法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

「サプライチェーンとは何ですか?」簡単にわかりやすくお答えします!直面する問題も解説

2023年1月17日
「サプライチェーンとは何ですか?」簡単にわかりやすくお答えします!直面する問題も解説

「サプライチェーン」という言葉を、ビジネスの現場で時折耳にします。また、経済記事でよく目にするのではないでしょうか?特にコロナ禍以降、頻繁に話題に上るサプライチェーンですが、その意味がよくわからないという声も聞かれます。今回の記事はサプライチェーンを簡単にわかりやすく説明します。説します。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

業務効率化のサービスをまとめて資料請求!

業務効率化のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

そもそもサプライチェーンとは?

まずはサプライチェーンそのものの、意味や定義を見ていきましょう。

知恵袋「サプライチェーンとはどういう意味でしょうか?」を解決

サプライチェーンとは、私たちが普段消費しているプロダクト(商品・製品)が、製造されてから消費者の手元に届くまでの一連の流れを指す言葉です。

多くのプロダクトは複数の原材料や部品を組み合わせて製造・加工され、小売店やECサイトなどの販売網を通じて消費者の手元に届きます。

また、加工工程がない一次産品(農産物・海産物など)であったとしても、生産者から消費者の手に渡るまでの間には、いくつかの流通網を経由するのが一般的です。

具体的には、プロダクトにかかわる調達・製造・倉庫管理・運搬・販売といった一連の流れ全体をひとつのサプライチェーンといいます。

サプライは「供給」で、一連の流れにおいて何度も繰り返される入出荷・受発注などの取引の動きが鎖(チェーン)のように繋がっていくので、サプライチェーンと呼ばれています。

ちなみに、サプライチェーンのマネジメントには、マーケティングの視点が求められます。

ではマーケティングとは一体どういうものなのかについて、以下の特集記事『マーケティングとはなにか?その意味や定義を日本一わかりやすく解説』において、わかりやすく解説しています。基礎的情報として、ぜひ参考にご一読ください。

また、マーケティング能力はあらゆるビジネスにおける自分の最強のリソース(資源)と言えるでしょう。

以下の特集記事『マーケティングスキルは身につけて損がないビジネス上の最強の自己資源』で総合的に詳しく解説しています。ぜひそちらも、参考にご覧ください。

サプライチェーンを他の言葉に言い換えると?

サプライチェーンは言い換えるとどういう言葉になるでしょうか。和訳である「供給連鎖」や、意訳して「供給網」などと言い換えることができます。

あなたの身近にもあるサプライチェーン

あなたの身近にあるサプライチェーンの具体例として、コンビニエンスストアのサンドイッチやおにぎり、スイーツなどを購入するまでの過程が挙げられます。

おにぎりであればお米は農場で生産され、農協などの集荷販売業を経て中食事業者に届き、おにぎりとして加工されます。それが搬送されてコンビニの商品センターなどに一旦収まり、そこからそのエリアの各コンビニに運ばれます。

それがコンビニの店頭に陳列されて、あなたが購入できるようになるわけです。つまり、お米の生産者の手を離れてからも、多くの業者の手を通って消費者の元に到着します。

そういったサプライチェーンが、国内だけでなく海外が絡んでくる場合も年々増えています。それがグローバルサプライチェーンです。

なお、グローバルにビジネスを進めるにあたって、サプライチェーンと同様に重要なのはグローバルな視点のマーケティング戦略です。

マーケティング戦略の構築やマーケティング施策の実践に役立つおすすめ本を厳選し、以下の記事『マーケティング戦略の実践に役立つ本おすすめ20選!初心者向け教科書から名著まで網羅』にてご紹介しています。参考にご覧ください。

また、マーケティングに取り組むには、過去の先達の優れた成功事例がお手本となります。そんな過去の代表的な成功事例については、以下の特集記事『マーケティング戦略・過去の成功事例15選!視点や実践手法を解説』で取り上げて詳しく解説しています。ぜひ、参考にご一読ください。

サプライチェーン問題とは?破綻の3つの要因

サプライチェーン問題とは、サプライチェーンが適切に管理されていない場合に発生する問題群を意味します。サプライチェーンは円滑に回ってこそ価値を生み出しますので、破綻の要因となるものを改善・解決しなければなりません。

ここでは、数ある破綻要因のうち、以下の3つを取り上げて概要を解説しましょう。

  • 生産調整の難しさ
  • 企業間・部門間の連携不足
  • グローバル化の未対応

生産調整の難しさ

サプライチェーンの形成で、一般的に追求するのはコスト効率です。一方、生産調整は受注品の出荷に遅延が発生しないように行うのが基本です。しかし、販売予測が上手くいかなければ、当然ながら余剰在庫が発生します。

余剰在庫の保管や過剰な生産など、無駄なコストの発生を促す原因となるでしょう。これを適切にマネジメントするためにサプライチェーンのシステムを導入する企業も多いです。しかしながら、大規模なシステムを導入すると運用コストもまた増大します。

余剰在庫問題が解消されたとしても、システム導入・運用のコストが大きくて、結果的にマイナスとなるおそれもあります。

また、さらに良くないのはそういったコスト増大が起こると、帳尻合わせで製品価格に転嫁する場合があります。しかし市場価値にふさわしい価格でなければ、顧客満足度が低下して結果的に売れ残りが発生する悪循環です。

なお、生産調整にはマーケティングによる考察予測が欠かせません。その根幹は現状分析と戦略的思考です。

マーケティングの分析や戦略立案に欠かせないフレームワークについては、以下の記事『マーケティング戦略に有効なフレームワーク9選!分析・立案フェーズ別に使い方も解説』で詳しく特集していますので、参考にしてください。

また、マーケティングフレームワークのなかでも、より実践的な考察に役立つのがマーケティングファネルです。これについては、以下の特集記事『マーケティングファネルとは?Web&BtoBビジネスにおける重要性と活用事例』で詳しく取り上げています。ぜひ、そちらも参考にどうぞ。

企業間・部門間の連携不足

サプライチェーンは、関連部門を横断する柔軟な連携・情報共有が適切になされていなければ、こまごまとした問題が発生します。コストの問題もさることながら、データが共有されていないことで全体の情報が不透明になりかねません。

例として、各部門のデータをマンパワーでExcel管理している場合、重要な情報の共有にタイムラグが発生したり、全体像が把握できなかったりします。そうなれば突然のトラブルに対応できません。

今日では需要量が急に大幅な変動を見せることも多く、的確に情報をキャッチしていなければ突然の大量発注で一気に在庫切れとなるおそれもあります。

増産するために原材料や部品の調達先に急ぎの納入を依頼しても、先方でも在庫切れで生産が追いつかないことが珍しくありません。結果的に欠品となり、大きな機会ロスを生むことになります。

なお、企業の部門間での連携・情報共有に欠かせないのが、統合プラットフォームとしてのマーケティングオートメーション(MA)です。

マーケティングオートメーション(MA)については、以下の特集記事『マーケティングオートメーションとは?ツールの選び方と運用の注意点』で包括的に詳しく解説しています。ぜひ、そちらも参考にご一読ください。

また、デジタル要素とは逆となる人間の心理をマーケティング施策に活用できる、行動経済学や心理学に基づいた法則について、以下の特集記事『マーケティングに活用できる法則一覧!行動経済学や心理学の理論と効果を徹底解説』にて解説しています。興味がある方はぜひ、参考にご覧ください。

グローバル化の未対応

プロダクトを海外にも輸出している企業が、日本国内だけでサプライチェーンを組んでいる場合には、リードタイム(受注から納品までの時間・期間)が大幅にかかります。

しかし、サプライチェーンをグローバル化しておけば、これは解決可能です。

プロダクトの核となる主要部品は日本から海外工場に配送し、その他の部品は現地で調達して組み立てることで、受注があれば速やかに納品ができます。結果的に顧客満足度の向上を図れます。

また、海外にも製造拠点を構えて全体で在庫量を最適化することで、一箇所で過剰に在庫を抱えることなく、突然の需要量の増大に全体の在庫から賄える可能性があります。

さらに、各拠点で調達先との取引ができるので、調達の選択肢が広がって、全体でコストの最適化が図れます。

ちなみに、サプライチェーンをグローバル化する際には、サプライチェーンマネジメントのスキルが必要となります。関係する各部門を統合する、マネジメントスキルです。

これはマーケティングにも同様のことが言えます。マーケティングに関連する各部門を統合するのがマーケティングマネジメントのスキルで、大学の経営学部で学ぶベルの理論体系となっています。

マーケティングマネジメントについて、そのプロセスと業界別成功例を以下の特集記事『マーケティングマネジメントとは?プロセスと業界別成功例を徹底解説』で解説しています。そちらもぜひ参考にご覧ください。

また、マーケティングの骨組みを作るために理解すべきマーケティングモデルとは何かについて、以下の特集記事『マーケティングモデルとは?認知から購買の消費者行動を分析した仮説』で詳しくかつわかりやすく解説しています。そちらも、ぜひ参考にご一読ください。

サプライチェーンが抱える3つの崩壊リスク

サプライチェーンは、すべてが鎖のように繋がっている一連の流れなので、どこか1箇所・1部門・1エリアでもトラブルが発生すれば全体に波及しかねません。悪くすればサプライチェーン自体が、崩壊するリスクもあります。

ここでは崩壊につながる主なリスクとして、以下の3つを挙げて概要を解説します。

  • 災害によるリスク
  • 情報セキュリティリスク
  • 地政学的リスク

災害によるリスク

生産プロセスは、生産設備や供給されるプロダクトの原材料や部品だけでなく、従事するマンパワーも含めて形成されています。災害などによってこれらのいずれかに問題が発生すると、サプライチェーンが影響を受けて生産がストップします。

たとえば2011年3月に発生した東日本大震災の際には、サプライチェーンが大きな打撃を受け、さまざまな製品・部品の供給がストップしました。

また、グローバルなサプライチェーンであれば、日本に直接影響がない類いの海外の災害でも生産に影響する場合があります。

サプライチェーンに対するコロナ禍の影響

2020年前半に始まったパンデミック=新型コロナウイルス感染症拡大の猛威は、ありとあらゆる産業分野に多大な影響を与えて、今なお収束していません。

ウイルスの特性から「非対面」や「非接触」、加えて「行動制限」「外出制限」などを強いられて、社会や経済のリズムは破綻しました。コロナ禍がまず直撃したのは、対面で行われる接客業の小売店舗や飲食店、あるいはタクシーなどの業種です。

次いで、製造業も工場への出勤制限などのために、製造スケジュールに予期せぬ大きな狂いが生じました。

生産プロセスにおいて、工場内部でクラスターが発生すれば出勤が制限され、当然ながら生産ラインは止まります。たとえ工場は大丈夫でも、同様の理由で調達先の稼働が止まってしまえば、部品が入らず生産に影響がでます。

そのため、生産の現場では必要な部品が必要な時に入らない事態が頻発したのです。その結果、国内はおろかグローバルレベルでサプライチェーンが機能不全となりました。

コロナ禍で日本企業の自動車サプライチェーンが大打撃を受けた理由とは?

コロナ禍においては日本企業の、とりわけ自動車メーカーが大打撃を受けました。サプライチェーンが機能しなくなったのです。

その理由は、自動車サプライチェーンが利益の最大化を求めるあまりに、部品や半製品の調達先が複数に細分化し過ぎているからです。必要な部品がコロナ禍による物流の遅延や生産停止で調達できず、完成品の組み立てができない状態に陥りました。

本来サプライチェーンは、経済合理性を求めて最適化されるので、平時においては効率よく製造・物流が回っていきます。

しかし今回のコロナ禍や大規模の災害、テロの発生などの不測の事態によって生産プロセスが停止してしまうとたちまち回らなくなります。

東日本大震災やコロナ禍を教訓として、多くの企業がBCP(事業継続計画)に取り組んでいます。BCPとは、企業が自然災害や火災、テロなどの緊急事態時に、リソースの損害を最小化しつつ、コア事業が継続できるようあらかじめ立てておく計画です。

サプライチェーンにおいても、今後は特定の部品が調達不能であっても製品化できるよう代替方法の開発や、緊急時の輸送方法の確保など、課題が山積みとなっています。

情報セキュリティリスク

近年ではサプライチェーンのシステム網が、サイバー攻撃の標的にされるという問題も発生しています。このタイプのサイバーテロは、サプライチェーンの一部を形成する中小企業にサイバー攻撃を仕掛け、大元の企業のシステムに不正アクセスするという類いです。

この攻撃によって、大元の企業の機密情報の流出が発生しています。サプライチェーンの大元となる企業は自社のセキュリティに最大限の注意を払うべきなのはもちろん、提携先企業のセキュリティをも注意深く見守る必要性が生まれています。

地政学的リスク

サプライチェーンが広がってグローバル化すると、前述のように大きなベネフィットがある反面、それゆえのリスクもあります。

そのひとつが「地政学的リスク」です。具体的には、海外の不穏な情勢に巻き込まれるというリスクです。国家間や地域間、民族間の紛争は、常に起こっています。

特定の減量や部品の供給ストップ、原料価格の高騰、工場閉鎖など、いつどこでどのような問題が起こるかは計り知れません。

このように、現代のサプライチェーンマネジメントにはさまざまなリスクと問題が存在します。それは現代のマーケティングマネジメントにも同様のことが言えるでしょう。

現代のマーケティングが抱える3つの問題点と解決策について、以下の特集記事『【徹底解説】日本の現代マーケティングが抱える3つの問題点と解決策!』で詳しく解説しています。ぜひ、参考にご覧ください。

また、2023年以降のマーケティング戦略構築に参考になる、マーケティングトレンドについて、以下の特集記事『マーケティングトレンドを徹底解剖!2022年までの考察と2023年の展望』で詳細に解説しています。参考にご一読を。

ITサプライチェーンとは?

サプライチェーンイメージ

さて、一般的なサプライチェーンとは意味が異なる「ITサプライチェーン」という言葉があります。この意味を知らないかたも、多いのではないでしょうか?

「ITサプライチェーンとはどういう意味ですか?」にお答えします!

ITサプライチェーンとは、わかりやすくいえばIT企業群で形成される、デジタル製品・サービスのサプライチェーンです。

IT企業はITシステムやITサービスに関する業務を、系列会社や提携しているパートナー企業などに外部委託しますが、その「委託が連鎖する形態」を指しています。

日本のIT業界は、システム開発において多重下請け構造が多く見られます。そのため、ITサプライチェーンが長く複雑になる傾向が否めません。

ITサプライチェーンの抱えるセキュリティリスク

ITサプライチェーンのセキュリティに関しては、元請企業自体はネットワークやセキュリティソフトの状態の管理ができており、人的要素においても対情報セキュリティの意識レベルなどは、ほぼ把握できているでしょう。

しかし、委託先となるとまったく先が見えない危ういものに感じるかも知れません。委託先ではセキュリティにどんなルールが設定され、どんなセキュリティ対策が行われ、どのように運用されているのかをつぶさに知るのは困難です。

しかも、外部企業が扱っているのは自社のクライアント企業の機密事項なので、情報流出によるダメージを直接受けるのは元請企業になってしまいます。

 

なお、IT企業のなかでも現在注目されているのが「サブスク型ビジネス」です。そのなかでもSaaSビジネスにおいて、最重要課題とも言えるのがカスタマーサクセスではないでしょうか。

カスタマーサクセスについては、以下の特集記事『カスタマーサクセスとは?サブスク型SaaSビジネスの生命線を完全解説!』で詳しく解説しています。ぜひ参考に、ご一読ください。

​​

また、現代のマーケティング組織の類型と作り方や、営業部門との関係性に関して以下の特集記事『現代のマーケティング組織の類型と作り方とは?営業部門との関係性も解説』で解説しています。ぜひ、参考にご覧ください。

まとめ

サプライチェーンとは何かについてできるだけわかりやすく、関連情報も網羅して解説しました。また、聞きなれない「ITサプライチェーン」についても、ニュアンスをご理解いただけたのではないでしょうか。

BtoB企業のみなさんは、クライアントが製造業の場合もあるでしょう。製造業であればサプライチェーンマネジメントでの苦労もあるはずなので、サプライチェーンを理解して対応することにより、ビジネスチャンスを拡大されることを望んでいます。

また、当メディア「kyozon」ではマーケティングに役立つ、さまざまなサービスの資料が無料でダウンロードできます。マーケティング担当者や責任職のみなさんは、ぜひご利用ください。

 

【SNSフォローのお願い】

kyozonは日常のビジネスをスマートにする情報を、毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方は、twitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:https://www.facebook.com/kyozon.comix

 

※新時代のマーケティング戦略の主流となるであろうコンテンツマーケティングに関しては、以下の特集記事『コンテンツマーケティングとは?情報の資産効果で顧客拡大を図ろう!』で詳しく取り上げて解説しています。ぜひ、そちらも参考にご覧ください。

※当サイトの読者のみなさんが携わっていると思われるサブスク型ビジネス、とりわけSaaSビジネスにとって最重要課題ともいえる「カスタマーサクセス」を以下の特集記事『カスタマーサクセスとは?サブスク型SaaSビジネスの生命線を完全解説!』で特集しています。ぜひご一読ください。

​​

※企業戦略として注目されるブランディングにおいて、ひとつの基準となるのが「他社が模倣できない独自の強み」を表現した「USP」です。このUSPについて、以下の特集記事『マーケティングにおけるUSPとは?独自の強みを活かした提案の作り方』で取り上げ、総合的に解説しています。ぜひ参考にしてください。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

業務効率化のサービスをまとめて資料請求!

業務効率化のサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

投稿者プロフィール

北風 真樹夫
北風 真樹夫
経済学部卒。アパレルSPA企業にて営業職に始まり店舗マネジメント・商品企画・広告制作・販促プロモーション・マーケティング企画などを担当し、最終ポストは取締役営業本部長。
青年期より憧憬を抱き続けた「物書き」を副業で始め、ほどなく天職と覚る。その後、ライター専業となり現在に至る。

データ収集・活用に関連するサービス

リピスト

リピスト

D2C単品/定期通販特化型ECカートシステム

サービスの特長

  • 購買率(CVR)に強いカートシステム
  • 自由な定期サイクル設定
  • 便利な広告集計管理(集客プロモーションの最大化)
  • 規模に合わせて最適なプランをご用意
  • 圧倒的なシステムサポート
D2C単品/定期通販特化型ECカートシステム
詳細を見る

楽楽リピート

楽楽リピート

全体評価
4.1
レビュー
3件
リピート通販・D2C “超” 特化型カートシステム

サービスの特長

  • 長年に渡るECサイト運営のノウハウを集約!
  • 2社に1社がお乗り換え!継続率は97%!
  • 豊富なCRM機能でLTV最大化!

バクリス

バクリス

採用・人材ニーズが高い企業だけを集めた営業リスト

サービスの特長

  • コストパフォーマンスと柔軟性(月額19,900円〜。買切りも可能)
  • リストの質(営業時に必要な情報を網羅)
  • スピード(申込みから納品まで最短1営業日)
採用・人材ニーズが高い企業だけを集めた営業リスト
詳細を見る
0 社の資料を選択中
無料資料請求へ進む