法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

インサイドセールスとテレアポの違いは?インサイドセールス導入支援ツールもご紹介

2022年9月26日
インサイドセールスとテレアポの違いは?インサイドセールス導入支援ツールもご紹介
● MAツール

社内で営業をするという点でテレアポとインサイドセールスは混同されがちです。ただ、4つの点において全く違う営業方法であることがわかります。そこで今回は、テレアポとインサイドセールスの違いについて解説します。

目次

閉じる

今回はインサイドセールスとテレアポの違いやインサイドセールス導入支援ツールをご紹介します。

インサイドセールスとテレアポの違い

インサイドセールスとテレアポの違い

「社内で行う営業活動」という点で混同されがちなインサイドセールスとテレアポ。

しかし、

  • 目的
  • ゴール
  • 期間
  • 他部署との連携

という点において違いがありますので、それぞれご紹介します。

【違い】① 目的

大きな違いとして「目的」が挙げられます。

  • テレアポ:多くのアポ獲得のために行う
  • インサイドセールス:顧客との関係構築のために行う

テレアポが新規顧客開拓の役割を果たしており、インサイドセールスは購買を促進する役割を果たしています。

【違い】② ゴール

テレアポもインサイドセールスも「商談数」という点では同じですが、「目的」のところでも解説した通り商談数に至るまでの過程に大きな違いがあります。

  • テレアポ:1回の営業でアポを獲得できる可能性がある
  • インサイドセールス:数回に渡り顧客と関係を構築しアポを獲得する

同じゴールを設定していてもその数に違いがあります。

【違い】③ 期間

テレアポとインサイドセールスで成果を得るまでに期間の差があります。

  • テレアポ:1~2回
  • インサイドセールス:10数回

テレアポはちょっとした工夫で成果が上下しますが、インサイドセールスは関係構築のために時間を要するため大きく変動することはありません。

【違い】④ 他部署との連携

テレアポとインサイドセールスでは他の部署との連携においても違いがあります。

  • テレアポ:独立しており滅多に他部署と連携を取らない
  • インサイドセールス:フィールドセールスなどの部署と連携を取る必要がある

インサイドセールスとフィールドセールスの細かい違いについては『インサイドセールスとフィールドセールスの違いは?導入のメリットについても解説!』を参照ください。

インサイドセールス導入のメリット

インサイドセールス導入のメリット

さて、テレアポとインサイドセールスの違いが明確化されると「インサイドセールスを導入したい」と考える方も多くなるのではないでしょうか。

実際に2010年ごろからインサイドセールスは導入され始めており、2020年あたりをピークに次々と企業がインサイドセールスへ興味を示していることがわかります。(【2022年版】インサイドセールスに関するデータ集 参照)

インサイドセールスを初めて導入した時期

出典:【2022年版】インサイドセールスに関するデータ集

ではそんなインサイドセールスを導入することでどのような効果が得られるのでしょうか。

【メリット】① 営業の効率化

インサイドセールスを導入する大きなメリットは営業を効率化できることです。

テレアポは見込み度合いが高い・低いに関係なく営業をかけるため、全体的にみると成約率が低くなります。それだけでなく、見込み度合いが低い顧客に営業をしている時間も必要となるため「効率」とは程遠い営業手法になるでしょう。

インサイドセールスはすでに見込みがある顧客に対して営業を行いますので効率化を行うことが可能です。

【メリット】② コスト削減

インサイドセールスを導入することで「移動費」のコストが削減されます。

テレアポとインサイドセールスで大きなコストの差はありませんが、外回り営業とインサイドセールスを比較すると大きなコストの差があることがわかります。

インサイドセールスと外勤営業のコスト比較

出典:営業効率アップの切り札「インサイドセールス」は日本でも成長するか

こちらは『営業効率アップの切り札「インサイドセールス」は日本でも成長するか』のデータです。外勤営業と比較すると約38%のコストカットに成功しています。

【メリット】③ 属人化の防止

今までのテレアポやフィールドセールスでは営業担当者が顧客情報を保有することが一般的でした。

しかし、営業担当者が会社を辞める際に顧客情報の共有をしておかないと会社の資産でもある顧客リストが無くなってしまいます。一方でインサイドセールスは他部署との連携が必須となりますので顧客情報の属人化を防止することが可能になります。

営業効率だけでなく営業の属人化を防ぎたいと考えている方はぜひインサイドセールスを導入してみてください。

インサイドセールス導入支援ツールおすすめ5選

インサイドセールス導入支援ツール

ではここからはインサイドセールス導入支援ツールをご紹介します。

BowNow

BowNow

BowNowは導入社数9400社以上の国内シェアNo.1MAツールです。

「本当に使いこなせるMAツール」をコンセプトに、営業部門目線・マーケティング部門目線で考えた必要な機能に厳選して、誰でも簡単・シンプルなマーケティング活動が実現できます。

無料プランから始められるので、MAに初めて取り組む中堅・中小の企業も導入しやすいツールです。

サービスの特徴

1. シンプルで使いやすい

「複雑な設定なしで、商談創出を効率化できる」

ABMテンプレート機能をはじめ、日本のマーケティング現場で本当に使えるツールにするために、営業部門もマーケティング部門も使えるシンプルな設計にこだわりました。

2. すぐに成果に繋がる

「導入後すぐに成果が出て、かつ中長期的な育成活動も開始できる」

MAツールの主目的である見込顧客の育成活動は、中長期的な目線が必要な施策です。BowNowは、育成活動に必要な機能を備えつつも、即成果に繋げられることをメインコンセプトにしています。

3. 無料から始められる

「無料ではじめて、必要な機能を課金する」

BowNowは完全無料のフリープランからお使いいただけます。
必要な機能を必要なだけ課金していく料金体系で、最低限のコストでマーケティング活動を開始できます。

利用プラン

プラン名フリーエントリー ライト
初期費用0円0円0円
基本料金0円10,000円20,000円
従量料金PV数・リード数に よって課金あり PV数・リード数に よって課金ありPV数・リード数に よって課金あり
 
       
   BowNowの資料請求はこちら   
 

Salesforce Pardot

Salesforce Pardot

Salesforce Pardothは株式会社セールスフォース・ドットコムが提供しているクラウド型MAツールです。

MAツールだけでなく、

  • SFA(営業支援ツール)
  • CRM(顧客関係管理ツール)

においても世界的にトップシェアを誇っています。

Salesforce Pardothはこちら

利用プラン

プラン名GrowthPlusAdvancedPremium
初期費用0円0円0円0円
基本料金150,000円300,000円480,000円1,800,000円
内容プロスペクト数最大10,000
年間契約
プロスペクト数最大10,000
年間契約
プロスペクト数最大10,000
年間契約
プロスペクト数最大75,000
年間契約

Marketo Engage

Marketo Engage

Marketo Engageはアドビ株式会社が提供しているMAツールです。

アドビ株式会社はPhotoshopを始め多くの編集ツールを提供している会社ですが、BtoB・BtoC問わずMAツールも展開しています。日本国内でもMarketo Engageを導入している大企業は少なくありません。

Marketo Engageはこちら

利用プラン

プラン名SelectPrimeUltimateEnterprise
初期費用0円0円0円0円
基本料金問い合わせ問い合わせ問い合わせ問い合わせ
内容基本的なマーケティングオートメーションと効果測定リード管理とABM、カスタマージャーニーの分析、AIによるパーソナライゼーション包括的で強力なオートメーション機能とアトリビューション機能最大のスケーラビリティと柔軟性

SATORI

SATORI

SATORIは株式会社SATORIが提供している国産MAツールです。

現在までに800社以上の導入実績を誇っており、国産MAツールならではの迅速なサポート体制が特徴。さらに「アンノウンマーケティング機能」が搭載されており、匿名リードもデータとして管理することができます。

SATORIはこちら

利用プラン

プラン名なし
初期費用300,000円
基本料金148,000円
内容リード管理機能やリードジェネレーションなど(詳しくはこちら。)

Marketing hub

Marketing hub

Marketing hubはHubSpotが提供しているマーケティングプラットフォームです。

MAツールとしての機能だけでなく、

  • コンテンツ作成
  • リードへの転換
  • ROI測定

などの機能が搭載されています。さらに、HubSpotが開発・提供している「Sales hub」や「Service hub」などと連携することも可能です。

Marketing hubはこちら

利用プラン

プラン名無料版StarterProfessionalEnterprise
初期費用0円0円0円0円
基本料金0円5,400円~96,000円~432,000円~
内容

Eメールマーケティング

フォーム

ランディングページ

ウェブチャット

Facebook、Google、LinkedInの広告管理

コンタクト管理

無料版の全機能

マーケティングオートメーション

リターゲティング広告

ランディングページのレポート

複数通貨対応

HubSpotロゴ削除

Starterの全機能

オムニチャネル対応のマーケティングオートメーション

SEO(検索エンジン最適化)

ブログ

ソーシャルメディア

カスタムレポート

Professionalの全機能

ABM(アカウント ベースド マーケティング)

適応型テスト

予測リードスコアリング

ユーザーロール

マルチタッチ収益アトリビューション

まとめ

インサイドセールスとテレアポの違い

今回はインサイドセールスとテレアポの違いについて解説しました。

前まではテレアポ中心に営業をしていた企業もインサイドセールスを導入することが多くなってきています。営業効率をUPさせるためにはインサイドセールスは欠かせません。

ぜひインサイドセールスを導入し営業効率をUPさせましょう。

【SNSフォローのお願い】

kyozonは日常のビジネスをスマートにする情報を平日は毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方はtwitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:https://www.facebook.com/kyozon.comix

投稿者プロフィール

山田 拓海
山田 拓海
学生の頃、フリーランスWebライターとして独立。その後、Webメディアの運営やM&Aによる売却を行う。現在、Webディレクターやマーケターとしても活動中。

営業力強化に関連するサービス

オトコル

オトコル

レビューはまだありません
電話発信を無人化・自動化する 人が電話をかける業務もコストも1/20に

サービスの特長

  • 何故今このタイミングで「電話」のプロダクトを開発するのか
  • 自動音声での発信なので人件費ゼロ
  • リード獲得以外にも工夫次第で多彩な活用方法が

アラームボックスパワーサーチ

アラームボックスパワーサーチ

レビューはまだありません
新規取引先の調査であなたの力になる

サービスの特長

  • 難しい決算書や報告書を読む必要はありません
  • 調査担当者からのアドバイスコメント付きで安心です
  • ワンコインで反社チェックもできます

CALLTREE

CALLTREE

レビューはまだありません
コールセンター運営10年以上!現場から生まれた営業支援システム

サービスの特長

  • 専用設備不要・最短翌日での導入が可能
  • 真の”使いやすさ”を徹底追求、現場主義システム
  • ビギナーからエキスパートまで。顧客に合ったプラン展開
0 社の資料を選択中
無料資料請求へ進む