによる売上拡大を狙うなら、なおさら改善に努める必要があります。

【kyozon編集部おすすめ】LTV分析ツールとあわせて検討したいカスタマーサクセスツール

ここではkyozon編集部が厳選した、LTV分析ツールと合わせて検討したい顧客対応ツールを6選紹介します。

  • Helpfeel
  • チャネルトーク
  • Flipdesk
  • W2 Repeat (旧:リピートPLUS)
  • Mail Dealer

それぞれの内容や特徴を解説します。

【FAQ即時解決で顧客満足度を向上させる】Helpfeel

helpfeel社内外の問い合わせ対応業務を効率化

導入をおすすめする企業の例
・問い合わせ対応業務のリソースが逼迫している
・FAQシステムやチャットボットで効果を感じられていない
・月間500件以上の問い合わせがきている


Helpfeelは、即時解決できる検索型のFAQシステムです。顧客自身が問合せ内容を検索し、質問を解決することで、顧客対応にかかる時間を削減できます。

顧客によって異なる表現の違いや誤字、曖昧表現の検索ワードにも対応し、検索ヒット率は98%を誇ります。顧客自身で疑問をスムーズに解決できるため、顧客満足度の向上につながるでしょう。

Helpfeelでユーザーフレンドリーなサイトを構築すれば、長期の顧客獲得や再購入・定期購入が期待でき、LTV向上に貢献します。

質問への対応の時間が削減できた
質問への対応の時間が削減できた
本来の業務に費やす時間が増えて業務の効率化に一躍かってくれました。言語認識機能の高さから、あらゆる質問に的確に答えてもらうことができて、問い合わせた本人が説明ページに自分でアクセスしてくれて解決してくれるというながらなので、非常に便利で助かりました。
もっと見る
  • 業種:不動産 / 建設 / 設備系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:301〜1000人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職: 一般社員・職員
精度の高いFAQでのやりとりができるようになりました。
精度の高いFAQでのやりとりができるようになりました。
抽象的な表現だったり、誤字があったりしても予測変換して正確な回答ができるようになったことで、それまでの「対応できない箇所は手入力で対応していた」という手間と労力を大きく削減することができるようになりました。
もっと見る
  • 業種:小売 / 流通 / 商社系
  • 会社名:-
  • 従業員規模: 31〜100人
  • 部署:マーケティング部
  • 役職: 一般社員・職員

\ 資料請求もこちらから 「Helpfeel」の
詳細はこちら

【社内外のチャットとCRMを一元管理】チャネルトーク

チャネルトークロゴ

ECサイトに店員を配置できるサービス

導入をおすすめする企業の例
・ECサイト上の顧客コミュニケーションに課題がある
・顧客対応業務をチャットボットで効率化したい
・ECサイトのCVR・リピート率を向上させたい


チャネルトークは、CRMとチャットを1つにまとめられるツールです。モバイル環境で使いやすいチャット画面を提供し、サイトを離れてもチャットを続けられる点が特徴です。

顧客ごとの会話履歴が残るのはもちろん、メールやLINE、Instagram DMなど、顧客にあわせたSNSがチャネルトークで一元管理できます。また、社内のコミュニケーションもチャネルトーク内で行えるため、顧客の声を社内へ伝えやすくなります。

オプションとして、簡単に設定でき、改善も可能な「シナリオ型チャットボット」が追加できます。このチャットボットを使えば、問合せごとにチャットボットと有人チャットを切り替えられ、コンバージョンやLTV向上につながる問合せ対応に集中できるでしょう。

無料でチャット機能が使える便利なツール
無料でチャット機能が使える便利なツール
チャットですぐにリアルタイムでお客様の問い合わせ対応が出来るので、お客様の疑問点や問題点をその場で解決できるので、問い合わせしてそのまま購入という流れが出来て購入率アップにつながっていると思う。メールや問い合わせフォームよりも簡単に問い合わせ出来るため、商品に関する問い合わせ件数が増えた。
もっと見る
  • 業種:サービス / 外食 / レジャー系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:5000人以上
  • 部署:情報システム部門
  • 役職:係長・主任クラス
チャネルトークを使った感想
チャネルトークを使った感想
チャットですぐにリアルタイムでお客様の問い合わせ対応が出来るので、お客様の疑問点や問題点をその場で解決できるので、問い合わせしてそのまま購入という流れが出来て購入率アップにつながっていると思う。メールや問い合わせフォームよりも簡単に問い合わせ出来るため、商品に関する問い合わせ件数が増えた。
もっと見る
  • 業種:マスコミ / 広告 / デザイン / ゲーム / エンターテイメント系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:31〜100人
  • 部署:広報・PR部門
  • 役職:契約・派遣・委託

\ 資料請求もこちらから 「チャネルトーク」の
詳細はこちら

【豊富な機能で販売促進とCVR改善に貢献】Flipdesk

Flipdesk

導入をおすすめする企業の例
・WEBサイトの売上を向上させたい
・ユーザーのデータに基づく販促で顧客体験を向上させたい
・サービス導入後の分析まできちんと行いたい


Flipdeskは、サイト訪問者に応じた販売促進と接客で、コンバージョン率を改善するWeb接客ツールです。閲覧や購買データをもとに趣味趣向を分析し、告知や提案、チャットサポートなど適切な情報へユーザーを誘導します

サイト改修なしで、ユーザーの情報収集、ターゲティング、接客などが可能です。A/Bテストや表示回数制限、デザインテンプレートといった多種多様な機能が充実している点も魅力の1つです。

豊富な機能を揃えたFlipdeskで、コンバージョン率改善につながる施策を実行してみませんか。

サポート面で満足
サポート面で満足
サイトの使用面の面台でこの導入にてこづった時も細かなサポートをしてもらい、時には修正を加えてくれたりして、サポート面や機能面など他社に比べ満足して利用させていただいています。また、流入経路が異なったユーザーに対して異なったバナーなどを当てられて、ctrが1.5倍になったり効果を発揮しています。
もっと見る
  • 業種: IT / 通信 / インターネット系
  • 会社名:株式会社インプル
  • 従業員規模:31〜100人
  • 部署:経営企画部門
  • 役職:部長・課長クラス
業務効率化と最適な人員配置ができるようになりました
業務効率化と最適な人員配置ができるようになりました
サイト訪問者の年齢や興味などを自動的に細かく分析し、それに対しての最適な接客ができるように対応できるようになりました。同じ属性をもったユーザーをグルーピングすることが可能になったことで、狙ったところに必要な情報提供をしていくことが可能になり、無駄のなアクセスが実現できました。
もっと見る
  • 業種: IT / 通信 / インターネット系
  • 会社名:アートトレーディング株式会社
  • 従業員規模:31〜100人
  • 部署:マーケティング部
  • 役職:一般社員・職員

\ 資料請求もこちらから 「Flipdesk」の
詳細はこちら

【1,000を超える機能でECサイト構築】W2 Repeat

W2 Repeatロゴ

化粧品や健康食品のリピート購入に特化

導入をおすすめする企業の例
・化粧品や健康食品のECサイトを運営している
・自社ECのLTVを最大化させたい
・顧客管理を効率化したい


W2 Repeat(旧:リピートPLUS)は、リピート通販事業に特化したECサイト構築システムです。

スタートアップから年商100億円規模までのフェーズに対応し、通販事業に必要な機能を標準搭載しています。1,000を超える豊富な機能と決済方法がW2 Repeatの強みです。

専門知識を持ったスタッフがシステム導入から運営までサポートするだけでなく、システムの勉強会を開催しています。システム活用によって売上機会損失を減らし、業務のDX化を支援している点も特徴です。

W2 Repeatの豊富な機能と手厚いサポートで、売上向上と業務効率化を目指したい場合は詳細を確認してみてください。

リピートPLUSはメリットが多い
リピートPLUSはメリットが多い
顧客の基本情報や購入履歴が簡単に管理できるようになり、商品のおすすめやキャンペーンの送付なども簡単に行えるようになりました。また、リピートPLUSの分析機能を使って、顧客の傾向を把握し、マーケティング活動に活かしています。
もっと見る
  • 業種:不動産 / 建設 / 設備系
  • 会社名:セキスイハイム
  • 従業員規模:11〜30人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職:部長・課長クラス
リピートPLUSのおすすめ理由
リピートPLUSのおすすめ理由
顧客への定期的な情報提供や、解約の案内を行うことができます。これにより、顧客満足度の向上につながりました。そして、リピートPLUSでは、受注処理や顧客管理などの業務を自動化できるため、業務効率化を実現することができました。
もっと見る
  • 業種:小売 / 流通 / 商社系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:2〜10人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職:係長・主任クラス

\ 資料請求もこちらから 「W2 Repeat」の
詳細はこちら
 

【高品質な返信内容を機能カバー】Mail Dealer

ラクスアイキャッチ

14年連続売上シェアNo.1の管理システム

導入をおすすめする企業の例
・問い合わせへの二重対応や対応漏れを防ぎたい
・複数の窓口からの問い合わせを一元管理したい
・顧客対応状況をチーム内で共有したい


Mail Dealerは、あらゆるメール対応の状況を可視化し、返信漏れや二重返信を防ぐメール共有管理システムです。14年連続売上シェアNo.1※を誇り、累計導入8,000社を突破しました。

利用場面や業務に応じて、50以上の機能からカスタマイズできることに加え、表示画面も使いやすく変更可能です。複数の誤送信対策機能や返信テンプレートの利用によって、業務品質の差を減らし、効率化を図れます

「問合せ対応業務にかかる時間を大幅に削減させたい」「顧客対応にセキュリティ対策が施されたツールを探している」という場合におすすめです。

※ITR「ITR Market View:メール/Webマーケティング市場2023」メール処理市場:ベンダー別売上金額推移およびシェア2009-2022年度(予測値)

メールの共有ができるメールディーラー
メールの共有ができるメールディーラー
新入社員もお客様からの問い合わせに困惑する場合も結構ありますので 、このようにお客様からの質問を社員同士で共有できるのはとても便利だと思います。社員同士で 2回お客様に返信してしまわないよう、ミス防止のシステムも採用されているので良いシステムだと思います。
もっと見る
  • 業種:小売 / 流通 / 商社系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:31〜100人
  • 部署:マーケティング部
  • 役職:係長・主任クラス
一括管理で効率もアップしました
一括管理で効率もアップしました
問い合わせに対して誰が対応したのか、してもいないのかわからずにミスが起きてしまうことがありましたが、Mail Dealerの導入によってみんなで情報を共有することができるようになったので助かりました。未対応と対応完了だけではなく、対応中という表示もあるのが気が利いているなと思ったポイントの一つです。
もっと見る
  • 業種:サービス / 外食 / レジャー系
  • 会社名:-
  • 従業員規模:31〜100人
  • 部署:営業・販売部門
  • 役職:一般社員・職員

 

\ 資料請求もこちらから 「Mail Dealer」の
詳細はこちら

 

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

LTVツール関連の資料請求はこちら

LTVツール関連の資料請求はこちらLTVツール関連の資料請求はこちら

LTV分析ツールのよくある質問

LTV分析ツールのよくある質問と回答をご紹介します。

  • LTV分析ツールはなぜ必要なのですか?
  • LTV分析で役立つツールの種類が知りたい
  • LTV分析ツールを利用する際の注意点を知りたい

1つずつご紹介します。

そもそもなぜLTV分析ツールが必要なのですか?

インターネットの普及やIT技術の進歩によって顧客行動が変化してきたため、LTV分析ツールを活用して効果的な顧客獲得をおこなう必要があります。

顧客はインターネットによって数多くの選択肢の中から商品・サービスを選択できるようになったため、企業は顧客との繋がりを強化して競合への顧客流動を予防する必要があります。また、LTV分析によって高い生涯価値を持つ顧客を集められれば、その顧客に対する効果的なマーケティングもできるようになるため、コストを抑えながら持続的な収益性向上が図れます。

LTV分析ツールはどんな種類に分かれていますか?

LTV分析に役立つツールには、「CRMツール」「MAツール」「カスタマーサクセスツール」という3つの種類があります。具体的な特徴は以下のとおりです。

 特徴
CRMツール
  • 顧客管理関係のツール
  • 顧客情報の収集・管理ができる
  • 営業戦略・マーケティング戦略の改善ができる
MAツール
  • マーケティングのプロセスを自動化できる
  • 顧客の行動履歴や属性情報を分析できる
  • コンバージョン率の向上が期待できる
カスタマーサクセスツール
  • 顧客の満足度向上を図れるツール
  • 顧客からのフィードバックを収集して製品・サービスの改善ができる


各ツールの種類によって搭載機能が異なるため、事前に自社の課題や目標を設定して導入するツールを選択しましょう。

LTV分析ツールを利用する際の注意点を知りたい

LTV分析ツールを利用する際、LTVを上げることが目的になることで、ユーザーに不要な商品・サービスを売らないようにしなくてはなりません。

本来、LTV分析ツールは顧客との関係を強化して長期的な収益の維持・増加を図ることを目的に導入されます。しかし、目先の収益を優先してキャンペーンなどの施策を実施しても、顧客が「売り込まれている感覚」を感じてしまうと逆効果です。

目標となる売上金額を設定して対応することも重要ですが、大前提として顧客満足度を高めるためにLTV分析ツールを活用し、長期的な視点で商品・サービスを提供しましょう。

まとめ

以上、LTVの基本的な知識とともに、おすすめのLTV分析ツール10選を紹介しました。

ここまで見てきたとおり、LTVの最大化を効率的に図るためには、LTV分析ツールの導入がおすすめです。しかし、各ツールによって特徴や機能がまったく異なるため、導入時にはしっかりと検討する必要があります。

これからLTV分析ツールを導入しようと考えているのであれば、ぜひ本記事の内容を参考にしてみてください。

カスタマーサクセスに関連するサービス

SNSキャンペーンツール キャンつく

Helpfeel(ヘルプフィール)

Helpfeel(ヘルプフィール)

全体評価
4
レビュー
7件
カスタマーサポートセンターの運用を劇的に改善するFAQシステム

サービスの特長

  • 「意図予測検索」によってFAQ検索ヒット率98%を実現
  • スムーズな導入・運用を実現する手厚い伴走支援
  • 契約後、最短1ヶ月でご利用開始可能

チャネルトーク

LTV分析ツール関連のサービスをまとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む