法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

Webマーケティングの始め方大全!おすすめツールや施策を一挙ご紹介します

2023年1月25日
Webマーケティングの始め方大全!おすすめツールや施策を一挙ご紹介します
● マーケティング

Webマーケティングが重要なのは知っているが、どのように始めたらよいのかわからないという組織も少なくありません。そこで本記事では、そのような企業に向けてWebマーケティングの始め方を解説します。具体的な施策やおすすめのツールも紹介するので、ぜひご参考ください。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

マーケティングのサービスをまとめて資料請求!

マーケティングのサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

「Webマーケティングが重要なのは知っているが、どのように始めたらよいのかわからない」

インターネットが日常的に使われるようになったため、企業もWeb上でのマーケティング活動が求められています。しかしWebマーケティングを始めたくても、上記のようになかなか踏み出せない企業も少なくありません。

そこで本記事では「Webマーケティングを始めたい」「もっと強化したい」という方に向け、Webマーケティングの始め方を解説します。おすすめの施策やツールも紹介するので、ぜひご参考ください。

Webマーケティングとは

Webマーケティングイメージ

Webマーケティングとは、Web上で行われるマーケティング活動全般を指します。

自社のWebサイトを主戦場として、認知拡大や商品購入、サービス契約やブランディングなどを目的として行われます。

Webサイトへの流入数を増やすための、検索エンジンに対するSEO対策やWeb広告の出稿、SNSの運用などもWebマーケティングとして扱われます。

なぜWebマーケティングが必要なのか

Webマーケティングが重要視されている背景には、インターネットの進歩があります。

スマートフォンの普及により、今や日常的にインターネットを利用することが当たり前になりました。

  • 情報収集のためにGoogleで検索する
  • SNSでトレンドの商品を見つける
  • ECサイトで商品を購入する
  • メルマガでクーポンを取得する
  • サブスクリプションサービスで見逃し配信を視聴する

ざっと挙げただけでも、上記のようにWebを使った行動が日常的に行われています。

このような背景から、企業がユーザーにアプローチするための手段もオンライン化が進んでいます。ターゲットユーザーが利用するWebメディアを見極めて適切な情報発信をすることで、Web上での集客効果を高めて成果につながるのです。

Webマーケティングの始め方

STARTイメージ

Webマーケティングを始めなければと思っていても、始め方がわからないとなかなか一歩踏み出せないものです。そこで、ここからはWebマーケティングの始め方の手順を解説します。

目的の明確化

まずは、Webマーケティングを始める目的を明確化します。何のためにWebマーケティングを始めるのか曖昧だと、どのようなターゲットにどのような施策を行うべきかわからなくなり、非効率になりかねません。

  • 認知を広めたい
  • 商品を購入してほしい
  • サービスを契約してほしい
  • アポイントを獲得したい
  • ファンを増やしたい

など、Webマーケティングの目的は企業によって多岐にわたります。自社の目的を明確に設定し、組織内で共有して意識を統一しましょう。

ターゲットの設定

次は、Webマーケティングの対象とするターゲット像を明確に設定します。

ターゲット像が明確になっていると、抱えている課題に合わせて最適な情報を発信できたり、普段からターゲット層が利用するメディアで施策を展開できたりするなどのメリットがあります。

より具体的にターゲット像を設定するために、自社の典型的な顧客像である「ペルソナ」の設定も一つの手です。細かい情報まで具体的に設定することで、自社のターゲットに対してより効果の高い施策を立案できるでしょう。

ターゲティングについては、こちらの記事も参考になります。ぜひご参考ください。

KGI・KPIの設定

Webマーケティングを成功させるためには、KGIとKPIの設定も欠かせません。具体的な目標を設定しておくと、いつまでにどのような施策を行うべきか明確になり、Webマーケティングの方向性が定まります。

ちなみに、KGIとは「重要目標達成指標」のことで、最終的に達成したい目標値です。たとえば、売上金額や受注件数などがKGIに設定されます。

そしてKPIは「重要業績評価指標」のことで、KGIを達成するために成し遂げるべき目標値です。WebマーケティングのKPIでは、以下のような指標が設定されることが多いです。

  • WebサイトのPV数やCVR
  • 検索エンジンでの順位
  • SNSのエンゲージメント率
  • メルマガ開封率

KGIを達成するためのKPIは一つではありません。複数のKPIを設定してWebマーケティングの効果を測っていく必要があります。

KPIを基に、どのような施策を行うべきか検討しましょう。

KGIとKPIについては、こちらの記事も参考になります。ぜひご参考ください。

現状把握・データ分析

KPIを達成するための施策を実行している中で、必ず現状把握のためのデータ分析を行いましょう。施策をやりっぱなしでは、どのくらいの効果につながっているのか把握できず、目標値の達成度もわかりません。

そのため、WebサイトやSNS、メルマガや動画コンテンツなどのWebマーケティング施策のデータは必ず収集し、現状を把握するために分析しましょう。

課題点のブラッシュアップ

データ分析により、自社のWebマーケティングの課題点が見つかるはずです。

たとえば、Webマーケティングでは以下のような課題があります。

  • アクセス数が伸びていない
  • アクセス数はあるのに、コンバージョンにつながっていない
  • Webサイトの検索順位が低い SNSからWebサイトに流入しているユーザーが少ない

これらの課題には、それぞれ原因があります。たとえば「コンテンツ数が少ない」「モバイル対応していない」などの原因があるので、それぞれに対応した改善策を立案してWebマーケティングをブラッシュアップしましょう。

改善策の検証・実行

改善策がうまくいっているのか、データの集計・分析を行います。思ったような成果につながっていない場合は、新たな改善策を立案しましょう。

このようにPDCAを回していくことで、成果を高めていきます。

初心者におすすめ|代表的なWebマーケティング施策5選

Webマーケティングイメージ

Webマーケティング施策は多岐にわたります。そのため、どれから着手したらよいのかわからない方も多いでしょう。 そこで、Webマーケティング初心者にもおすすめの、代表的なWebマーケティング施策を5つ紹介します。

SEO対策

Googleなどの検索エンジンでユーザーが検索した際、検索結果ページで自社サイトが上位にランキングされるための施策が「SEO対策」です。

SEOとは「Search Engine Optimization」の略で、「検索エンジン最適化」という意味です。つまり、検索エンジンの特性や仕組みを理解し、自社のWebサイトに落とし込む必要があります。

近年の検索エンジンは「ユーザーの利便性」を重要視しています。ユーザーにとって価値のあるコンテンツを充実させ、操作性のよい設計にし、ユーザーにとって利便性の高いWebサイトを目指しましょう。

SEO対策については、こちらの記事も参考になります。ぜひご参考ください。

リスティング広告

Web広告のなかでも、リスティング広告は代表的です。

リスティング広告とは「検索連動型広告」とも言い、検索エンジンの検索結果ページに表示される広告を指します。

キーワードを決めて広告を出稿し、ユーザーがクリックすると広告費が発生します。広告費はキーワードによって異なるため、人気のキーワードはクリック単価が高くなる傾向にあります。

アドネットワーク広告

Web広告で露出を増やしたい場合は、アドネットワーク広告もおすすめです。

アドネットワーク広告とは、広告を出稿できるWebサイトやアプリなどのメディアのネットワークに対し、一括で広告を出稿できる仕組みです。

特定のカテゴリのWebサイトに限定して広告を出稿できるため、ターゲット層に合わせて配信できます。

コンテンツマーケティング

近年一般化しているWebマーケティング手法が、コンテンツマーケティングです。

ユーザーにとって価値のあるコンテンツを発信し、ユーザーに認知してもらったり、ファン化させたりするための手法です。

主にオウンドメディアや企業ブログを主戦場とし、記事コンテンツを通じてユーザーに情報発信します。

コンテンツマーケティングについては、こちらの記事も参考になります。ぜひご参考ください。

メールマーケティング

メールマーケティングは、メールを活用したWebマーケティング手法です。

かつては、購読者全員に同じ内容を一斉配信するメルマガ(メールマガジン)が主流でしたが、現代はメール配信ツールによって、ターゲットを絞ったメール配信が可能です。属性や購買履歴で絞った層にメールを配信する「セグメントメール」や、ユーザー一人ひとりに合わせた「パーソナライズメール」などがあります。

また、HTMLメールを活用することで、メール内に画像や装飾も可能になりました。テキストだけのメールよりも視覚的な訴求効果が高いため、成果につながりやすくなるでしょう。

Webマーケティングに欠かせないツール3選

Webマーケティングイメージ

Webマーケティングに役立つツールはさまざまですが、特に多くの企業で導入されているツールを3製品紹介します。どれもGoogleから無料で提供されているので、Googleアカウントがあればすぐに利用できます。

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Webサイトの分析に活用できるツールです。

たとえば、以下の項目を解析できます。

  • WebページのPV数や直帰率/離脱率
  • Webサイト訪問者の年齢層や利用デバイス
  • Webサイトへ流入するきっかけ(検索エンジン、SNS、他メディアなど)
  • Webサイトのコンバージョン

このようなデータを時系列で分析できます。

Googleアナリティクスについては、こちらの記事も参考になります。ぜひご参考ください。

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールは、Webサイトに訪問する前のユーザーの行動を分析できるツールです。

たとえば、以下のような項目を解析できます。

  • 検索エンジンでのキーワード別の検索順位
  • 検索結果ページでの表示回数やクリック数
  • クロールやインデックスのエラー

Googleは、各Webページにクローラーというロボットプログラムを派遣し、ページ内の情報を取得しています。そしてデータを持ち帰り、データベースに登録(インデックス)します。

このクロールやインデックスが正常にできていないと、検索結果ページに自社サイトが表示されないため、Googleサーチコンソールでエラー状況を確認できます。

また、クロールが自社サイトを訪問するようにリクエストを出すことも可能です。

Googleキーワードプランナー

Googleキーワードプランナーは、Google広告の機能の一つです。検索キーワードの検索ボリュームを調べたり、競合サイトのキーワードを分析したりできるツールです。

Googleキーワードプランナーは、記事コンテンツを制作する際に、テーマとなる対策キーワードを選定する際に用いられることが一般的です。

まとめ

Webマーケティングイメージ

Webマーケティングを始める際には、まずは目的や目標をしっかりと設定することがポイントです。軸がぶれないように、施策を実行する前に方向性を定めましょう。

また、Webマーケティングを成功させるためには、効果検証と改善策といったPDCAも重要です。ツールを活用して各施策の効果を測定し、成果につなげましょう。

当メディア「kyozon」では、Webマーケティングに活用できるツールを多数紹介しています。資料ダウンロードも可能なので、ぜひご活用ください。

 

【SNSフォローのお願い】

kyozonは日常のビジネスをスマートにする情報を毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方はtwitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:https://www.facebook.com/kyozon.comix

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

マーケティングのサービスをまとめて資料請求!

マーケティングのサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

マーケティングに関連するサービス

APP.ASO

APP.ASO

全体評価
3.7
レビュー
2件
アプリストアで「見つからなかった」を見つけてもらえるASOサービス

サービスの特長

  • 自社独自開発のAIツール
  • 独自のノウハウによるキーワード選定
  • マーケターが選ぶ信頼できるASO会社No.1
1 社の資料を選択中 無料資料請求へ進む