法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

コンテンツの意味とは一体なに?分野別に具体例を挙げてわかりやすく解説

2023年1月13日
コンテンツの意味とは一体なに?分野別に具体例を挙げてわかりやすく解説

ビジネスの現場でコンテンツという言葉が頻繁に使われますが、具体的な意味が掴みづらいという声も聞かれます。幅広い意味で使われるため、分野によって意図するものが異なるケースも珍しくありません。この記事では、「コンテンツ」という言葉の意味や概要、分野別の違いなどにフォーカスして解説します。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

マーケティングのサービスをまとめて資料請求!

マーケティングのサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

お答えします!「コンテンツとはどういう意味ですか?」

まずは純粋に「コンテンツ(Content)」という言葉の意味を、紐解いていきましょう。

コンテンツの意味をわかりやすく言えば「中身」

コンテンツ(Content)という英単語の意味を、ウィズダム英和辞典で引いてみると以下のような解釈が出てきます。

  • (容器などの)中身・内容
  • (話・考え・情報などの)内容・趣旨・中身
  • 項目・目次
  • 含有量・容量・容積

現代の日常会話で使われるコンテンツは、おおむね「娯楽および教養の提供を目的とした制作物」であり、またはそれらに含まれる「中身や内容」「価値のある情報」などを指します。

より具体的には「文字や音声、映像などを使って表現される作品・出版物そのものやその内容」です。人がそれを閲覧・鑑賞・試用してみたいと感じ、それらを手に入れるために行動を起こしたいと思わせる「価値や魅力のある創作物」とも言えるでしょう。

 

なお、コンテンツを広めるために必要なマーケティング戦略や、マーケティング業務の実践に役立つおすすめ本を厳選して以下の記事『マーケティング戦略の実践に役立つ本おすすめ20選!初心者向け教科書から名著まで網羅』にてご紹介しています。参考にご覧ください。

マーケティング上の分析や戦略立案に欠かせないフレームワークについては、以下の記事『マーケティング戦略に有効なフレームワーク9選!分析・立案フェーズ別に使い方も解説』で詳しく特集していますので、参考にしてください。

最近のコンテンツはデジタルコンテンツを指すことが多い

傾向として主にゲームやアニメなどの映像作品、つまりデジタルコンテンツについて使用されることが増えています。ただし本来の意味は、特にデジタルという縛りはないので、履き違えないように注意が必要です。

手書きの絵画や書道作品、彫刻などの芸術作品も、れっきとしたコンテンツには違いありません。コンテンツとは、アナログ・デジタルを問わない概念ということは認識しておきましょう。

 

なお、コンテンツのWebによる販売活動などには欠かせない​​、デジタルマーケティングについては、以下の特集記事『デジタルマーケティングとは?現代ビジネスに欠かせない方法論を徹底解説』で特集していますので、ぜひご覧ください。

また、デジタルマーケティングに欠かせない、マーケティングオートメーション(MA)については、以下の特集記事『マーケティングオートメーションとは?ツールの選び方と運用の注意点』で詳しく取り上げています。ぜひ、そちらも参考にしてください。

コンテンツとは何か?分野別の具体例

上記のコンテンツの概要を踏まえて、分野別のコンテンツの具体例をいくつか見ていきましょう。

テレビコンテンツとは

テレビコンテンツとはドラマやバラエティ、ニュースや報道特集などのテレビ番組全般を指します。

家庭用のビデオレコーダーが普及する前の時代は、一度放送されたものを見逃すと再放送を待つなどを強いられ、テレビコンテンツを簡単には鑑賞できませんでした。

しかしやがて、ビデオレコーダーの普及で放映時間帯にテレビの前にいなくても、録画して楽しめるようになります。最初はテープから、DVDになりブルーレイが登場し、どんどん録画のクオリティも向上してきました。

また、最近は「TVer」や「Paravi」「Netflix」「NHKオンデマンド」などのサービスで、一旦放送されたものもコンテンツ化して有償無償で楽しめるようになっています。

さらに一歩進んで、そういうサービスでしか視聴できないコンテンツも制作され、サービスの付加価値を上げています。

 

なお、テレビのマス広告を始めとして、あらゆる形式の広告にとって根幹となる「USP」について、以下の記事『マーケティングにおけるUSPとは?独自の強みを活かした提案の作り方』で特集していますので、参考にご覧ください。

また、マーケティングマネジメントについて、そのプロセスと業界別成功例を以下の特集記事『マーケティングマネジメントとは?プロセスと業界別成功例を徹底解説』で解説しています。そちらも、ぜひ参考にご覧ください。

Webコンテンツとは

Wenコンテンツはインターネットを介して楽しめる音楽・映像作品やゲーム、アプリ、メディアやブログの記事、動画などの全般を指します。

インスタのコンテンツとは

Instagram(インスタグラム)のコンテンツは、通常の投稿画像やストーリーズ(投稿から24時間経過で自動的に削除される投稿)、カルーセルポスト(1つの投稿に画像を最大10枚までアップロードできる複数投稿 )などがあります。

ほかにも、リール動画やインスタライブなどが有名です。

リールは最長90秒の縦動画投稿機能

リール投稿は多くのユーザーや企業アカウントも積極的に活用する、今Instagram(インスタグラム)で最もホットな機能です。スマホの全面に広がる縦動画を最長90秒の範囲で作成・投稿できます。

インスタライブはインタラクティブなコミュニケーションツール

Instagram(インスタグラム)アプリ内のライブ配信機能で、視聴するユーザーはリアルタイムでコメントやいいねを送れます。また、視聴者との質疑応答も可能で、インタラクティブなコミュニケーションが取れます。

美容やアパレルの業界では、コロナ禍によって実店舗の集客が困難な時期に、インスタ活用しライブを、社員が使用した感想や商品説明などをアピールする使用方法が多く見られました。

なお、Instagram(インスタグラム)を活用したインスタマーケティングの詳細については、以下の記事『インスタ(Instagram)マーケティングとは?使える全機能と活用のコツ!』で特集しています。ぜひ、そちらも参考にしてください。

また、Instagram(インスタグラム)と併用が効果的なコンテンツマーケティングに関する詳細に関しては、以下の特集記事『コンテンツマーケティングとは?情報の資産効果で顧客拡大を図ろう!』で取り上げていますので、そちらも参考にご一読ください。

スマホコンテンツとは

スマホコンテンツという言葉はモバイルコンテンツと同義です。

それが指す範囲は広く、TwitterやInstagram(インスタグラム)などのSNSアプリや、スマホ向けのゲームアプリ、YouTubeなどの動画投稿アプリ、U-NEXTやNetflixの映像視聴アプリなどが、すべてスマホコンテンツと言えるでしょう。

なお、スマホやタブレット、PCなどのように、日常の文化に溶け込んだマーケティングの身近な成功事例などを、以下の記事『マーケティングの身近な例を大特集!日常の文化に溶け込んだ成功事例』で詳しく特集していますので、ぜひ参考にご一読ください。

また、マーケティングの過去の代表的な成功事例については、以下の特集記事『マーケティング戦略・過去の成功事例15選!視点や実践手法を解説』で取り上げて詳しく解説しています。ぜひ、参考にご一読ください。


ゲームコンテンツとは

ゲームコンテンツとは、PCやモバイルなどを使用するものや独立したゲームも含めた、創作物としてのゲーム全般を意味しています。

デジタルゲームコンテンツの最近のマーケティング戦略は、基本的な機能は無料で使用できて、ハイレベルの機能を使いたい場合に課金されるシステムが増えています。

 

なお、現代のマーケティングが抱える3つの問題点と解決策について、以下の特集記事『【徹底解説】日本の現代マーケティングが抱える3つの問題点と解決策!』で詳しく解説しています。ぜひ、参考にご覧ください。

また、マーケティングメソッドとしての展示会について、以下の特集記事『マーケティング手法としての展示会とは?出展を成功させる7つのコツ』で詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

人気商品が資産となるコンテンツビジネス

コンテンツビジネスとは、著作権を持つコンテンツを再作・管理・販売するビジネスモデルのことです。アニメ、映画、漫画、小説、動画教材、テンプレート、ツールなどさまざまなコンテンツが対象となります。

主にデジタルコンテンツを扱うタイプのコンテンツビジネスは、制作したコンテンツが資産として蓄積されることや、レバレッジが効きやすいなどの強みがあります。

デジタルゆえに資金面や制作の労力面におけるハードルが、比較的低いのも特徴です。デジタルものは、良いものを作れば共有拡散されるので、集客効果が高くなることが多くブランディングが進めやすいです。

求人・採用にもそのメリットは発揮されます。

なお、読者のみなさんの関心事と思われる「マーケティングとは何か」について、以下の記事『マーケティングとはなにか?その意味や定義を日本一わかりやすく解説』で総合的に詳しく解説していますので、ぜひそちらも参考にご一読ください。

また、マーケティング活動を進める上で知っておくべきマーケティングモデルについては、以下の特集記事『マーケティングモデルとは?認知から購買の消費者行動を分析した仮説』で詳しくかつわかりやすく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

オタク用語のコンテンツの意味は?

コンテンツイメージ

いわゆるオタク用語としての「コンテンツ」の意味は何でしょうか?

ひと昔前は単にマンガやアニメにこだわりがある人などを「オタク」というラベリングをしていましたが、最近ではもっと対象が広がっています。

分野が何であれ、特定のものごとに熱狂する人たちを指して「オタク」と認めます。たとえば「ラーメンオタク」「ミステリー小説オタク」「テーマパークオタク」などなんでもありです。

そんなオタクの方達の間で使われる「コンテンツ」は、一般的なビジネスで使われるコンテンツと同じ意味の言葉です。ただし、一枚もののレアな写真やイラストなど、一般の人よりもコンテンツの範囲にこだわりが入るケースが多いのも事実です。

オタクの方達とコンテンツの関係の中ではオタク用語の「オワコン(終わったコンテンツ)」という言葉が有名です。ブームが去ったり、時代に合わなくなったりしたコンテンツを指しています。

オタクの方達はコンテンツの興亡に関して、少なからず影響力を持っています。そのため、企業のマーケティング戦略立案や施策考案に際しては、オタクの方達の意見も傾聴に値します。

なお、今日のようなコンテンツビジネスがデジタルシフトした時代のマーケティング戦術について、戦略との違いも含め以下の記事『デジタル時代のマーケティング戦術とは?戦略との違いもわかりやすく解説』で取り上げています。ぜひ、参考にしてください。

また、マーケティング施策に活用できる、行動経済学や心理学に基づいた法則について、以下の特集記事『マーケティングの方法論を徹底解説!分析・戦略・プロモーションの手法一覧』にて解説していますので、ぜひご一読ください。

まとめ

コンテンツイメージ

コンテンツというキーワードに関して、さまざまな角度からわかりやすく解説しました。デジタルコンテンツが全盛の時代ではありますが、決してそれだけではなく、アナログも含めて価値ある創作物がコンテンツとであるということを理解できたと思います。

特にマーケティング担当者や決裁者のみなさんは、コンテンツマーケティングやSNSマーケティングが重要な時代です。コンテンツの持つ影響力を理解して、効果的なマーケティング戦略でブレイクスルーを目指していただければ幸いです。

なお本稿中で触れた、最近注目されているSNSマーケティングやコンテンツマーケティンに関心をお持ちの場合は、本文中でご紹介した詳細記事のリンク先でご確認ください。

また、当メディア「kyozon」ではマーケティングに役立つ、さまざまなサービスの資料が無料でダウンロードできます。マーケティング担当者や責任職のみなさんは、ぜひご利用ください。

 

【SNSフォローのお願い】

kyozonは日常のビジネスをスマートにする情報を、毎日お届けしています。

今回の記事が「役に立った!」という方は、twitterとfacebookもフォローいただければ幸いです。

twitter:https://twitter.com/kyozon_comix

facebook:https://www.facebook.com/kyozon.comix

※マーケティング戦略を学ぶためや、マーケティング業務の実践に役立つおすすめ本を厳選して20冊、以下の記事にてご紹介しています。ぜひ、参考にご覧ください。

※当サイトの読者のみなさんが携わっていると思われるサブスク型ビジネス、とりわけSaaSビジネスにとって最重要課題ともいえる「カスタマーサクセス」を以下の記事で特集しています。ぜひご一読ください。

​​

※マーケティングスキルこそ、身につけて損がないビジネス上の最強の自己資源であることを、以下の記事で詳しく解説していますので、参考にご覧ください。

 

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

マーケティングのサービスをまとめて資料請求!

マーケティングのサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

投稿者プロフィール

北風 真樹夫
北風 真樹夫
経済学部卒。アパレルSPA企業にて営業職に始まり店舗マネジメント・商品企画・広告制作・販促プロモーション・マーケティング企画などを担当し、最終ポストは取締役営業本部長。
青年期より憧憬を抱き続けた「物書き」を副業で始め、ほどなく天職と覚る。その後、ライター専業となり現在に至る。

マーケティングに関連するサービス

APP.ASO

APP.ASO

全体評価
3.7
レビュー
2件
アプリストアで「見つからなかった」を見つけてもらえるASOサービス

サービスの特長

  • 自社独自開発のAIツール
  • 独自のノウハウによるキーワード選定
  • マーケターが選ぶ信頼できるASO会社No.1
1 社の資料を選択中 無料資料請求へ進む