法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

トラッキングとは閲覧履歴の追跡!リスクやメリットを徹底解説!

投稿日:2023年1月30日 /

更新日:2024年2月14日

トラッキングとは閲覧履歴の追跡!リスクやメリットを徹底解説!
● 情報管理● 業務データ

Webサイトやアプリを使うときに許可を求められる「トラッキング」。
しかし、実のところ「トラッキング」が何かわからずに、許可・オフを選択していますよね。

昨今は個人情報保護の観点からトラッキングの規制が強まっていますが、消費者側が正しく理解すれば何も心配する必要はありません。

最後まで読むと、トラッキングを正しく理解した上で、許可・オフを選択できますよ。

業務データ関連のサービスを無料で資料請求!

業務データ関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

人手不足でお悩みの方は
\ こちらの記事がおすすめ! /

トラッキングとは「検索・閲覧履歴を追跡すること」

トラッキングとは「検索・閲覧履歴を追跡すること」

トラッキングとは、ユーザーの「検索・閲覧履歴を追跡すること」です。

トラッキングはスマートフォンだけでなくWebサイトやWeb広告、アプリなどでも行われており、どのサイトを閲覧したか、どの商品を購入したかなどの情報を追跡・記録し、マーケティングや広告の効果測定などに使用されています。

たとえば、気になっている商品を検索した後に、全く関係のない別のサイトで先ほどまで見ていたものに関連する広告が出てきた経験はありませんか?

このように、ユーザーが何に興味があって、どの広告を出せば効果的なのかを最適化するために、トラッキングが行われています。

トラッキングで収集する消費者データは、テレビCMや新聞・チラシなどの、従来の広告では集められなかったものなので、Webマーケティングのターゲティングでとても重要な役割を担っています。

 

トラッキングの2つの目的

なぜWebサイトやアプリはユーザーの検索・閲覧履歴などの情報を追跡する必要があるのでしょうか。

ここからは、トラッキングの2つの目的を解説していきます。

  1. ユーザーの行動履歴を収集する
  2. Webサイトやマーケティングの手法を最適化する

それでは順番に見ていきましょう。

 

ユーザーの行動履歴を収集する

トラッキングの目的の1つ目は、「ユーザーの行動履歴を収集する」ことです。

トラッキングで収集される情報は、

  • どのようなサイトを閲覧したのか
  • どのような広告を閲覧したのか
  • どのような商品を購入したのか
  • どのサイトから移ってきたのか

などで、そこから集めたデータを元に、ユーザーに合わせた広告を表示しています。

表示した広告によってユーザーが購買行動を取ったのか、それとも離脱したのかの行動履歴を収集することが目的の一つです。

 

Webサイトやマーケティングの手法を最適化する

トラッキングの目的の2つ目は、「Webサイトやマーケティングの手法を最適化する」ことです。先述した情報を収集し、実際にどの程度効果があったのかを測定・分析します。

そして、Webサイトの表示内容やマーケティングの手法をその都度最適化していき、ユーザーの購買意欲を掻き立てます。

また、マーケティングの手法を最適化すると、企業が広告にかける費用を適切に配分できるため、コストパフォーマンスの最大化にも効果的です。

以上の目的で、企業はターゲティング手法の一つとしてトラッキングしており、Webマーケティング業界で広く活用されています。


▼人手不足でお悩みの方はこちらの記事がおすすめ!


資料を今すぐ無料ダウンロード!

業務データ関連のサービスを無料で資料請求!

業務データ関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

トラッキング許可のメリット・デメリット

トラッキングを許可・オフにするにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

自分の価値観に合わせた選択をし、広告やWebサイトの表示内容を最適化できるように、どちらの側面もしっかりと理解しておきましょう。

  • 許可するメリット|パーソナライズされた広告が表示される
  • 許可するデメリット|散財に繋がる
  • 許可しないメリット|プライバシー面で安心できる
  • 許可しないデメリット|興味のない広告が表示される

それでは順に説明します。

 

許可するメリット|パーソナライズされた広告が表示される

トラッキングを許可すると、自分にパーソナライズされた広告が表示されるため、好きな商品や潜在的に欲しいと思っていたものと出会う確率が高くなります。

自分から検索して探さなくても、興味のある広告が表示されるので、ユーザーが情報収集する視点に立っても利便性の向上に繋がるメリットがあります。

また、Webサイトやアプリに初回ログインしておくと、次回以降はID・パスワードを入力しなくてもすぐに使える点も、トラッキングのメリットの一つです。

 

許可するデメリット|散財に繋がる

トラッキングを許可すると、自分が何に興味があって何を買いたいのかを予測して広告が表示されるため、本当はあまり必要ではないものでも気になって購入してしまうなど、散財に繋がる可能性があります。

興味のある商品を目にする機会が増えると、購買意欲が高まり、知らないうちに買わされてしまう状況に陥る可能性があるので注意が必要です。

また、あまりにも自分にパーソナライズされた広告が表示されるため、しつこいと感じたり、プライバシーが侵害されているのではないかと不安に思ったりすることもあるでしょう。

実際はプライバシーを侵害する情報は収集されていませんが、不安だと思う場合はトラッキングを許可するかどうかを見直してみてください。

 

許可しないメリット|プライバシー面で安心できる

トラッキングを許可しない場合、検索や閲覧履歴が記録・追跡されないため、プライバシーの面で安心できます。

先述した通り、実際はプライバシーを侵害するような情報は収集されていませんが、行動が監視されているのではと不快に感じる人にとっては、精神的に安心できる点がメリットの一つとなるでしょう。

 

許可しないデメリット|興味のない広告が表示される

トラッキングを許可しない場合、何を閲覧したのか、何が好きなのかを追跡されないため、興味のない広告が表示される可能性が高くなります。

少しでも興味のある広告の場合は、表示されても気にならないかもしれませんが、全く関心のない情報が頻繁に目に入るのは不快に感じますよね。

以上の理由から、トラッキングを許可しないデメリットとなるでしょう。

 

トラッキングとCookieとの関係性

トラッキングとCookieとの関係性

トラッキングと合わせてよく聞く単語に、「Cookie(クッキー)」があります。Cookieとは、トラッキングするときに利用されるユーザー情報の「テキストデータ」です。

Cookieには、

  • サイトにログインしたID/パスワード
  • 訪問したWebサイトの履歴
  • Webサイトでの滞在時間

などの情報が保存されており、特定のサイトや広告の改善に活用されています。

例えば、TwitterやFacebookでは、IDとパスワードを一度入力すると、次回からは自動でログインできるようになっています。

また、楽天やAmazonで買い物をするときに、ショッピングカートに商品を入れたまま別のサイトを閲覧しても、戻ったときに中身がそのまま残っている経験をしたことはないでしょうか。

このように、ユーザーの固有情報を保存してWebサイトやアプリへのアクセス・操作をしやすくしておくのがCookieの役割で、それらのデータを利用してトラッキングしています。

なお、Cookieが有効になっていないと、Webサイトが上手く表示されなかったり、インターネットバンキングが使用できなくなったりする場合があるので留意しておきましょう。


▼人手不足でお悩みの方はこちらの記事がおすすめ!

トラッキングによる2つのセキュリティリスク

トラッキングを許可すると、企業やユーザーにとってメリットとなる点は多くありますが、セキュリティ面でのリスクにも注意を払う必要があります。

トラッキングによるセキュリティリスクは主に以下の2つです。

  1. Cookieの情報が盗まれるリスク
  2. セッションIDが悪用されるリスク

それでは順番に解説していきます。

 

Cookieの情報が盗まれるリスク

Cookieには、サイトのパスワードやIDのような、ユーザー固有のアクセス情報も記録されています。犯罪者は、あらゆる方法でCookieの情報を盗もうとします。

代表的な攻撃手段は、「クロスサイトスクリプティング(XSS)」です。

クロスサイトスクリプティングとは、Webサイトの脆弱性につけ込み、記述言語であるHTMLに悪質なプログラムを埋め込む攻撃です。

罠を仕掛けたサイトに誘導し、ユーザーがフォームにID・パスワードや個人情報などを入力・送信したときに、埋められた悪質なプログラムが実行されCookie情報が盗まれる仕組みです。

TwitterやFacebookなどのWebアプリも狙われやすいため、被害に遭わないためにも、知らないリンクや心当たりのないポップアップをクリックしないようにしましょう。

 

セッションIDが悪用されるリスク

「セッションID」とは、Webサイトやアプリなどで通信中のユーザーを識別して、利用者ごとに一貫したサービスを提供するために与えられる固有の識別情報のことです。

セッションIDが悪用される代表的な方法として、「セッションIDの固定化攻撃」があります。セッションIDの固定化攻撃とは、正規ユーザーのセッションIDを乗っ取って、本人になりすます手法です。

別名として、「セッションIDの強制」や「セッションフィクセーション」と呼ばれることもあります。

セッションIDの固定化攻撃を受けると、クレジットカード番号を盗まれたり、勝手にインターネットショッピングで買い物をされたりしてしまう危険性があります。

また、正規ユーザーになりすまして他の利用者へ迷惑行為を働いたり、犯罪に使われたりする可能性もあるので、不審なURLにアクセスしないよう心がけましょう。

資料を今すぐ無料ダウンロード!

業務データ関連のサービスを無料で資料請求!

業務データ関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

トラッキングの設定変更方法

トラッキングを許可・オフにする設定は、いつでも変更が可能です。

ここでは、iOSの場合の設定変更方法を紹介します。

  1. 【設定アプリ】を開く
  2. 【プライバシーとセキュリティ】をタップする
  3. 【トラッキング】をタップする

上記の手順で進めると、画面にアプリの一覧が表示されます。

どのアプリを許可・オフにするのかを、このタイミングで見直してみるといいでしょう。

 

まとめ

以上、本記事ではトラッキングについて下記の5つを中心に徹底解説しました。

  • トラッキングの意味と目的
  • トラッキングのメリットとデメリット
  • トラッキングとCookieとの関係性
  • トラッキングによるセキュリティリスク
  • トラッキングの設定変更方法

トラッキングはWebサイトやアプリを使用する上でとても重要な役割を担っており、上手く活用するとユーザーの利便性も向上すると理解できたはずです。

トラッキングのリスクやメリット・デメリットをしっかりと把握し、自分の意思で選択してWebサイトやアプリを最適化してみてはいかがですか。

▼人手不足でお悩みの方はこちらの記事がおすすめ!

業務データ関連のサービスを無料で資料請求!

業務データ関連のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

業務データに関連するサービス

BowNow(バウナウ)

BowNow(バウナウ)

全体評価
4.1
レビュー
9件
無料で使えるマーケティングオートメーション

サービスの特長

  • 厳選したシンプルな設計で、導入後すぐに使いこなせる
  • 今「アツい」リードがわかり、すぐに成果に繋がる
  • フリープラン(完全無料)から始められ、高い費用対効果を実現

Freeasy(フリージー)

Freeasy(フリージー)

全体評価
4.3
レビュー
3件
低価格とスピード、使いやすさに特化したセルフ型アンケートツール

サービスの特長

  • 最安500円から利用可能!9種類の属性情報からの絞り込みも可能
  • グラフカスタムが可能で自由なアウトプットが可能
  • アンケート添削や操作レクチャーなど、安心のサポート体制

モニタリングDX

モニタリングDX

全体評価
4.1
レビュー
14件
SNS投稿・口コミ仕分けの手間を大幅に削減する高性能AI搭載モニタリングツール

サービスの特長

  • SNS投稿や口コミ仕分けにかかる時間を圧倒的に削減
  • 従来ツールを凌駕する分析精度
  • 業界初の「投稿自動カテゴリー分け」機能
業務データ関連のサービスをまとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む