法人向けクラウドサービス・SaaS・IT製品の比較・資料請求サイト

【初めてのSEO⑧】Googleのクローラーに巡回申請をしよう

2020年4月17日
【初めてのSEO⑧】Googleのクローラーに巡回申請をしよう
● SEO対策● サイト改善

記事がなかなかクロールされない…と感じたことはありませんか?そんな時はGoogleのクローラーに「巡回申請」を行いましょう。そうすることで、巡回ロボット(クローラー)を能動的に自サイトへと呼び込み、インデックスを促進させることが可能になります。

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

SEOのサービスをまとめて資料請求!

SEOのサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

目次

閉じる

今回は、Googleのクローラーに巡回を申請する方法についてご紹介します。

 

ここでは、

  • クローラーへの巡回申請とは
  • クローラーへの巡回申請の手順
  • XMLサイトマップを送信しよう

という流れで解説していきます。

 

クローラーへの巡回申請とは

クローラーへの巡回申請とは

クローラーは自動的にインターネットを巡回しているので、何もしなくてもいつかは自分のサイトをデータベースに登録してくれます。

しかし、インターネットには膨大な量のデータがあふれているため、巡回に時間がかかり、クローラーがいつ自分のサイトを訪れてくれるのかわかりません。

そこでいち早くデータベースに登録してもらうために、クローラーに申請をする必要があるのです。

こんな時は巡回申請をしよう

サイト内の記事がうまくクロールされておらず、「Googleの検索エンジンへとインデックスされない」といった事態を一度は経験したことがあるかもしれません。

特にサイトの運用をはじめて間もなかったりすると、それだけでも気がかりになってしまいますよね。

そんな時に、Googleのクローラーに「巡回申請」を行います。

定期的に巡回しているクローラーをこちらからサイトへと呼び込むことで、こちらが望むタイミングでインデックスを促進させることができるからです。

他にも、コンテンツをリライトしたページをすぐにインデックスさせたい時など、”なるべく早くSEO効果を得たい”といった場合にも、クローラーに巡回申請を行うことがあります。

クローラーの役割

クローラーとは、Googleなどの検索エンジンにWebサイトのページをインデックスすることを目的として、「ページ内のコンテンツ内容を読み取ってくれるロボット」のことです。

簡単に言うと、クローラーは

  • ページの存在を認識する
  • ページの内容を読み取る

といった役割を担っています。

 

次に、クローラーに巡回してもらう方法をみていきましょう。

クローラーに巡回を申請する方法

クローラーに巡回を申請する方法

主にGoogleサーチコンソールの機能を使うことで、Googleのクローラーに巡回の申請をすることができます。

 

手順:URL検査ツールから「インデックス登録をリクエスト」する

①:まずはサーチコンソールにログインし、メニューの「URL検査」をクリックします。

②:上部にある検索窓に、インデックス登録を促進したいページのURLを入力しましょう。

③:下部に、入力したページURLのインデックス登録状況が表示されます。

④:そこに表示されている「インデックス登録をリクエスト」をクリックすると、Googleのクローラーに巡回申請は完了です。

 

すでにインデックス登録されている既存のページだけでなく、まだインデックスされてないページ新規ページURLの場合でも同様に、「インデックス登録をリクエスト」をクリックすることでクローラーに対しインデックス登録を促すことができます。

 

XMLサイトマップを送信しよう

XMLサイトマップのURLをGoogleサーチコンソールに送信することで、「サイトマップに記載されているサイト内の各ページURLからコンテンツ内容をクロールして欲しい」と、Googleのクローラーに伝えることが可能です。

手順は次のとおり。

①:サーチコンソールにログインし、メニューの「インデックス」から「サイトマップ」をクリック

②:「新しいサイトマップの追加」から”すでに本番環境へとアップロード済み”のXMLサイトマップのURLを記述し、「送信」

※”XMLサイトマップ”を作成していないと、ファイルを送信することは出来ません。

XMLサイトマップ作成の方法としては、「sitemap xml editor」などの無料ツールを使用する他、WordPressでサイトを運用している場合には「Google XML Sitemaps」のプラグインを導入するといった方法も挙げられます。

 

まとめ

今回はGoogleのクローラーに巡回申請するというテーマでご紹介しました。

適宜クローラーに巡回の申請をすることですぐに変更を検索エンジンに反映させることができます。また、XMLサイトマップを一度送信することでこれを参考にクローラーが自サイト内の各ページを巡回してくれるようになります。

サーチコンソールでの巡回申請やXMLサイトマップの送信をしていない方は実施してみることをお勧めします。

 

 

記事執筆:石渡 優

記事編集:田邊 龍司、中條 優

 

初めてのSEOシリーズ:

【初めてのSEO①】SEOでサイト集客!~メリットとデメリット~

【初めてのSEO②】やってはいけない!気を付けるべきSEO対策

【初めてのSEO③】ロングテールキーワードって何?メリット・デメリットを解説

【初めてのSEO④】検索エンジンって何?SEOに欠かせないGoogleの理念

【初めてのSEO⑤】Googleで上位表示するためのモバイルファーストインデックスって?

【初めてのSEO⑥】robots.txtを設置してクロールを促進しよう!

【初めてのSEO⑦】Google Discoverとは?SEOにどう影響する?

【初めてのSEO⑧】Googleのクローラーに巡回申請をしよう

【初めてのSEO⑨】強調スニペットとは?表示の種類や対策を紹介します!

▼ 無料でまとめて資料請求! ▼

SEOのサービスをまとめて資料請求!

SEOのサービスを無料で資料請求!まとめて資料請求する無料

マーケティングに関連するサービス

TACT SEO

TACT SEO

全体評価
3.8
レビュー
1件
SEO課題を自動抽出する 上位表示支援SEOツール

サービスの特長

  • 効果的なコンテンツマーケティングを行う際の機能が1つのツールに!
  • テクニカルSEOなどの内部対策機能も充実!

APP.ASO

APP.ASO

全体評価
3.7
レビュー
2件
アプリストアで「見つからなかった」を見つけてもらえるASOサービス

サービスの特長

  • 自社独自開発のAIツール
  • 独自のノウハウによるキーワード選定
  • マーケターが選ぶ信頼できるASO会社No.1
1 社の資料を選択中 無料資料請求へ進む