法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

SEO対策に必須!Keywordmapの使い方と効果的な活用方法

投稿日:2023年3月19日 /

更新日:2023年10月18日

SEO対策に必須!Keywordmapの使い方と効果的な活用方法
● SEO対策● SEO改善● マーケティング

SEO対策を行う上で、キーワードの選定や分析は欠かせません。しかし、SEOにはキーワード以外にも様々な要素があり、それらを一括して分析・管理することができるツールがあると便利です。そこで今回は、その代表的なツールの一つである「Keywordmap」について紹介します。

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

Keywordmapとは?

「Keywordmap」とは、SEO対策においてキーワード分析やサイト構成の分析など、様々な要素を一括して分析・管理することができるツールです。主に、企業やWebサイト運営者がSEO対策を行う際に利用されます。

「Keywordmap」は、Webサイトの分析・改善を促進するための様々な機能を備えています。例えば、キーワード分析機能では、Googleなどの検索エンジンにおける検索結果ページでの順位や、競合他社との比較分析ができます。さらに、キーワードの選定や、ランディングページの作成にも役立つ情報を提供しています。

「Keywordmap」は、分析結果を見やすいダッシュボード形式で表示することができ、SEO対策の効果測定や課題の特定に役立ちます。また、分析結果を基に、改善のための具体的なアクションプランを作成することもできます。

「Keywordmap」を利用することで、SEO対策における課題の特定や、改善の方向性を明確にすることができます。企業やWebサイト運営者にとって、SEO対策に欠かせないツールと言えます。

 

Keywordmapの特徴

「Keywordmap」は、使いやすくて豊富な機能を備え、WebサイトのSEO対策を支援するツールとして、多くの企業やWebマーケティング担当者に利用されています。主な特徴は以下の通りです。

 

キーワード分析機能

「Keywordmap」では、Googleでのキーワード検索結果の順位や、競合他社との比較分析が可能です。また、過去の順位履歴の確認や、SEO対策の効果測定に役立つ機能があります。これにより、自社のWebサイトがどの程度検索エンジンで表示されやすいかを確認し、効果的なSEO対策を実施することができます。

キーワード選定やランディングページ作成に役立つ情報を提供

「Keywordmap」は、キーワード選定やランディングページの作成に役立つ情報を提供しています。たとえば、自社Webサイトに関連するキーワードの検索数や競合度、キーワードに対する競合他社のWebサイト数やランディングページの情報などを提供しています。これにより、自社WebサイトのSEO対策に必要な情報を把握し、適切なキーワード選定やランディングページ作成が可能になります。

API連携による自動化が可能

「Keywordmap」は、API連携による自動化が可能です。たとえば、Google AnalyticsやGoogle Search Consoleなどのアカウント情報を連携させ、自動的にデータを収集することができます。これにより、時間と手間を節約し、効率的なSEO対策を実現することができます。

 

ユーザーフレンドリーな操作性

「Keywordmap」は、ユーザーフレンドリーな操作性を実現しており、初心者でも簡単に使いこなすことができます。また、操作に必要な技術的な知識やスキルが必要なく、誰でも簡単に操作できます。

 

Keywordmapは他のツールと何が違うのか

「Keywordmap」は簡単な操作性や複数のWebサイトの管理、API連携など、機能面でも充実しています。他のSEOツールと異なる主な点は以下の通りです。

 

簡単な操作性

「Keywordmap」は、初心者でも簡単に使いこなすことができる、ユーザーフレンドリーな操作性を備えています。分析結果を見やすいダッシュボード形式で表示するため、SEO対策の課題点を特定することが容易です。

 

複数のWebサイトの管理が可能

「Keywordmap」では、複数のWebサイトの管理が可能です。複数のWebサイトを運営する企業やWebマーケティング担当者にとって、負荷の軽減や、効率的なSEO対策の実施につながります。

 

キーワード選定やランディングページ作成に役立つ情報を提供

「Keywordmap」では、キーワード選定やランディングページの作成に役立つ情報を提供しています。自社のWebサイトに関連するキーワードの検索数や競合度、キーワードに対する競合他社のWebサイト数やランディングページの情報を提供するため、効果的なSEO対策が実現できます。

 

API連携による自動化が可能

「Keywordmap」は、API連携による自動化が可能です。Google AnalyticsやGoogle Search Consoleなどのアカウント情報を連携させ、自動的にデータを収集することができます。これにより、時間と手間を節約し、効率的なSEO対策を実現することができます。

 

【kyozon編集部おすすめ】SEOツールの人気サービス

ここではKyozon編集部がピックアップしたおすすめのSEOツールを2選紹介します。

  • TACT SEO
  • EmmaTools

それぞれの詳細を解説していきます。

 

【SEO課題を一瞬で抽出】TACT SEO

TACT SEO ロゴ
 内容
運営会社株式会社ウィルゲート
価格
  • 初期費用:110,000円~
  • 月額利用料金:99,000円~
    ※費用は税込です
無料トライアル×
主な機能
  • 自サイト、自ページのSEO課題分析
  • 競合サイトの分析調査
  • 関連語、サジェストキーワードの抽出
  • キーワードのグルーピング
  • 流入キーワードの調査
  • 順位計測

TACT SEOは、SEO課題を一瞬で抽出し、業務を10分の1に効率化するツールです。導入企業数は5,000社を突破し、SEO対策に取り組む多くの企業が利用しています。実際に、SEOの内製化や上位表示の達成、CV・売上アップに貢献した導入事例が多数あります。

外部委託から社内へコンテンツ制作業務を戻し、自社でSEOやコンテンツマーケティングを行う際は必須ともいえるツールです。まずは資料請求をおこない、TACT SEOの利用を検討してみましょう。

\ サービスの詳細もこちらから / 資料請求・口コミはこちら
 

【AI文章作成搭載のSEOライティングツール】EmmaTools

EmmaToolsロゴ
 内容
運営会社株式会社EXIDEA
価格
  • Entry:33,000円 / 月
  • Standard:71,500円 / 月
  • Enterprise:要問合せ
    ※価格は税込です
無料トライアル
主な機能
  • コンテンツのSEO品質をスコアリング
  • 改善点の提案
  • コピー率チェック
  • 関連キーワード分析
  • 検索順位計測
  • AI自動生成
  • 上位サイトのコンテンツ分析
  • 外部ライターの管理

EmmaToolsは、コンテンツの不足部分がわかるAI文章作成機能を搭載したSEOライティングツールです。SEO記事の品質を自動で分析し、スコアを可視化します。

またEmmaToolsのAI文章自動生成は、コンテンツ作成を効率化するとともに、上位表示の可能性を高めてくれる利点があります。2か月間の導入支援プログラムを用意しているため、SEOノウハウに不安のある担当者でもEmmaToolsの活用が可能です。

「質の高いコンテンツ制作をしたいが、SEOに強い記事の書き方がわからない」「構成案の作成に時間がかかる」「リライトの優先順位がわからない」といった企業担当者におすすめです。

\ サービスの詳細もこちらから / 資料請求・口コミはこちら
 

 

 

他の有料SEOツールおすすめ5選

Keywordmapの他に、おすすめの有料SEOツールを5つ紹介します。それぞれの特徴や価格、無料トライアルの有無は以下の表の通りです。

サービス名特徴価格無料トライアル
ahrefs競合分析(被リンク、流入キーワード)に強み12,500円 / 月〜×
KEYWORD FINDERキーワードの「検索数」「難易度」「関連度」を可視化50,000円 / 月〜⚪︎(7日間)
MIERUCAインサイト分析をはじめ、多角的なキーワード調査が可能要問合せ⚪︎
SEMRUSHSEOや広告のキーワード調査が可能119.95ドル / 月〜⚪︎(14日間)
SEARCH WRITEコンテンツSEOのインハウス化支援ツール80,000円 / 月〜要問合せ

※価格はそれぞれ一番安いプランを参照

 

ahrefs

項目内容
運営会社Ahrefs Pte.Ltd
価格・ライト:12,500円 / 月
・スタンダード:25,000円 / 月
・アドバンスド:50,000円 / 月
・エンタープライズ:125,000円 / 月
無料トライアル×
主な機能・サイトエクスプローラー
・コンテンツエクスプローラー
・キーワードエクスプローラー
・アラート機能
・ランキング調査
・API連携
公式URLhttps://ahrefs.jp/


Ahrefs(エイチレフス)は、世界で60万人が導入しているSEO分析ツールです。世界最大級の被リンクデータを搭載しており、競合サイトの分析に強みを持ちます。調べたいサイトの流入キーワードや獲得被リンクを可視化できるので、自社の未対策キーワードの洗い出しに役立ちます。キーワードの検索ボリュームや難易度の調査だけでなく、競合分析に力を入れたい場合におすすめです。

 

KEYWORD FINDER

項目内容
運営会社株式会社ディーボ
価格・スタンダード:50,000円 / 月
・プロフェッショナル:100,000円 / 月
・エンタープライズ:200,000円 / 月
無料トライアル⚪︎(7日間)
主な機能・効果的なキーワードを自動取得
・順位を毎日取得・競合比較
・SEOスコア
・キーワードを自動分類、など
公式URLhttps://keywordfinder.jp/


KEYWORD FINDER(キーワードファインダー)は、キーワード選定・記事作成・サイト全体の管理を一元化できるコンテンツSEOツールです。Googleアナリティクスと連携することでCVキーワードを発見できるほか、キーワードマップや、おすすめキーワードの自動取得など、キーワードを分析する上で必要十分な機能が揃っています。

 

MIERUCA

項目内容
運営会社株式会社Faber Company
価格要問合せ
無料トライアル⚪︎
主な機能・SEOスコア
・SEO解析
・インサイト調査
・著作権侵害対策
・アクセス解析
・ヒートマップ、など
公式URLhttps://mieru-ca.com/


導入実績1,700社以上※を誇る、コンテンツマーケ・オウンドメディア・SEO対策分析サービスです。ユーザー意図や競合獲得しているキーワードをAIが自動分析するため、対策キーワードの最適化と、業務の効率化を実現します。また、確かな実績を持つスタッフの伴走支援に定評があり、多くの企業から高い評価を得ています。

※ 導入企業累計 2022年12月現在

 

SEMRUSH

項目内容
運営会社株式会社オロ
価格・Proプラン:119.95ドル / 月
・Guruプラン:229.95ドル / 月
・Businessプラン:449.95ドル / 月
無料トライアル⚪︎(14日間)
主な機能・SEO分析
・広告分析
・競合市場調査
・SNS分析、など

※詳細は公式URLから確認してください
公式URLhttps://semrush.jp/


SEMRUSH(セムラッシュ)は、世界1,000万ユーザーが利用する競合分析ツールです。キーワードの検索ボリュームや難易度の調査といった標準的な機能が備わっているほか、競合ドメイン分析、被リンク分析の機能もあるので、自社のコンテンツを強化するのに役立ちます。

月額119.95ドル(約16,000円)から利用可能で、最上位のプランでも月額449.95ドル(約61,000円)と、他のツールと比べてリーズナブルさが特徴です。

 

SEARCH WRITE

項目内容
運営会社株式会社 PLAN-B
価格ベーシック
・初期費用:0円
・月額費用:80,000円(税抜)
※スタンダード、プレミアムコースは順次リリース予定
無料トライアル要問合せ
主な機能・サイト流入の重要指標表示
・指名、一般ワード分類
・獲得キーワード分析機能
・検索ボリューム・傾向取得
・順位定点観測と順位変動履歴を
・毎日取得
・重要ページのSEO評価機能
・競合キーワードの順位と流入数
※詳細は公式URLからご確認ください
公式URLhttps://searchwrite.jp/


SEARCH WRITE(サーチライト)は、『知識がなくてもすぐに使える』をコンセプトに、分かりやすさと操作性にこだわって設計されたインハウス向けSEOツールです。チーム運用を前提にシステムが構築されているため、チーム間のタスク管理や情報共有、企画立案のサポートに強みがあります。

導入後、経験豊富なSEOコンサルタントから、ツールの使い方や運用のサポートをしてもらえるのも魅力です。

 

SEOツールを選ぶコツやポイント

SEOツールを選ぶコツやポイント

SEOツールを選ぶときには、以下のポイントに注目することが重要です。自社のWebサイトに合わせて、最適なSEOツールを選びましょう。

 

機能性

SEOツールには、キーワード分析やバックリンク分析、コンテンツ分析など、さまざまな機能があります。自社のWebサイトに必要な機能が備わっているかどうかを確認し、SEO対策に必要な情報を正確に収集することができるかどうかをチェックすることが大切です。

 

ユーザビリティ

SEOツールを使うためには、使い方を覚える必要があります。そのため、操作性の良いSEOツールを選ぶことが重要です。また、レポート出力機能の使いやすさなど、ユーザビリティにも注目することが大切です。

 

精度

SEOツールが提供する情報が正確であるかどうかも重要なポイントです。SEO対策の改善点を正確に把握するためには、情報の精度が高いSEOツールを選ぶことが必要です。信頼性が高いSEOツールを選びましょう。

 

サポート体制

SEOツールの使い方やエラーなどで困ったときに、適切なサポートを受けることができるかどうかも重要です。また、問い合わせ先が明確であるか、回答までのスピードなどもチェックすることが必要です。

 

コスト

SEOツールには、無料のものから有料のものまで様々なものがあります。自社の予算に合わせた選択が必要ですが、料金に見合った機能性や精度、サポート体制を確認してから選ぶことが大切です。

 

【kyozon編集部おすすめ】SEOツールとあわせて検討したいWeb制作支援サービス

Webサイトを制作する際、SEOツールと並行利用することで作業効率と売上向上を狙えるのが「W2 Unified」です。

以下で内容や特徴について解説します。

 

【OMO / オムニチャネル対応型総合ECプラットフォーム】W2 Unified

 内容
運営会社W2株式会社
価格要問合せ
無料トライアル×
主な機能

【新規集客】

  • SNS投稿連携
  • 自動SEO設定
  • コンテンツ、特集ページの作成

【商品管理】

  • 在庫管理
  • ブランド管理
  • セール管理

【購入率・単価アップ】

  • カゴ落ち防止
  • 商品レビュー表示
  • おすすめ、ランキング表示
  • アップセル、クロスセル
  • セットプロモーション
    など多数あり

W2 Unifiedでは、幅広いEC事業に対応可能なECプラットフォームを提供しています。1,000以上のカスタム機能を用意し、事業戦略にあうECサイトを構築できるのが特徴です。また、W2 Unifiedは中長期を見据え、ECサイトのシステム拡張も可能です。

業界で唯一カスタマイズできるECプラットフォームは「最も売上UPが期待できるECプラットフォーム第1位」、「生涯パートナーとして選びたいECプラットフォーム第1位」に選ばれました※。

ASPカート乗せ換えから、年商100億規模の総合通販にも対応したオールインワン型プラットフォームで自社のECサイトを構築してみませんか。

※日本マーケティングリサーチ機構調べ(2022年10月~11月)

\ サービスの詳細もこちらから / 資料請求・口コミはこちら

 

まとめ

Keywordmapは、SEO対策に必要な様々な要素を一括して分析・管理することができるツールです。キーワード選定や分析はもちろんのこと、サイト構成や内部リンク、外部リンク、SNSなど、SEOに関する様々な要素を分析することができます。

また、分析結果を見やすいダッシュボード形式で表示することができ、SEO対策の効果測定や課題の特定に役立ちます。SEO対策に取り組む企業やWebサイト運営者にとって、Keywordmapは必須のツールと言えます。

 

 

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

SEO対策ツールに関連するサービス

BowNow(バウナウ)

BowNow(バウナウ)

全体評価
4.1
レビュー
9件
無料で使えるマーケティングオートメーション

サービスの特長

  • 厳選したシンプルな設計で、導入後すぐに使いこなせる
  • 今「アツい」リードがわかり、すぐに成果に繋がる
  • フリープラン(完全無料)から始められ、高い費用対効果を実現

Freeasy(フリージー)

Freeasy(フリージー)

全体評価
4.3
レビュー
3件
低価格とスピード、使いやすさに特化したセルフ型アンケートツール

サービスの特長

  • 最安500円から利用可能!9種類の属性情報からの絞り込みも可能
  • グラフカスタムが可能で自由なアウトプットが可能
  • アンケート添削や操作レクチャーなど、安心のサポート体制

CrowdBooth(クラウドブース)

SEO対策ツール関連のサービスを
まとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む