法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

【初心者必見】Web広告で覚えておきたい指標と計算式一覧

2022年11月10日
【初心者必見】Web広告で覚えておきたい指標と計算式一覧

広告が他のマスコミ広告や野外広告と一番違う特徴は、数値を通じてユーザーの行動をリアルタイムに把握し分析できることです。とはいえ、広告運用初心者の方の中には「何を分析したらいいのかわからない」「似たような単語が多くて指標が覚えられない」という方も多いのではないでしょうか。今回はWeb広告で覚えておきたい指標と計算式を一覧でご紹介します。

目次

閉じる

今回は、広告運用初心者の方のために、広告の成果を分析するときに必須となる指標の定義と計算式についてお話します。

Web広告の全体像

Web広告の全体像

計算式をご紹介する前に、知りたい指標がどのような位置づけであるかを覚えておきましょう。関係性を把握するだけで、格段に覚えやすくなります。

Web広告指標の全体像_画像

まずは、以下の流れを把握しておきましょう。

  1. 広告が表示される
  2. クリックされる
  3. コンバージョンされる

こちらを把握した上で広告指標の計算式などをみていきましょう。

広告指標の計算式早見表

とりあえず式だけでも知りたい!という方は、以下の計算式をご活用ください。

▼Web広告(リスティング広告・ディスプレイ広告)の指標と計算式一覧

指標

計算式
インプレッション(表示回数)クリック数 / クリック率
クリック数表示回数 × クリック率
CTR(クリック率)クリック数 / 表示回数
CPC(クリック単価)費用 / クリック数
コンバージョン単価 × コンバージョン率
CV(コンバージョン)クリック数 × コンバージョン率
費用 / コンバージョン単価
CVR(コンバージョン率)コンバージョン / クリック数
CPA(コンバージョン単価)費用 / コンバージョン
クリック単価 / コンバージョン率
コスト(広告費用)クリック数 × クリック単価
コンバージョン数 × コンバージョン単価

▼広告費用に対する効果を測る指標と計算式一覧

指標計算式
ROAS広告費経由の売上 / 広告費用 × 100
ROI広告経由の利益(売上-売上原価-広告費用)/ 広告費用 × 100

Web広告指標の定義と計算式

Web広告指標の定義と計算式

それでは、Web広告で数値を管理するうえで、重要となる指標と計算式について、それぞれお話します。

インプレッション数(表示回数)

インプレッションとは、広告が表示された回数を指した指標です。運用担当者からは、IMP(インプ)と略語として頻繁に呼ばれています。

インプレッション数には計算式は以下のとおりです。

インプレッション数 = クリック数 / クリック率
(例)12,000回 = 450回(クリック数) / 3.75%(CTR)

CTs(クリック数)

クリック数は、表示された広告がどのくらいクリックされたか、Webサイト(LP)へどのくらい訪問してくれたかを確認できる指標です。レポートではCTs(Click Through)と略語が使用されることもあります。

クリック数には計算式は以下のとおりです。

クリック数 = インプレッション × CTR
(例)160回 = 4,000回(インプレッション数) × 4.00%(CTR)

CTR(クリック率)

クリック率とは、表示回数に対して、広告がクリックされた割合です。クリック率は、「CTR(Click Through Rate)」と略語として頻繁に呼ばれています。

クリック率の計算式は以下のとおりです。

クリック率(%) = クリック数 / インプレッション数
(例)6.18% = 340回(クリック数)/ 5,500回(インプレッション数)

CPC(クリック単価)

クリック単価とは、広告1クリックあたりに発生した費用です。運用担当者からは、「CPC(Cost Par Click)」と略語として呼ばれています。

クリック単価の計算式は2パターンあります。

▼パターン1
クリック単価 = 広告費用 / クリック数

(例)320円 = 200,000円(広告費用)/ 625回(クリック数)

▼パターン2
クリック単価 = CPA × CVR

(例)320円 = 16,000円(CPA)× 2.00%(CVR)

CV(コンバージョン数)

コンバージョン数はWeb広告の目標(購入や申し込み等)に達成した数を示す指標です。運用担当者からは、「CV」と略語で呼ばれています。

コンバージョン数の計算式は以下の2パターンがあります。

▼パターン1
CV = クリック数 × CVR

(例)8回 = 400回(クリック数) × 2.00%(CVR)

▼パターン2
CV = 広告費用 / CPA

(例)8回 = 200,000円(広告費用)/ 25,000円(CPA)

CVR(コンバージョン率)

コンバージョン率とは、クリック数に対して、どのくらいコンバージョン数が発生したかの割合です。運用担当者からは、「CVR(Conversion Rate)」と略語で呼ばれています。

コンバージョン率の計算式は以下のとおりです。

コンバージョン率 = CV / クリック数
(例)2.11% = 8回(CV)/ 380回(クリック数)

CPA(コンバージョン単価)

コンバージョン単価とは、コンバージョン1件あたりの獲得単価です。運用担当者からは、「CPA(Cost Per Action)」と略語で呼ばれています。

コンバージョン単価の計算式は以下のとおりです。

コンバージョン単価=広告費用 / CV
(例)25,000円 = 350,000円(広告費用)/ 14回(CV)

限界CPA

また、コンバージョン単価には、広告の管理画面上には存在しませんが限界CPAと呼ばれる指標もあります。

広告主の予算には限界があるため、コンバージョン単価にも限度を設けなくては売上が赤字になる可能性があるからです。そこで、限界を超えないために設定される指標が「限界CPA」です。

限界CPAの計算式は以下のとおりです。

限界CPA = 売上単価 – 原価
(例)7,200円 = 12,000円(売上単価)- 4,800円(原価)

この場合、CV1件あたりのCPAは7,200円が限度になります。

厳密にいうと、ここからさらに営業経費などを差し引いた額がCV1件あたりに使用できる限度額となるのです。利益管理をおこなううえでも、コンバージョン単価の目標値を設定したうえで、限界CPAを超えないように運用していくことが求められます。

コスト(広告費用)

広告費用とは、Web広告(リスティング広告・ディスプレイ広告)に使用した予算を指します。近年は、テレビやラジオなどのマス広告や交通広告よりも市場の伸びが大きいです。

広告費用の計算式は以下の2パターンがあります。

▼パターン1
広告費用 = クリック数 × CPC

(例)150,000円 = 300回(クリック数)× 500円(クリック単価)

▼パターン2
広告費用 = CV × CPA

(例)150,000円 = 10回(コンバージョン数)× 15,000円(コンバージョン単価)

ビジネス全体の成果を測る指標「ROI」「ROAS」

広告主のほとんどの方の予算をかけて広告を出す目的は、最終的にそれ以上のメリットを得るためでしょう。Web広告の管理画面では、前述のようなコストやコンバージョンは把握できますが、ビジネス全体としての成果を正しく測るためには、要素が足りません。

そこで必要となる指標が、「ROAS」と「ROI」です。

ROAS

ROASとは「Return On Advertising Spend」の略語で、投資した広告費用に対して、獲得できた売上の割合を測る指標です。ROASが高ければ広告で獲得できた売上も高いということがわかります。

ROASの計算式は以下のとおりです。

ROAS = 広告経由の売上 / 広告費用 × 100
(例)300% = 3,000,000円(広告経由の売上) / 1,000,000円(広告費用)×100

また、過去のROASを参考にすると、目標売上を達成するために必要な広告費も算出できます。

ただし、ROASは売上をベースにした指標なので、利益がマイナスであっても高くなることがあります。たとえ売上があっても利益がないと意味がありません。このあたりは注意が必要となるでしょう。

ROI

ROIとは「Return On Investment」の略語で、投資した広告費用に対して獲得できた利益の割合を示す指標です。ROASが売上ベースで評価する指標に対し、ROIは利益ベースで評価する指標です。そのため、ROIは広告施策のビジネスへの貢献度をより正確に判断できます。

ROIの計算式は以下のとおりです。

ROI = 広告経由の利益(売上-売上原価-広告費用)/ 広告費用 × 100
(例)広告費用20万円かけて単価1万円の商品(売上単価6,000円)を100個売った場合

100% = 1,000,000-600,000-200,000(広告経由の利益)÷200,000(広告費用)×100

上記のようにROIが100%であれば、1円の広告費に対して1円の利益が出たということになるため、黒字・赤字ともにありません。つまり、ROIは101%以上であれば利益が出て施策は成功といえます。

反対に100%未満の場合は、利益なしの赤字になるため、施策を早急に改善する必要が出てくるでしょう。

まとめ

Web広告で使用する指標と計算式

今回は、Web広告で使用する指標と計算式についてのお話でした。

どれも広告の評価をするうえで外せない指標です。始めのうちは、似たような単語が多いので苦戦するかと思いますが、それぞれの指標の効果と関係性を一緒に覚えることで、自然と覚えられるようになるでしょう。今回はそのきっかけになれば幸いです。

投稿者プロフィール

山田 拓海
山田 拓海
学生の頃、フリーランスWebライターとして独立。その後、Webメディアの運営やM&Aによる売却を行う。現在、Webディレクターやマーケターとしても活動中。

マーケティングに関連するサービス

Flipdesk

Flipdesk

レビューはまだありません
顧客体験(CX)の向上で、売上・広告効果を最大化

サービスの特長

  • ユーザーに合わせた接客自動化でCX向上を加速
  • 業界随一の圧倒的なコスパ
  • 導入〜レポーティングまで、充実したサポート体制を提供

tami-co(たみこ)

tami-co(たみこ)

レビューはまだありません
seo・コンテンツマーケティング用記事の作成ツール

サービスの特長

  • 上位表示される記事の構成案が作成できる
  • 既存記事のリライト機能
  • 充実の導入サポート体制によるご支援

APP.ASO

APP.ASO

全体評価
3.7
レビュー
2件
アプリストアで「見つからなかった」を見つけてもらえるASOサービス

サービスの特長

  • 自社独自開発のAIツール
  • 独自のノウハウによるキーワード選定
  • マーケターが選ぶ信頼できるASO会社No.1
0 社の資料を選択中
無料資料請求へ進む