法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品 比較・資料請求サイト

ディスクリプションとは?設定する意味や表示されない場合の原因を日本一わかりやすく解説!

投稿日:2023年4月3日 /

更新日:2023年10月3日

ディスクリプションとは?設定する意味や表示されない場合の原因を日本一わかりやすく解説!
● SEO改善● マーケティング

ディスクリプションは、検索結果のタイトル直下に表示される、Webコンテンツを要約したテキストです。クリックやアクセスにつながるため、コンテンツ制作に重要な要素ですが、意味や書き方がよくわからないという声も聞かれます。今回の記事では、ディスクリプションの意味意味や表示されない場合の原因を解説します。

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

そもそもディスクリプションとは?

ディスクリプションイメージ

GoogleやYahoo!の検索結果の画面に表示されるのは、コンテンツのタイトルとディスクリプションです。ディスクリプションとは、Webコンテンツの概要を記載したテキストを指します。

メタタグでディスクリプション設定することにより、検索結果のタイトル直下の「スニペット(断片)」と呼ばれる、説明文の部分に表示されます。

ディスクリプションには、直接的なSEO効果はありません。いくら適切なディスクリプションを設定したとしても、それで検索順位が上がることはないのです。

では、そんなディスクリプションにはどういう意味があるのかを見ていきましょう。

 

なお、現代ビジネスにおいてメディアリテラシーを発揮できるマーケティング手法は、有益な情報の発信で見込み客を獲得して育ててゆくコンテンツマーケティングです。

コンテンツマーケティングに関する詳細に関しては、以下の特集記事『コンテンツマーケティングとは?情報の資産効果で顧客拡大を図ろう!』で詳しく取り上げて解説していますので、ぜひそちらも参考にご覧ください。

また、そのコンテンツマーケティングでユーザーの行動や反応を解析するのに活用する、膨大な情報の収集と分析・解析に欠かせないのがマーケティングオートメーション(MA)です。

マーケティングオートメーション(MA)については、以下の特集記事『マーケティングオートメーションとは?ツールの選び方と運用の注意点』で包括的に詳しく解説しています。ぜひ、そちらも参考にご一読ください。

ディスクリプションを設定する意味

特定の意図を持って検索したユーザーは、検索結果一覧の中から、タイトルやディスクリプションに目を通して、どの記事をクリックするかを決めるでしょう。そしてディスクリプションは、ユーザーに記事の概略を伝える役目があります。

ユーザーの検索意図に合った内容や、関心を惹く内容をディスクリプションに記述することで、クリック率を押上げてアクセス数を伸ばすことにひと役買います。

そのため、ディスクリプションを考える際は検索順位ではなく、いかにユーザーにクリックしてもらえるかを意識するのが大切です。

 

なお、働き方の価値観が多様化する現代において、企業は従業員のワークワイフバランスやウェルビーイングの実現を考慮する必要があります。

ワークライフバランスについては以下の特集記事『「ワークライフバランス」の使い方はもう間違わない!例文付き解説で完全マスター』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

また、同じく従業員にとって大切な「ウェルビーイングの実現」については、以下の特集記事『ウェルビーイングとは?社会・福祉・健康・経営等の視点からみた重要性』で詳しく解説しています。ぜひ、そちらも参考にご一読ください。

ディスクリプションはリライトの対象となるか?

検索順位に直接は反映しませんが、的を射たディスクリプションによってアクセス数が高まることで、長期的に検索順位を押し上げる効果は期待できます。

ただし、逆に検索上位に表示されているにもかかわらずクリック率が低いなどの状態は、ディスクリプションが適切でないと考えられる場合もあるでしょう。

そのため、検索順位とアクセス数を常に意識しつつ、場合によってはディスクリプションをリライトして、クリック率の改善を図る必要があります。

 

なお、当サイトの読者のみなさんが携わっていると思われる、サブスク型ビジネス、とりわけSaaSビジネスにとっての最重要課題は「カスタマーサクセス」です。

そんな「カスタマーサクセス」について、以下の特集記事『カスタマーサクセスとは?サブスク型SaaSビジネスの生命線を完全解説!』で特集しています。ぜひご一読ください。

​​

また、SaaSを含むBtoB企業における、マーケティング組織の類型と作り方や、営業部門との関係性に関して以下の特集記事『現代のマーケティング組織の類型と作り方とは?営業部門との関係性も解説』で解説しています。ぜひ、そちらも参考にご覧ください。

【当サイト「kyozon」とは?】

当サイト「kyozon」とは、読者のみなさんの日々の業務に役立つ情報群を発信し、ユーザーとベンダーのコミュニケーションを大いに活性化させるWebサービスです。

ご提供する情報はデジタルトレンド情報や専門家のインタビューおよび対談、最新ワードや基本情報のわかりやすく解説、ビジネスに役立つイベント情報など盛りだくさんとなっています。

ほかにもマーケティングの成功・失敗事例やビジネスツール・サービス導入検討に役立つ他のユーザーの事例やツールの感想、話題となったイベントのレポートな多岐にわたるラインナップです。

なによりも、読者のみなさんにとって関心があるサービスの資料を、無料でダウンロードできます。そしてダウンロードした資料をマイページでいつでも確認でき、ツール・サービスの検討や活用のお役立ち資料として、ご活用いただけます。

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

ディスクリプションを設定しない場合のスニペット

ディスクリプションイメージ

ディスクリプションを設定しない場合は、スニペットはどうなるのでしょうか?その場合は、記事のテキストの中から、検索エンジンがスニペットに最適だと判断した部分が表示されます。

そのため、ディスクリプションを設定しなくともユーザーの検索意図に合った内容を表示してくれるのだから、わざわざ設定する必要はないと考える人もいます。

しかしながら検索エンジンがユーザーの検索意図にあった文章を抜粋してくれたとしても、スニペットとして最適な文章になっていなかったり、意図に反する内容が表示されたりすることもあります。

そもそもディスクリプションを設定しないということは、あえてクリック率を向上させる可能性をみすみす捨ててしまうことを意味するので、非常にもったいないかぎりです。

 

なお、現代企業にとって業務改善やコスト削減とともに、大きな経営課題となっているのが「ブランディング」です。この包括的戦略は、残念なことに抽象的、あるいは表層的な理解で行われがちな側面があります。

それをデータや事例などを参照しつつ体系的、現実的に推進するリテラシーが、企業ブランドの認知拡大に必要です。そしてブランディングにおいて、ひとつの基準となるのが「他社が模倣できない独自の強み」を表現した「USP」です。

このUSPについて、以下の特集記事『マーケティングにおけるUSPとは?独自の強みを活かした提案の作り方』で取り上げ、総合的に解説しています。ぜひ参考にしてください。

また、別の角度(顧客視点・顧客心理の理解)から、ブランディング政策を進めるために貴重な示唆を与えてくれるのは、「顧客エンゲージメント」です。

顧客エンゲージメントの概念について、以下の特集記事『マーケティング施策で高めるべき顧客エンゲージメントとは?事例付きで徹底解説』で詳しく解説しています。ぜひ、参考にご覧ください。

ディスクリプションが表示されないケース

ディスクリプションイメージ

メタタグでディスクリプションを設定していても、必ず検索結果のスニペットに表示されるわけではありません。メタタグのディスクリプション設定があっても、スニペットには検索エンジンが記事の一部から抜粋したものが表示されるケースもあります。

それは一体、どういった場合に起こるのかを見ていきましょう。

 

なお、今日のようなコンテンツビジネスがデジタルシフトした時代のマーケティング戦術について、戦略との違いも含め以下の記事『デジタル時代のマーケティング戦術とは?戦略との違いもわかりやすく解説』で取り上げています。ぜひ、参考にしてください。

また、従来のマスマーケティングの神通力が弱まっている今日の市場では、「One to Oneマーケティング」の考え方を軸にマーケティングを推進しなければなりません。

「One to Oneマーケティング」については、以下の特集記事『One to Oneマーケティングとは?成功事例も交えてその重要性を日本一わかりやすく解説!』で取り上げて詳しく解説しています。そちらの記事もぜひ、参考にご一読ください。

ディスクリプションがスニペットに表示されない原因

ディスクリプションをメタタグで設定したにもかかわらず、スニペットに表示されない原因としては、ディスクリプションの内容がコンテンツの内容に照らして適切ではないと、検索エンジンに判断されるケースが考えられます。

だからといって、ネガティブに考える必要はありません。検索エンジンはユーザーの検索意図によりふさわしい内容を、抜粋して示してくれたと考えればいいでしょう。その場合は、ディスクリプションをリライトする参考とすればよいだけです。

 

なお、企業がグローバルにビジネスを進めるにあたって必要なのはマーケティング戦略です。

マーケティング戦略の構築やマーケティング施策の実践に役立つおすすめ本を厳選し、以下の記事『マーケティング戦略の実践に役立つ本おすすめ20選!初心者向け教科書から名著まで網羅』にてご紹介しています。参考にご覧ください。

また、マーケティングに取り組むには、過去の先達の優れた成功事例がお手本となります。そんな過去の代表的な成功事例については、以下の特集記事『マーケティング戦略・過去の成功事例15選!視点や実践手法を解説』で取り上げて詳しく解説しています。ぜひ、参考にご一読ください。

ディスクリプションの適切な文字数

ディスクリプションイメージ

ディスクリプションの作成は、文字数を意識する必要があります。検索結果に表示されるディスクリプションの文字数は、PCなら約120文字、スマホなら約50〜70文字程度です。

自社サイトへの訪問は、PCとスマホのどちらからのアクセスが多いかによって、ディスクリプションの文字数に対する判断も異なります。

PCメインなら120文字を目安に、スマホメインなら50〜70文字を目安にするか、120文字を想定しつつ重要なことを冒頭の50文字の範囲内で盛り込むのが賢明です。

 

なお、IT化が進んで複雑化するマーケティングも、根幹は現状認識と戦略的思考です。

マーケティングの分析や戦略立案に欠かせないフレームワークについては、以下の記事『マーケティング戦略に有効なフレームワーク9選!分析・立案フェーズ別に使い方も解説』で詳しく特集していますので、参考にしてください。

 

なお、スマホやPCなどのように、日常の文化に溶け込んだマーケティングの身近な成功事例などを、以下の記事『マーケティングの身近な例を大特集!日常の文化に溶け込んだ成功事例』で詳しく特集していますので、ぜひ参考にご一読ください。

まとめ

ディスクリプションイメージ

ディスクリプションの持つ役割や意味、表示されない場合の原因などの基本情報を解説しました。企業のWebサイト担当のみなさんには、ここでご紹介した情報を自社コンテンツのディスクリプション設定の際の参考にしていただければ幸いです。

 

なお、当メディア「kyozon」のメインテーマのひとつが「マーケティング」です。当サイトにて、マーケティングに役立つ、さまざまなサービスの資料が無料でダウンロードできます。マーケティング担当者や責任職のみなさんは、ぜひご利用ください。

また、ビジネススキルの中でも高度な部類に入るのが「マーケティングスキル」です。

マーケティングスキルはビジネスにおける自分の最強のリソース(資源)であることを、以下の特集記事『マーケティングスキルは身につけて損がないビジネス上の最強の自己資源』で総合的に詳しく解説しています。ぜひそちらも、参考にご覧ください。

ちなみに、そもそもマーケティングとは一体どういうものなのかについて知りたいみなさんのためには、以下の特集記事『マーケティングとはなにか?その意味や定義を日本一わかりやすく解説』において、掘り下げつつわかりやすく解説しています。

基礎的情報として、ぜひ参考にご一読ください。

 

【SNSフォローのお願い】

kyozonは日常のビジネスをスマートにする情報を、毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方は、twitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:https://www.facebook.com/kyozon.comix

 

※2023年以降のマーケティング戦略構築に参考になる、マーケティングトレンドについて、以下の特集記事『マーケティングトレンドを徹底解剖!2022年までの考察と2023年の展望』で総合的かつ詳細に解説しています。ぜひとも、参考にご一読ください。

※マーケティングを実践するにあたって、消費者の購買行動を可視化するマーケティングモデルというものがあります。マーケティングモデルとは何かについて、以下の記事『マーケティングモデルとは?認知から購買の消費者行動を分析した仮説』でわかりやすく解説しています。そちらも、参考にご一読ください。


※マーケティング活動は幅広い領域にまたがるため、全体を統括するスキル「マーケティング・マネジメント」が求められます。

「マーケティングマネジメント」について、そのプロセスと業界別成功例を以下の特集記事『マーケティングマネジメントとは?プロセスと業界別成功例を徹底解説』で詳細に解説しています。そちら、ぜひ参考にご覧ください。

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!

SEO対策ツール関連のサービスを
無料で資料請求!
まとめて資料請求する無料

SEO対策ツールに関連するサービス

BowNow(バウナウ)

BowNow(バウナウ)

全体評価
4.1
レビュー
9件
無料で使えるマーケティングオートメーション

サービスの特長

  • 厳選したシンプルな設計で、導入後すぐに使いこなせる
  • 今「アツい」リードがわかり、すぐに成果に繋がる
  • フリープラン(完全無料)から始められ、高い費用対効果を実現

Freeasy(フリージー)

Freeasy(フリージー)

全体評価
4.3
レビュー
3件
低価格とスピード、使いやすさに特化したセルフ型アンケートツール

サービスの特長

  • 最安500円から利用可能!9種類の属性情報からの絞り込みも可能
  • グラフカスタムが可能で自由なアウトプットが可能
  • アンケート添削や操作レクチャーなど、安心のサポート体制

CrowdBooth(クラウドブース)

SEO対策ツール関連のサービスを
まとめて資料請求!
無料で資料請求する
1 件の資料を選択中
無料資料請求へ進む
1 資料リスト 無料資料請求へ進む